Yahoo! JAPAN

爬虫類や熱帯魚にうっとり見惚れて過ごす昼下がり♪ 三宮・いくたロード沿いの「月とcafe」で自家製スイーツを味わってきました 神戸市

Kiss

三宮・生田神社の近くに、昨年12月ひっそりとオープン!爬虫類や熱帯魚、小動物を愛でながら、スイーツやお酒が楽しめる「月とcafe」(神戸市中央区)に潜入してきました。

いくたロード沿いのクマの置き物があるビル「フジヤビルディング」の2階

重厚な扉を開けるのにちょっぴり勇気がいりますが、パティシエでもあり、動物好きの山口さん夫婦が営むアットホームなお店です。

カウンター8席+個室にはテーブル2席用意

店内はカウンターが8席。その後ろには、なにやらケージがぎっしりと配置されています。

全体で動物たちは約15種類。触れ合いたいときは1人プラス500円

ケージのなかには10匹ほどの爬虫類が!もともとは山口さんの自宅で暮らしていたそうですが、オープンにともない同店にお引越し。自由に鑑賞することができて、動物たちと触れ合いたい場合は、1人プラス500円で個室にて遊ぶことができます。

そのため"興味はあるけれど、近くで見るのはまだ怖い…"といった人でも、安心して過ごせますね。

左上/「キタアオジタトカゲ」、右上/くりくりとした大きな瞳がかわいい「タマオヤモリ」、左下/「ジャイアントゲッコー」、右下/元気いっぱい動き回る「エボシカメレオン」

今回は特別に外に出てきてくれました。新しく仲間入りした青い舌が特徴の「キタアオジタトカゲ」や、世界最大のヤモリ「ジャイアントゲッコー」は、見た目のかっこよさとのギャップでスローな動きがかわいい!

山口さんは、ペットショップに勤めていた経験もあるそうで、気に入った動物がいたときは、飼育のノウハウを教えてもらいながら、自宅に迎え入れることも可能です。

「アルパカモルモット」と「ヒメハリテンレック」

別室には、レア品種だといわれる「アルパカモルモット」や「ヒメハリテンレック」も生活していました。

熱帯魚好きさんにとっては特等席♪

入り口付近には「小さな水族館」が用意されています。熱帯魚が好きな人は、食事が終わったあとこちらのペアシートに移動して談笑しているそうですよ。

「カージナルテトラ」

自由に泳ぎ回る「カージナルテトラ」を見ていると、つい時間を忘れてしまいます。別の水槽には「エンジェルフィッシュ」もいました。

自家製スイーツは4種類。食事メニューには「ホットサンド」(700円~)や「ココナッツチキンカレー」(950円)もあります

自家製スイーツは、プリン、チーズケーキ、ショートケーキ、クラシックショコラの4種類。芦屋「Uf-fu(ウーフ)」の紅茶や、春日野道にある「コバルト」の豆を使ったコーヒーに合わせて堪能するのがおすすめです。

「ショートケーキ」800円(税込)

味の決め手は、大人好みに作られた生クリーム。オレンジのリキュールをきかせて後味爽やか、あっさり風味に。甘いものが得意でない人でも、通常のケーキにくらべて食べやすいはず。

「チーズケーキ」650円(税込)

蒸しあげた「チーズケーキ」は、ケーキの重厚感と上に乗ったチーズクリームのハーモニーがたまりません。ほどよい酸味で、エスプレッソや赤ワインに合わせて楽しむのもいいかも。

「クラシックショコラ」650円(税込)

「クラシックショコラ」は、外はサクッと中はしっとり。オーソドックスでちょっぴりビターな味わいに、チョコレート好きの舌をうならせます。

「プリン」300円(税込)

卵黄たっぷりの「プリン」は、なめらかな口当たりで、底に沈んだカラメルに絡めてどうぞ。シンプルな甘さが万人受けするおいしさです。

山口さん夫婦。基本は奥さんが店に立ち、ホテルで現役パティシエを務める旦那さんはレアキャラ

10代の学生からリタイアしたシニア層まで、動物好きのおひとりさまも、看板を見てふらっと来店することも。カフェやバー使いはもちろん、動物との暮らしを検討している人にも訪れてほしいアットホームな空間です。


店舗
月とcafe
(神戸市中央区下山手通1-1-5 フジヤビルディング2F)

営業時間
11:00~20:00、金・土曜11:00~22:00

定休日
不定

TEL
080-4822-1713

【関連記事】

おすすめの記事