Yahoo! JAPAN

貴重な建築が特別公開! 5月25・26日開催の「東京建築祭」で東京の街と建築を再発見

さんたつ

2024年5月25日(土)・26日(日)の2日間をメイン期間として、東京の近代から現代までの多彩な建築が特別公開される「東京建築祭」が開催。建築をつくる人、使う人、守り継ぐ人たちの思いに触れることで建築を身近に感じ、建築に注目しながら歩くことで街の魅力を再発見できるイベントだ。

特別公開は無料・申し込み不要!

特別公開される建築は、日本橋・京橋、丸の内・大手町・有楽町、銀座・築地の各エリアを中心に点在する。通常は非公開の建築の一般公開や特別な資料の展示が行われ、公開時間内であれば無料・申し込み不要で自由にめぐることができる(申し込みが必要なガイドツアーは既に受付終了)。

たとえば、昭和7年(1932)に完成し関東大震災後のモダンさと豊かな装飾性が同居する「堀ビル(goodoffice新橋)」では1F共用ラウンジが、奇想の建築家・伊東忠太が手掛けた昭和9年(1934)竣工の築地本願寺では普段非公開の貴賓室や講堂などが公開される。

建築金物の製造販売を行う堀商店によって維持され、2021年にシェアオフィスとなった堀ビル(goodoffice新橋)。
妖怪好きの伊東忠太が生み出した、怪獣や動物の像を探すのも楽しい築地本願寺。

無料オーディオガイドや同時開催のブックフェアも!

「東京建築祭」では無料オーディオガイドがすべての特別公開建築に用意され、アプリ版またはウェブ版で聴くことができる。見どころ、特徴、歴史背景など、実行委員長を務める建築史家・倉方俊輔氏による解説とともに建築さんぽを楽しもう。

また、「東京建築祭」に合わせてエリア内各所の書店でブックフェアも同時開催。建築とまちに関する本がずらりと並ぶので、ぜひ立ち寄りたい。

各建築の公開日程・時間・見学方法やオーディオガイドなどについて詳しくは、「東京建築祭」オフィシャルサイトで。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」