Yahoo! JAPAN

SLJ釣行で40cm超えイサギをキャッチ【和歌山・たいし丸】良型オオモンハタも顔見せ

TSURINEWS

ジャンボキャッチ(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

1年振りとなるSLJ釣行に出かけた筆者。期待感マックスで準備万端!のはずが、まさかの1軍ジグとフックを忘れるというミス。果たして釣行の行方はいかに?

1年ぶりのSLJ釣行

台風1号は上手い具合にそれてくれて晴天が予想され、期待感一杯。1年振りとなるSLJが楽しみで何日も前からジグを選抜し、一緒にフックもケースに入れて準備万端。前日に出船可能との連絡を受け、台風一過の和歌山県那智勝浦町浦神に向かった。

午前3時半、車から出ると肌寒いが、東の空は明るくなっていて晴天の釣り日和となりそうだ。午前4時過ぎにたいし丸船長が現れ、挨拶。最近の様子を聞くとイサギがポツポツとのこと。気にしていた水潮は上潮だけで大丈夫だそうだ。

痛恨の忘れ物

早速、船に乗り込んでタックル準備……、準備……、準備……?

ない、無い、ない、ジグとフックを入れたケースが……。前日、思い立ってジグを追加した時にテーブルに出したままとしたようだ。

フックを忘れたというとたいし丸船長は、苦笑い。幸いなことに今回は同行者がいたので、Kさんにフックを分けていただいて何とか沖に出た。ジグは、スペアに頑張ってもらおう。皆さんも忘れ物には注意しましょう。

浅場からスタート

浦神湾を出てすぐの水深15mからスタート。海面は緑色で水潮を思わせるが、思ったほどひどくない。イサギは適度な濁りを好むので、これなら期待できるかも。スピニングタックルに30gジグを装着して軽く投げる。

台風一過の晴天(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

ボトムを取って軽くジャークしながらリーリング。例年なら直ぐに根魚が飛びつくが、静かなスタートでした。

大型ハタ類ヒット

イサギを意識して中層を狙っていたが、バイトがありません。イサギは居ないのかとボトムにジグを落とすとカツンとバイト。とっさにフッキングを送ったが、フックアップせず。少し巻き上げてフォールさせると引っ手繰られた。ヨシ!ヒットと思ったが、ドラグが止まらない。

イサギを意識していたのでドラグが弱い。魚は底へ底へ締め込むので、間違いなく良型ハタ。このままだと根に着かれるとスプールを押さえたら一瞬でブレイク。朝イチからやってしまった(涙)。

47cmオオモンハタ登場

タックルを持ち替えてドラグを締めて次投。ボトムでジグを引っ手繰られる。フッキングも決まってドラグが一瞬滑ったが、ロッドを大きく曲げて抵抗を増すと突進は止められた。コイツも良型ハタだろう慎重にファイト。

オオモンハタ47cm(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

先のヤツに比べたら優しい引きで浮いてきたのは、47cmのオオモンハタ。嬉しいけど、先のヤツが悔やまれる。

小型アカハタが連発

浅場は根魚が高活性で、アカハタが連発。ただ、30cmを超えるような奴が来ない。釣り上げてエア抜きを施してリリースを繰り返す。

リリースサイズのアカハタ(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

少し違った引きで上がって来たのはメンドリ(ホウライヒメジ)。ヒゲがある錦鯉のような姿だが、刺身や煮付けが美味い魚です。期待のイサギはお留守のようです。

ホウライヒメジ(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

船中イサギ顔見せ

30mを超えたあたりでトモのアングラーに待望のイサギ。イサギは、フォールに当たってくるのでフォールを意識してアプローチしたが、ノーバイト。回収中にガツンと来たが、直ぐにフックオフしてしまった。中層で当たって来た魚は、サバか……。

トモのアングラーが2匹目のイサギをキャッチしたので、パターンを聞くとボトムを切った後の巻きで来たらしい。あまり経験したことのないパターンだ。Kさんと巻きを意識してアプローチしたが、来るのはアカハタやガシラ、エソ……。そんな中、ボトムタッチの一瞬でドスンと乗ってきたのはオオモンハタ44cm。これも本命だが、イサギが欲しい……。

どうする?迷いが悪影響を与え、根掛かりやバックラッシュ、謎の高切れを繰り返し、釣りをしている時間が少ない。時合いにシステムを組み直すとは、やはりこの日はダメなのか。まぁ、フックを忘れても釣りが出来ている事自体を楽しまねば……。

