Yahoo! JAPAN

冬のライトゲームは【ジグヘッド+オキアミが正解】実釣では6魚種と対面

TSURINEWS

ライトタックルでガラガブ(カサゴ)をキャッチ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

一年を通して楽しめるのがアジングですよね。また、晩秋から初冬に移って行くこの時期は、大型が釣れだす好シーズンとなり期待も膨らみます。

ジグヘッド+オキアミ釣法

筆者も、良型を求めて積極的にアジングにチャレンジしているのですが、毎年豆アジすら釣ることが出来ない筆者。朝マヅメを過ぎても、未練を引きずってねばり、日中のデイ・アジングを試みるも、バイトも得られない始末。そこで今回は、デイ・アジングを「ジグヘッド+オキアミ釣法」に切り替え、通してみた釣行の様子をご紹介致します。

タックル

ロッド:TZS-S632 AJI
リール:08’ツインパワー1000S
ライン:PEライン0.25号
リーダー:フロロカーボンライン0.8号

上天草でアジング釣行

上天草市の鳩の釜漁港でアジング釣行開始。ここは、足場も良く安全で釣れる魚も種類が多く、期待の持てる場所です。

鳩の釜漁港の様子(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

初冬の渋い状況は間違い無いようで、周りの釣り人は沈黙しています。まさに、釣れない雰囲気がムンムンです。

ガラカブ(カサゴ)連発

しかし、まさかの一投目からのヒット。ガラカブさんに今日も癒してもらいました。しかし、根魚で居付く数は少ないと考え、「まぐれの一尾だな」と自身を卑下し、二投目の準備を。

一投目で釣れてくれたガラカブ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

しかし、期待を裏切りまたもガラカブ登場。小さいけど美味しい魚ですが、持ち帰る場合は攻めて15cm以上としてください。育つのが遅い魚で、かなり個体数も減っているようです。

一人だけドラグ音を奏でていた為、周りからの目線は少し痛い気もします。根掛かりでは無いですよ~。(心の声)

大物の正体はフグ

少し遠投し、中層をテンションフォールしているとアタリが。ん?!結構走るぞ!不思議な走りに、「何だろう」と楽しみながらやり取りをしていると、浮いて来たのは大きなフグ。

まさかのフグ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

笑いながらネットインし、ナイスファイトと告げ、海へ帰ってもらいました。

コッパグレが連発

この時期はメバルでしょう!と思い、ベストシーズン突入前に、「釣れたら嬉しいな~!」と期待し、徒歩で港の奥へ移動してきました。そこで、釣れてくれたのはコッパグレでした。この魚はワームでは釣れない魚種です。オキアミを使うからこその出会いか。

コッパグレ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

この後は、コッパグレが続き、やり取りは楽しいものの、残念ながら全てリリースサイズでした。ダメージを与えるのを避け、ガーグリップを使わずに優しくリリース致しました。

コッパグレ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

棚底港へ移動

過去に34cmのソゲや同サイズのマゴチも、アジングの外道で釣れる程のポテンシャルを秘めたフィールドです。「そろそろ出ても良いのでは?」と期待はしますが……。

棚底港(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

勿論、フグ意外で!と希望を持って挑むも、コッパグレとガラカブの猛攻が続く為、釣果によるお土産を求めて、移動を試みます。釣果を求めて天草市の棚底港へ移動して来ました。

チャリコがヒット

一投に一匹のリアクションは継続!しかし、鳩の釜漁港と同様にガラカブと顔馴染みの魚種。それに混じってチャリコも釣れてくれました。しかし、残念ながらリリースサイズですので、優しく帰してあげました。「ナイスファイト!」

チャリコのお出まし(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

クロサギも顔出し

今日一番の引き!ドラグ音が、けたたましく鳴ります。慎重にやり取りをする竿先は、かなり叩く様子です。「もしかして真鯛?」とニヤッとしてしまいましたが、浮いてきたのは……。

クロサギ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

「ん?あなた誰!?」調べてみたらクロサギと判明です。見たこともない魚と出会えるのも、ジグヘッド+オキアミ釣法の良いところですね。

テンションフォールが有効

今回は、アジングタックルを流用したこともあり、抜群の感度の恩恵を踏まえたアクションを試みました。キャスト後、着水からテンションフォールを行い、竿先から海面のラインの見た目はカタカナの「ノ」の字をイメージした感じで、「張らず、緩めず」の感覚です。

キャストしてベールを返したいところですが、潮流に引っ張られる時は、その流れに任せてオープンベールで糸を上記のイメージ通り出していきます。磯釣りみたいで恐縮です。一日中、このアクションが効果ありでした。

まとめ

この時期は、アタリの少ない渋い釣行になる傾向が強いも、良型を狙うベストシーズン。しかし、ルアー釣りの腕前が悪い筆者は、リアクションが多い釣りを楽しみたいので、この釣法を多用してしまいます。

皆さんも、ルアーに反応が少ない時は、モチベーションを上げる目的で、リアクションの多い釣りへ切り替えてみてはいかがでしょうか。

<松永一幸/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 『すみっコぐらし』が初の舞台化! 『パペットミュージカル すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が8月より公演決定

    PASH! PLUS
  2. 【ごくらくじ花まつり】楽しい祭で仏教に触れよう!多国籍グルメも集結!|小千谷市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. USJ、CSRスローガンをリニューアル チャリティTシャツ発売決定

    あとなびマガジン
  4. 空港でキャンプができる!? 北海道内の「空港が楽しくなる取り組み」とは

    北海道Likers
  5. 愛猫が心から愛している『5つの大好物』猫がおいしさを感じるポイントとは

    ねこちゃんホンポ
  6. 犬に絶対与えてはいけないおもちゃ5選 思わぬ事故を引き起こす危険な玩具とは?

    わんちゃんホンポ
  7. 夏用サンダル、もう買った?♡「LOWRYS FARM」の新作アイテム3選【コスパ名品リスト#591】

    LAURIER PRESS
  8. アイディアあふれる新作フレーバーが毎月登場♡ 『nijicafe(ニジカフェ)』で春らしいチーズケーキを満喫しました 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 史上最高の抱きごこち!癒しの「ブルーナボンボン」ミニサイズがついに登場【洗濯OK】

    ウレぴあ総研
  10. プロ野球史上最強の「ストレート」を誇ると思う剛腕投手ランキング

    ランキングー!