Yahoo! JAPAN

“80sアイコン”マット・ディロンの次回作はマーロン・ブランド役!コッポラやW・アンダーソン作品から監督業まで語るインタビュー到着

映画評論・情報サイト BANGER!!!

“80sアイコン”マット・ディロンの次回作はマーロン・ブランド役!コッポラやW・アンダーソン作品から監督業まで語るインタビュー到着

マット・ディロンを「マラケシュ映画祭」でキャッチ

マット・ディロンは40、50歳代の映画好きにとっては、たまらない俳優だ。フランシス・フォード・コッポラ(『アウトサイダー』[1983年]、『ランブルフィッシュ』[1983年])、ガス・ヴァン・サント(『ドラッグストア・カウボーイ』[1989年])、キャメロン・クロウ(『シングルス』[1992年])など、抜群の嗅覚による作品選びで、時代を彩るアイコンとなった。

その後、90年代半ばに低迷期を迎えるものの、アカデミー賞を受賞した『クラッシュ』(2004年)で自身も助演男優賞にノミネートされ、再び脚光を浴びる。2002年には、自ら共同執筆も手がけた『シティ・オブ・ゴースト』で監督デビュー。近年は鬼才、ラース・フォン・トリアーのもとで殺人鬼に扮した『ハウス・ジャック・ビルト』(2018年)の怪演が記憶に新しく、さらに『アステロイド・シティ』(2023年)でウェス・アンダーソン・ファミリーの一員にもなった。マイペースで、唯一無二のキャリアを築いている俳優と言えるだろう。

そんな彼と縁が深いマラケシュ映画祭で、今回インタビューが実現。ウェス・アンダーソンのこと、マーロン・ブランドに扮する次回作や、完成したばかりの音楽ドキュメンタリーについてなど、最新情報を語ってもらった。

マット・ディロン@マラケシュ映画祭

「俳優の仕事はタフだ」

―マラケシュ映画祭は今年が20年目ですが、すでに3度もいらしているそうですね。

うん、今回が4度目だ。初めてきたのが、開催2年目の2002年だった。自分の初監督作の『シティ・オブ・ゴースト』を披露した。最初の年にも招待をもらったんだけど、ちょうどこの作品の編集中で来られなくて。次はぜひ行こうと思っていた。僕は旅をするのが好きだけど、バカンスでツーリストとして旅行するより、仕事でその土地を訪れることが好きだ。その方が特別な絆が持てると思う。

―今回、映画祭でご自身のキャリアを語るトークを開催されましたね。14歳でデビューされてからすでに長いキャリアを築かれていますが、ご自身で振り返っていかがですか? 俳優業、監督業、ともに好きなことを追求されている印象があります。

俳優の仕事はタフだ。映画作りは一般的に大変だけど、俳優は自分の意志だけでキャリアがコントロールできるわけじゃない。『シティ・オブ・ゴースト』を作ったのは、90年代に仕事が来なくなって鬱になっていたから。やりたいものがないだけじゃなく、気乗りしない役すら話が来なかった。もちろんそんな仕事は引き受けたくないけれど、他の俳優がそれをやっている、そういうことにも落ち込んだ。だったら自分の好きなものを自分で撮ろうと思った。

だけど監督というものも、純粋に個人的な映画を作るのは難しい。多くの人間との共同作業だし、個々のステップで運が必要になる。でも、あの作品に関しては自分で満足のいくものができたと感じているよ。それは俳優だけをやっているのとはまた別の達成感で、だからもっと監督をしたいという気持ちにさせられた。

―最近キューバのミュージシャン、エル・グラン・フェジョーべ(またの名をフランシスコ・フェジョーベ)を題材にした音楽ドキュメンタリーを撮り終えたそうですね。

うん。まず僕はものすごく音楽ファンなんだけど、とくにアフロ・キューバン・ミュージックに長いことはまっている。周りにも同じような音楽が好きなミュージシャンの友だちがいて、それで彼らに「フェジョーべに会ってみたら?」と提案したんだ。1999年まで遡るけど、僕はフェジョーベが2013年に亡くなる前、ニューメキシコに住んでいたのを知っていたから。それで友人が彼に会うのに同行して、自身でカメラを回していた。

ただ、一応脚本は書いてみたものの、自分でどう映画にして良いものかわからなかった。だって何か特別なことが起こるわけではなく、ただ彼の日常を収めていたようなものだから。自分みたいに音楽に興味を持ってくれるプロデューサーも見つからなかった。それで随分時間が掛かってしまったんだ。音楽ドキュメンタリーを作るなら、エモーションがなにより大事だ。観客が感情的にその人物に触れられることが重要だと思う。

