Yahoo! JAPAN

名古屋港ボートルアー釣行で良型マゴチにメバルをキャッチ【愛知・BlueHaze】

TSURINEWS

マゴチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

12月上旬に愛知県知多市から出船している名古屋港ボートフィッシングガイドBlueHaze(ブルーヘイズ)へ釣友の佐々木さんと初釣行した。BlueHazeは先日行われた伊勢湾シーバスチャレンジで2位の釣果を上げた実績のある遊漁船で、とても楽しみな釣行となった。釣行当日は明るくなるまではメバル、アジを狙い、その後キャスティングでサワラ、青物、マゴチ、シーバスを狙うというぜいたくプランだ。

伊勢湾ボートルアー釣行

名古屋港ボートフィッシングガイドBlueHazeは、午前5時半に出船。

まずは予定通りメバル、アジのポイントへ向かった。ポイントへは約10分で到着し、早速釣りを開始した。

タックルのアジングロッドにジグヘッドとワームをセットして狙う。すると開始から1投ごとにアタリがある。まずはカサゴが連続でヒット。

幸先良くカサゴがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

本命のメバルを狙うために少し上の層を意識してワームを引いてくると、狙い通りメバルがヒットした。

筆者に良型メバル(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

メバル入れ食い

しばらくメバルが入れ食いとなったが、しばらくするとアジの群れが入ってきて、アジとメバルが交互にヒットするようになった。佐々木さんは小型プラグを使用して、メバルを連発させている。

佐々木さんはプラグでメバル(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

BlueHazeは、機動力抜群なコンパクトな船でありながら、船幅がありとても安定感がある。さらにミンコタのオートスパンカーを搭載しており、船長が狙いのポイントへ船をピタリと着けてくれるので、とても狙いやすい。

メバルは良型ぞろい(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

サワラ、青物は不発

約1時間で良型のメバルを含む十分な釣果となったところで、周囲が徐々に明るくなってきたため、移動してサワラや青物をキャスティングで狙うことにした。

しかし、ここ数日で水温が大きく下がってしまった影響か、魚探にはベイトがびっしりと入っている状況が映し出されているが、サワラのボイルは少ない。ポイントを変えながら粘り強く狙うと、佐々木さんに待望の強烈なアタリ。しかしサワラカッターでリーダーを切られてしまった。

メバル狙いで使用したジグヘッドとワーム(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

良型マゴチ連打

その後もポイントを変えながら狙っていくが、なかなか反応がないことから、ワインド(ジグヘッド&ワーム)でのマゴチ狙いに変更した。すると開始早々佐々木さんに良型マゴチが連発。

佐々木さんに特大サイズのマゴチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

出遅れ気味だった私も、船長のアドバイス通りに誘いを入れると、明確なアタリ。すかさずアワせるとマゴチがヒット!

強い引き込みがありサイズが良さそうだったため、バラさないように慎重に引き寄せてくると狙い通りグッドサイズのマゴチが登場。1匹目から良型をキャッチできた。

待望の良型マゴチをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

その後も連続してマゴチのアタリが出る。ちょっとサオを出した船長にもすぐにマゴチがヒットして、船上は大盛り上がりだ。

箕浦キャプテンにも良型マゴチがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

内容の濃い釣果に大満足

十分な数のマゴチが釣れたことから、ここで湾奥のポイントへ移動してシーバスを狙う。しかし、すでに他船が狙った後だったのか、シーバスの反応はなかった。

内容が濃い時間があっという間に過ぎ、当日の釣りは終了となった。当日の釣果はマゴチをはじめメバル、アジ、カサゴとさまざまな魚種が釣れて、大満足な釣行となった。

マゴチは十分な数を確保(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

BlueHazeの箕浦船長は伊勢湾の釣りを熟知しており、とても気さくな船長で「皆に釣りを楽しんでほしい」という思いが伝わってくる。またアドバイスも的確であり、とても頼りになる船長だ。当日も船長のアドバイスで好釣果を上げることができた。

また湾奥のポイントではシーバス、クロダイ、根魚を狙うことができ、セントレア周辺では青物、サワラ、マゴチ、タコなどが狙える。

24時間出船可能で、都合に合わせた最適なプランで釣りを楽しめる。皆さんも希望にかなったプランを船長に相談して、楽しい一日を過ごしてみてはいかがだろう。

ボトムワインドで使用したジグヘッド+ワーム(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

<週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2023年12月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  2. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  3. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  4. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  5. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  6. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  7. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  8. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  9. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  10. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研