ただ巻きで36cmイサギ手中

煩悩を消したのが良かったのか、ただ巻きストップでガツン……。ガンガンとロッドを叩くのは間違いなくイサギ。慎重に浮かせてネットに入れた。

同船者も本命キャッチ(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

36cmの茶褐色が旨そう~。釣ったパターンを共有したが、Kさんにはバイトが無かった。

深場は不発

50~70mへ移動したが、そこは砂漠でなにも来ない。調子良かったトモのアングラーも苦戦しているようだ。そんな中、Kさんはレンコダイをブレードジギングでキャッチした。船長に状況を聞くとベイト反応も映らないらしく潮もさっぱりとのことで、浅場へ戻りましょうとひと言。この水深で釣れると魚種が増えるのだが、仕方ないですね。

浅場で40cm超えイサギ

北上しながらポイントを叩いて、梶取崎の近くで時合い突入。水深30m、遠投したジグを送り込んでいるとブルブルと来た。イサギだと分かる典型的なバイト。ソフトにフッキングすると軟調のロッドを大きく曲げてガンガン引く。

大型だと分かる抵抗にドラグを緩め、慎重に慎重に浮かせて船長の構えるネットにイン。船長から「ジャンボ」の認定をいただきました。ジャンボとは、40cm超のイサギの事です。

同行者にもイサギ

フォールバイトの取り方が分からないと言うKさんにラインの放出を止めるとバイトが分かりやすく、それが誘いになると伝えると即ヒット。これも40cm近い幅広イサギ。私もヒットしたが、残念ながらフックオフ。良く引いたので、これもジャンボだっただろう。最後までイサギ狙いを続けたが、ボトムタッチの瞬間にアカハタが釣れて来るぐらいで正午にストップ・フィッシング。

最終釣果

私は、オオモンハタ2匹、イサギ2匹、メンドリとエア抜きに失敗したアカハタ1匹をキープした。もうちょっと数が欲しいとは思うが、半数が40cm超で型には満足だ。

2人分の釣果(提供:TSURINEWSライター田中こうじ)

SLJでは小型の根魚が山ほど釣れるので、食べない魚はリリースするようにお願いします。その際には、エア抜きしてやると生存率が上がるそうなので、ジグ購入の際に一緒にエア抜きニードルもお願いします。

イサギは、まさに今がトップシーズン。産卵してしまうとジグへの反応が悪くなるので、ジグでイサギを狙うならお早めに。ハタは、真夏でもデカイのが出ますよ。クエも毎年のように出るので、イサギの後はハタ狙いですね。

<田中こうじ/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. バラエティ豊かな59店舗が出店!夏を感じるライブも♪ 神戸ファッションプラザで「KFPサン広場マルシェ」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  2. わざわざ行きたい!人気ブーランジェリーと「梅田ワーフ」のコラボランチ【大阪市北区】

    anna(アンナ)
  3. <料理嫌いのギモン>苦手な人には理解不能?料理好きが教える、炊事の楽しみ方とは

    ママスタセレクト
  4. 農園から毎日届く自然の恵みを楽しむ大注目のカフェ  北鈴蘭台駅近くの「マザームーンカフェ×ファームサーカス 北鈴蘭台店」でブッフェ付きランチを堪能 神戸市

    Kiss PRESS
  5. NGT48、iLiFE!、きゃんちゅー、シンデレラ宣言!、NANIMONOら出演<GIGA•GIGA SONIC presented by ドラゴンエッグ 〜in 幕張メッセ vol.2〜>開催決定!

    Pop’n’Roll
  6. 飲み放題1時間3300円…新宿・歌舞伎町の人気コンカフェが摘発されたキッカケ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 【八頭町】trattoria La Mano(トラットリアラマーノ)|本格イタリア料理を気軽にコースで味わえる、田園風景に佇むトラットリア

    tory
  8. OSシネマズ神戸ハーバーランドで『昆虫標本&竹工作』で楽しく学ぶ体験型ワークショップが開催されるみたい

    神戸ジャーナル
  9. 今夏は腕時計とメガネのコーディネイトにこだわりたい

    Dig-it[ディグ・イット]
  10. 旭川から車で30分【美瑛町】へドライブ おすすめ所3選♪

    asatan