<!--014 SP 記事 記事記事「見出し3」上モバイルバナー--><!-- 0510 --> <!-- Geniee Wrapper Body Tag 1542198 --><!-- /Geniee Wrapper Body Tag 1542198 -->次ページ:「ウェス・アンダーソンの映画作りのスピリットに魅せられた」

「ウェス・アンダーソンの映画作りのスピリットに魅せられた」

―俳優デビューしてすぐにティーン・アイドルとして人気を得ましたが、その後コッポラ監督との出会いが転機になりましたね。『ランブルフィッシュ』を撮っているときは、そういった予感はありましたか。

いや、撮っているときはただただ興奮していた。フランシス自身とても興奮していたし、すべてが早く進んだ。『アウトサイダー』を撮っているときに、彼から「次にこういう企画があるんだけどやらないか」と言われてね。撮影中、ミッキー・ロークが遊びに来て、一緒に出歩いたりして兄貴のような存在になったよ。

ほとんどがモノクロの映画ということもエキサイティングだったし、自分自身成長過程にあったから、熱に浮かされているような感じだったね。でも何か新鮮でユニークなものを作っているという自負はあった。フランシスは映画作りのマスターだ。いまの若い人たちがこの映画を発見して面白かったと言ってくれるのは、純粋に嬉しい。映画にとって第二の人生があるのはとてもいいことだ。

©1983 Hot Weather Films. All Rights Reserved.

―『アステロイド・シティ』はどんな経緯で出演することになったのですか。

ウェスはもともと友人で、彼から「こういう役があるんだけど興味があるか?」と訊かれて。彼のようなユニークな映画作家から誘われたら、断るわけがないだろう(笑)。現場はとても楽しかったよ。彼の映画作りのスピリットに魅せられた。

―自分にとって偉大な存在を演じることに恐れはありませんでしたか。

もちろんあるけれど、だからこそやるんだ。ブランドだったらこういう場合、引き受けるだろう。僕は俳優で演じるのが仕事だし、彼を演じることほど魅力的なことはない。チャレンジは大好きだ。彼はフランス語も話したから、自分はフランス語も勉強しなくちゃならなかったけれど、すべてがとても刺激的だった。結果がどうなるかはわからないが、自分にとって迷うことはなかったよ。

―最近はラース・フォン・トリアーやフェルナンド・トルエバ監督(『Haunted Heart(原題)』)など、ヨーロッパ映画への出演が続いていますが、ヨーロッパ映画に興味が向いていらっしゃるのでしょうか。

僕は自分にどんな境界も、もうけないようにしている。自分自身、世界のいろいろな映画を観て育ってきたし、とくにそれが優れた監督の作品なら、国籍にかかわらず出たいと思っているよ。

取材・文:佐藤久理子

マット・ディロン@マラケシュ映画祭

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <アドバイスください!>親の車の運転を止めたい!運転免許をスムーズに自主返納してもらうためには?

    ママスタセレクト
  2. 子どもの日にはプレゼントも 林田大庄屋旧三木家住宅で「揖保郡三窯と周辺の焼物展/版画家乾太作品展・端午の節句展」開催中 姫路市

    Kiss PRESS
  3. ユニクロ話題の新作バッグがおしゃれで完売しそう!想像以上の大容量トート(正直レビュー)

    ウレぴあ総研
  4. カニエ・ウェスト、ディズニーデートで妻の“不適切な格好”に批判集中 ディズニーへ「なぜ退園させない?」の声も

    Techinsight
  5. コンビニ限定♪紀ノ国屋コラボの付録バッグがキュートで便利!豪華2点セット開封レビュー

    ウレぴあ総研
  6. 勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 走る列車内がリングだ!! 「関鉄プロレス」にファン熱狂 選手は列車運転にも挑戦(茨城県)【レポート】

    鉄道チャンネル
  8. 令和生まれの化学繊維と、服との新たな向き合い方

    Dig-it[ディグ・イット]
  9. 【静岡の高校サッカー戦後史Vol.40】 清水東が1981年度、関東勢を次々撃破して全国総体連覇!

    アットエス
  10. 【三山ひろしのさんさん歩】高知県東部の森林から流れ出る奈半利川の伏流水と創意工夫の技で極上のウナギを育てる「西岡養鰻」

    高知県まとめサイト 高知家の○○