Yahoo! JAPAN

日本人女性に一番多いがん 乳がん早期発見のための検診とブレスト・アウェアネス

チイコミ!

日本人女性に一番多いがん 乳がん早期発見のための検診とブレスト・アウェアネス

乳がんは、早期に発見し、早期に治療をすれば治癒率の高い「治るがん」です。早期発見のために重要なポイントを聞きました。

教えてくれたのは

三和病院(千葉県松戸市) 院長 渡辺 修さん

マンモグラフィ検査と超音波検査

日本人女性の罹患(りかん)率第1位のがんは乳がんです。年間で9万人を超える女性が罹患しており、9人に1人が生涯に一度は乳がんにかかると言われています。しかし、死亡率で見ると第4位。ステージ1(しこりの大きさが2cm以下でリンパ節転移がないもの)で発見すれば、10年生存率は約90%です。

早期発見のためには乳がん検診が有効ですが、日本の受診率は欧米に比べて低く、なかなか改善されていません。著名人が乳がんを患ったという報道が出て一時的に受診者が急増したことがありますが、それっきりにせず、適切な方法・頻度で定期的に受診することが大切です。

30歳以降は、年代別に検診方法を変えて、毎年1回受診しましょう。30代は超音波(エコー)検査、40代はマンモグラフィ検査(2方向)と超音波検査を隔年で交互に、50歳以上はマンモグラフィ検査(1方向)の受診がおすすめです。30~40代は乳腺濃度が高いため、マンモグラフィでは病変が見つけにくいことがあります。そのような場合は超音波が有力ですが、マンモグラフィでしか見つけられない乳がんもあるため、両方の受診が必要なのです。

マンモグラフィ検査と超音波検査の違い

ブレスト・アウェアネスという習慣

実際に症状があって乳がんが見つかる場合は、9割以上がしこりを感じたことがきっかけです。ですから、検診と合わせてセルフチェックもぜひ習慣化してください。日頃から乳房の状態を意識する生活習慣を「ブレスト・アウェアネス」といいます。まず普段の自分の乳房の状態を知らなければ、何か変化があっても気付くことができません。お風呂上りに鏡を見るなどして、しこりやくぼみ、乳頭からの分泌物などに気付いたら、検診を待たずにすぐに医師に相談しましょう。

乳房チェックのやり方

「血縁者に罹患者がいないから私は大丈夫」と思う人もいるかもしれません。しかし、遺伝性の乳がんは5~10%と言われています。がんはさまざまな要因によって発症すると考えられていますが、乳がんの9割は遺伝以外の環境要因が関わっているわけです。例えば、喫煙は乳がん発症のリスクを上げることが分かっています。また、閉経後は体重が増えるとリスクが高まるため、適度な運動を心掛けましょう。乳がんは人ごとではないという意識で、日頃の生活習慣に気を付けながら、定期的な検診を忘れないようにしてください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」