Yahoo! JAPAN

世界遺産でエギング釣行【熊本・三角西港】初めてのエリアで300gのアオリイカをキャッチ

TSURINEWS

三角西港でキャッチした300gのアオリイカ(提供:TSURINEWSライター・ふくしまりょうた)

今回の舞台は世界遺産三角西港。秋のデイエギングに挑戦!ランガンにてアオリイカを見事キャッチできたその模様をお伝えしていきます。

三角西港でエギング釣行

三角西港は、石積みでできた足場があり、初心者の方やお子様連れの方でも安心して釣りができます!しかし干潮時には水面までかなり高さが出ますので、救命胴衣は忘れずに。

穏やかなエリアではありますが、島と島で囲われているエリアのため、潮流が早い場所もあります。安全第一での釣行を心がけましょう。

当日の釣り場(提供:TSURINEWSライター・ふくしまりょうた)

三角西港がなぜ世界遺産?

三角西港は、明治中期の産業形成期における石炭輸送の発展を示す物証、三池炭鉱の良質な石炭を上海(中国)へ輸出するための輸送インフラとして、近代的な石炭産業の発展を示す実例であり、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産の価値に貢献する構成資産として高く評価されています。

756mにもおよぶ石積みの埠頭や水路、建造物などは築港後1世紀の歴史を持ち、築港当時の姿が完璧に現存している唯一の港として、国の重要文化財にも指定されています。

国の重要文化財に指定されている(提供:TSURINEWSライター・ふくしまりょうた)

タックル紹介

ロッド:STOIST ST 73L-S
リール:EXIST LT2000
ライン:SUNLINE PE-EGI ULT8 0.5号
リーダー:SUNLINE EGI LEADER SV-1 2号
エギ:エメラルダス ピーク 3.5号 ハッスルナイト

当日のタックル(提供:TSURINEWSライター・ふくしまりょうた)

釣行開始

釣りを始めて堤防からすぐの磯場にエントリーし釣行スタート。潮流を見るために、沖の潮目に向けてキャストしてゆっくりとフォールさせますが、思っていた以上に潮流が早くエギが流されます。

最初は潮目を狙っていたものの、反応がないため、その手前にできている潮がヨレているポイントを狙うことに。アンダーハンドで優しくキャストしフリーフォールでボトムまでエギを送り込みます。

小さなポイントでは慎重に

この時に意識したことは、狙いたいポイントよりも少し先にキャストすることと、エギの着水の音を小さくすることです。潮流がヨレている小さなポイントでのアプローチは慎重に行います。

キャストした位置にアオリイカがいた場合、エギの着水を鳥と勘違いして墨を吐いて逃げてしまいます。そのため、狙いたいポイントよりも少し先にキャストするのです。

着水音にも同じことが言えます。大型の回遊魚のナブラや捕食音と勘違いし、アオリイカが逃げてしまうため、なるべく着水音を出さないように意識してアオリイカにアプローチしましょう!

短時間での釣行で1杯

今回使用したエギは、ダートに特化しているため、ダートの幅を活かしたアクションをつけていきます。

ボトムまでエギを送り込み、竿を5回ほど大きくしゃくりあげてダートアクション。この時、あまりラインを張らずに少し弛ませてあげると、大きくダートさせられます。ダート幅を活かして広範囲にアプローチしましょう。

足元まで丁寧に探ってくるとアオリイカが追尾してくるのが見えました。竿をゆっくりとサビいてあげると、飛びつくようにヒット!300gほどのアオリイカでしたが、初めてのエリアでキャッチできて満足の釣行となりました。

300gのアオリイカをキャッチ(提供:TSURINEWSライター・ふくしまりょうた)

<ふくしまりょうた/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事