Yahoo! JAPAN

Juice=Juice植村あかり卒業コンサート開催!「メンバーやJuice=Juice Familyは『一生の宝物』」【オフィシャルレポート】

WWSチャンネル

Juice=Juice Concert Tour 2024 1=LINE 植村あかり卒業スペシャル(※提供画像)

ハロー!プロジェクトのJuice=Juiceが14日、
東京・日本武道館で単独公演
「Juice=Juice Concert Tour 2024 1=LINE
植村あかり卒業スペシャル」を開催。本公演を
もって3代目リーダーとしてJuice=Juiceをけん引
した植村あかりが、グループ及びハロー!
プロジェクトを卒業した。
植村は、2010年にハロプロ研修生へ加入。
2013年2月に結成したJuice=Juiceで当時最年少の
オリジナル・メンバーに選ばれ、OGの宮崎由加、
金澤朋子に続くグループの3代目リーダーを務めた。
「リーダーを任せていただいた頃から、自分の将来を
考える様になり、新しい道に進みたいという決断に
到達いたしました」として、グループ及びハロー!
プロジェクトからの卒業を発表。全国8都府県を巡り
計22公演を開催した本年4~6月の春ツアー
「Juice=Juice Concert Tour 2024 1-LINE」などを経て、
アイドルとして通算14年のラストステージに立った。


春ツアー最終公演となった当日は会場に約1万1000人の
ファンが詰めかけ、全国各地の映画館におけるライブ
ビューイング会場、CSテレ朝チャンネル1では生中継
を実施。開演前にはハロプロ研修生ユニット'24が会場を
盛り上げ、植村のメンバーカラーメロンの光に染まった
客席では「あーりー!」と彼女の愛称を叫ぶファン
Juice=Juice Familyのコールが繰り返し響いた。

オープニングBGMが流れ、沸き立つ客席を前に11人の
メンバーが続々と登場。スポットライトを浴びた植村が
挑発的な視線を向けると強い歓声が上がり、メジャー
デビュー曲「私が言う前に抱きしめなきゃね
(MEMORIAL EDIT)」や「Borderline」、植村のラスト
参加シングル「トウキョウ・ブラー」でファンの心を一気に引き寄せた。


序盤のMCでは、ステージに並んだメンバーが挨拶。
植村のかけ声「We are…」に続き「Juice=Juice!」と
全員が元気よく声を揃え、植村に「日本武道館での
パフォーマンスは初めて(※)でしたが、どうでした?」と
聞かれた川嶋美楓が、会場に集ったファンの「数がすごくて、
本当に楽しみな気持ちでいっぱいです」とほがらかに答えると、
メンバーやファンが笑顔を浮かべた。
(※2023年5月に開催した前回参加の日本武道館公演では、
新メンバーとしてのお披露目でMCのみ参加)


各地で見守るファンにメンバーがアピールし、次のブロックへ。
メジャーデビュー曲「ロマンスの途中」ではメロディに
沿ってクラップが響き渡り、「好きって言ってよ」
「イジワルしないで抱きしめてよ」に続く、植村のラスト
シングル曲でつんく

の作詞作曲による「おあいこ」では
クールなラップも冴え、グループの4代目リーダーを託された
段原瑠々と植村が目を合わせて微笑んだ。
春ツアーのダイジェスト映像明けには、カラフルな
傘を手にしながらの「愛・愛・傘」、ハーモニーを
響かせた「銀色のテレパシー」などで魅了。植村が
「いくよ!」と勢いよく叫びスタートしたメドレー
ブロックでは歴史をつむぎ、ハロプロ研修生の曲
「天まで登れ!」を皮切りに、メジャーデビュー曲
「五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)」、
井上玲音のボイスパーカッションが映えた
「CHOICE & CHANCE」。NEXT YOU名義の曲「大人の事情」、
有澤一華が特技のバイオリンを披露した
「チクタク 私の旬」などの7曲でたたみかけた。

MCでは石山咲良が、グループでは定番の円陣の掛け合いを、
ファンと共に「特別バージョン」で再現したいと提案。
ステージ上の植村から川嶋までの11人に続いて、観客が
それぞれ自身の名前を一斉に叫び、最後は
「We are Juice=Juice Family!」と声を揃えてグループと
ファンが一丸となった。


パフォーマンスへと戻り、植村のラストシングル曲
「ナイモノラブ」をはじめ「プライド・ブライト」、
「Fiesta! Fiesta!」などを披露。各々の個性を
アピールする「GIRLS BE AMBITIOUS 2024」では
会場が沸き立つ中、1人ひとりをフィーチャーした
パートに沿ってそれぞれが愛嬌を振りまき、
「Magic of Love」で本編を締めくくった。


再び、植村のメンバーカラーメロンの光に染まった
客席では「あーりー!」コールが繰り返される。
ファンの熱意を受けた植村は、自身のラスト参加
シングルに収録されたソロ曲「Brilliance of memories」の
イントロと合わせて、メンバーカラーを連想させる淡く
きらびやかなドレス姿で登場。客席をしっかり見ながら
すみやかな歌声を響かせ、スタンドマイクの前で
卒業への思いを語った。


