Yahoo! JAPAN

カラフルで野菜もお肉もたっぷり、女子が喜ぶランチ JR尼崎駅近くの肉バル『EARLY BIRD(アーリーバード)』で「お肉と彩り野菜のプレートランチ」を食べてきました 尼崎市

Kiss

日・月限定で女性に大人気のお肉と野菜がたっぷりいただけるランチを見つけたので、早速取材へ行ってきました。

肉バル『EARLY BIRD(アーリーバード)』(尼崎市)は、JR尼崎駅から南へ歩いて約8分の所にあり、あたりは閑静な住宅街となっています。

2021年にオープンした同店は、当時まだコロナ禍ということもあり、お弁当などのテイクアウトを中心に営業されていましたが、最近はディナータイムにお客さんが賑わっており、今後はランチに力をいれる予定です。

夜は、お肉料理を中心にローストビーフや黒毛和牛のステーキや自家製ハンバーグがのった「お肉盛り」や、「おつまみピザ」などが人気だそう。

今回筆者が取材したのは、10品目も入った「お肉と彩り野菜のランチプレート」です。その日のおすすめデリと十六穀米、ソフトドリンクが付き、メインはハラミステーキか自家製ローストビーフのどちらかを選べます。

筆者が一番驚いたのはリーズナブルな価格で、これだけボリュームがあるのに1000円(税込)なんです!ちょこちょこいろんなものを楽しみたい女子たちにはぴったりなランチです。

「お肉と彩り野菜のプレートランチ」1000円(税込)※ワンドリンク付き、メインはハラミステーキか自家製ローストビーフから選べます

筆者はメインに「ハラミのステーキ」をチョイスしました。名前の通り、彩り豊かでお皿からはみ出そうなくらいのったデリの数々にテンションが上り、どれから食べればいいか悩んでしまうほどです。

その日によって内容は、異なりますが筆者が取材したときは、サラダ、キッシュ、ラタテュイユ、きのこのバルサミコマリネ、季節のフリット、ピクルス、かぼちゃのサラダ、明太子と枝豆のポテサラといったラインナップでした。

まずは、「ボロネーゼのキッシュ」をいただきます。中のお肉がジューシーで周りのキッシュはサクサク食感です。こういった手の込んだ料理は、筆者はなかなか自宅では作れないので嬉しいかぎりです。

次は「オクラのフリット」で衣はサクサクの食感で、噛むほどにオクラ特有の旨味も感じることができました。

サーモンまで入っており、シャキシャキサラダやポテトサラダと一緒に食べるのも相性がよく大変美味でした。

十六穀米は、ヘルシー志向な方にぴったりで色々な雑穀の甘みや旨味を堪能しました。

メインの「ハラミステーキ」

筆者が選んだ「ハラミステーキ」は、とても柔らかく噛めば噛むほどお肉の旨味が口いっぱいに広がります。上にかかっているのは、アンチョビマヨネーズのソースでアンチョビ独特の香りとお肉がこんなに相性が合うのかと驚きました。

お肉も野菜もたっぷり入っており大満足のランチとなりました。今後は、淡路牛などのブランド牛も順次展開していかれるそうなので、ますます目が離せません。


店舗
EARLY BIRD(アーリーバード)
(尼崎市長洲本通2-2-1 ながすダンダンハウス107)

営業時間
日 12:00~22:00 ランチあり
月 11:00~13:30 ランチあり
月~土 17:30~22:00
※月・水・木・金はテイクアウトのお弁当販売あり

定休日
不定休

TEL
06-7891-0372

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」