Yahoo! JAPAN

京都線の急行増発、大阪線の快速急行にも変化 近鉄3月16日ダイヤ変更情報まとめ

鉄道チャンネル

近鉄の車両(写真:bravy100 / PIXTA)

近鉄は2024年3月16日(土)にダイヤ変更を行います。対象路線は、けいはんな線を除く全線。今回の変更では急行列車の増発などが盛り込まれ、需要の回復を感じられる内容となりました。

京都線で急行増発など

京都線では、平日昼間時間帯の急行の運転本数を1時間あたり3本から4本に増発します。あわせて大和西大寺行きは近鉄奈良行きに変更となります。

変更例(画像:近鉄)

また、奈良7時18分発 京都行き急行を新設し、橿原神宮前6時47分発 京都行き急行を同6時43分発 大和西大寺行き急行に変更。大和西大寺で国際会館行き急行と接続します。

難波線・奈良線で始発列車の運転時刻繰上げ

難波線・奈良線では大和西大寺5時00分発 大阪難波行き区間準急を新設。平日・土休日ともに、大和西大寺からの始発列車を16分繰り上げます。この列車は東花園で大阪難波行き普通と接続します。

大阪線快速急行は全て8両編成に

大阪線では、平日に五位堂7時58分発 大阪上本町行き急行を増発。この列車は大和朝倉~五位堂間は五位堂行き普通として運転し、五位堂から大阪上本町行き急行となります。また、別途、五位堂8時00分発 大阪上本町行き準急1本を設定するということです。

五位堂7時20分発 大阪上本町行き区間準急は急行に変更となります。この列車は名張~五位堂間を五位堂行き普通として運転し、五位堂から大阪上本町行き急行となります。

この他の変更点として、一部の準急を高安発とし、6両編成から8両編成に変更するほか、平日・土休日ともに10両編成の快速急行をすべて8両編成に変更します。

南大阪線で増車

南大阪線では、平日夜間の時間帯に一部準急の編成両数を増大します。

・大阪阿部野橋21時44分発 河内長野行き準急(大阪阿部野橋~古市間) 5両→7両
・大阪阿部野橋21時54分発 橿原神宮前行き準急(大阪阿部野橋~古市間) 4両→6両
・大阪阿部野橋22時04分発 河内長野行き準急(大阪阿部野橋~古市間) 4両→7両
・大阪阿部野橋22時14分発 吉野野行き準急(大阪阿部野橋~古市間) 4両→7両

吉野線では平日朝に普通列車を増発

吉野線では、平日の朝時間帯に列車を増発します。

・橿原神宮前7時03分発 六田行き普通
・六田7時55分発 橿原神宮前行き普通

長野線で始発列車の運転時刻繰上げ

長野線では平日の河内長野5時29分発 大阪阿部野橋行き準急を5時24分発に変更し、河内長野からの始発列車を5分繰り上げます。

鈴鹿線で平日に増発

鈴鹿線では平日の18時台・19時台の運転本数を1時間あたり3本から4本に増発します。

特急列車にも変更

特急列車関係では、土休日の大阪難波9時45分発 鳥羽行きを9時40分発に変更。この列車は現在大阪上本町、鶴橋、大和八木、伊勢市、宇治山田、鳥羽に停車していますが、新たに名張、伊勢中川、松阪および五十鈴川を停車駅に追加します。

賢島行きの特急は、土休日大阪上本町9時12分発 賢島行きと近鉄名古屋9時10分発 賢島行きが鳥羽行きとなりますが、多客時は賢島まで運転します。

その他、下記列車で運転区間や編成両数の変更が行われます。

・平日の大阪阿部野橋18時40分発 吉野行きを橿原神宮前行きに変更
・平日の大阪阿部野橋19時10分発 吉野行きを2両編成から4両編成に変更
・土休日の吉野5時57分発 大阪阿部野橋行きを、橿原神宮前6時42分発大阪阿部野橋行きに変更
・土休日の吉野9時04分発 大阪阿部野橋行きを、多客時に運転する不定期列車に変更

【関連記事】

おすすめの記事