結成から11年が経過して「短いか⾧いかで言えば、
どちらともとれない。もう、測れないような期間を
ここで過ごさせていただいた」と振り返った植村。
アイドルとしてのルーツになったハロプロ研修生時代、
出身地の大阪から東京へ上京した際に「何度も乗り
換えを間違え、迷子になり…」と場内で笑いが起き、
当時は「この子がJuice=Juiceのリーダーになるとは、
誰も予想できなかったんじゃないかなと思います」と吐露した。


メンバーやJuice=Juice Familyは「一生の宝物」と続け、
後輩メンバーについては「Juice=Juiceの個性をたくさん
取り入れてくれました」と言及。自称した
「へなちょこ人生」を変えてくれたのグループで、結成の
きっかけを作ったプロデューサーのつんく

が「とても
強い歌詞を書いてくださるから、それを見ているうちに、
私たちも自然に強く、たくましくなれた」と思いを巡らせた。

転機となった3代目リーダー就任以降は
「Juice=Juiceの真ん中にいる『=』のような、
これからをつなげていく存在になれたらいいなと
思ってここまでやってきました」と回想。公演
タイトル「1=LINE」や曲名「おあいこ」をなぞり、
ファンに対して「平行にいつまでも『おあいこ』の
ような存在でいられてるのかなと思うと、私も心
強くて。これからも支えになる存在」と伝え、
グループで「11年を過ごしてきて色んなことを味わっ
てきたけど、粋も甘いもかみしめてきたけど、
でも最後に残るのは幸せな気持ちしかなかったです」
と笑顔を浮かべた。

自身の名前「あかり」は「明るい道をたどって
いつまでも明るく、照らしていけるように」が
由来として、この活動を経験していなかったら
「その由来をこんなに噛みしめることはなかった」と吐露。
結成当初、コンプレックスだった「笑顔」も今では
「大好きになった」と晴れやかに述べ、自身の愛称に
ちなむ「あーりーがとう!」の一言でスピーチを明るく締めた。

ステージでは、11人が揃ってパフォーマンスを披露。
しっとりと歌い上げた「続いていく STORY」、
ファンの歌声も響いた「Wonderful World」でメンバーは
温かな表情を見せ、最後のMCでは、1人ひとりが
公演の感想と植村へのメッセージを伝えた。

涙で言葉を詰まらせるメンバーも目立ったステージで、
リーダーを継ぐ段原は「最後のオリジナル・メンバーの
植村さんを送り出すことになって、私は妹じゃなくなって
しまうので。明日から、それが少し寂しい」と吐露。
加入当初には、オリジナル・メンバーを見て
「すごい。こんなかっこいい人達がいるんだ」と
憧れていたと振り返り、「大好きな植村さんが愛して
くださったJuice=Juiceを、これからもずっと続けていきたい」
という決意と共に「これからも、Juice=Juiceをよろしくお願いします!」
と力強くファンにアピールした。

後輩の言葉を受け取った植村は、自身の卒業後も、
グループの環境が「幸せで溢れるように、私も近く
からJuice=Juice Familyとして、応援しています」と
メッセージを残した。
アンコールもラスト1曲となり、最後はファンと
共にタオルを振って盛り上がる「Goal~明日はあっちだよ~」で、
グループの節目となる公演はフィナーレへ。
余韻冷めやらぬ客席を前にして、植村を中心とした
グループは心からの感謝を伝えた。

The post Juice=Juice植村あかり卒業コンサート開催!「メンバーやJuice=Juice Familyは『一生の宝物』」【オフィシャルレポート】 first appeared on WWSチャンネル.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 最高すぎる♪「ディズニー限定のアフタヌーンティー」の内容がとんでもなく素敵だったよ…!【詳細レポ】

    ウレぴあ総研
  2. かなり扱いやすいよ!小顔見えも叶うショートヘア〜2024年夏〜

    4MEEE
  3. 約350個の行燈が幻想的な夏の夜を演出♡ 道の駅あおがきで「あおがき道の駅の夕べ2024」開催 丹波市

    Kiss PRESS
  4. ドラゴンズにエールを!8/30~9/1バンテリンドーム ナゴヤで『どらエールシリーズ2024』開催

    SPICE
  5. 大阪屋マーケットにソフトクリームやビールなどのお店「荻野製作所」がオープン!ジャージー牛 ソフトクリーム食べてきた!【宇治市】

    ALCO宇治・城陽
  6. 【姫路】カフェ「free Bird」淹れたてのコーヒーやフレンチトーストが人気♪ランチ使いも◎

    兵庫県はりまエリアの地域情報サイト TANOSU
  7. 【ちいかわ×キャンパスノート】テンション爆上がり!思わず唸った「攻めてるノート」徹底レビュー

    ウレぴあ総研
  8. 「節約をがんばりすぎる人」がハマりがちな落とし穴【漫画】

    saita
  9. JR東日本長野支社、花火大会に合わせ臨時列車を増発 今年も臨時特急「諏訪湖花火大会号」設定

    鉄道チャンネル
  10. ボリューム満点の韓国かき氷「ピンス」が登場!フルーツもたっぷり乗ったふわふわかき氷|松江市

    na-na