Yahoo! JAPAN

「はるな愛が選ぶ 2024年運気爆上げ演歌」を紹介。石川さゆり「天城越え」を歌うコツも

文化放送

1月4日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)は大竹まことがお正月休み中のため、タブレット純、はるな愛、アシスタントに鈴木純子(文化放送アナウンサー)というメンバーでお届けした。特別企画「はるな愛が選ぶ 2024年運気爆上げ演歌」と題し、今年の節目節目に聴いてほしい演歌を10曲紹介。この記事では「大竹メインディッシュ」のコーナー内で取り上げた6~8曲目を抜粋する。

はるな愛「(6曲目は)2024年になりましたけど、自分を振り返りたいな、昔の景色を思い出したいな、という方に聴いてほしい。大好きな上沼恵美子さんの曲です」

♪「時のしおり」/上沼恵美子

はるな「1番は(1970年の)大阪万博のときの話であったり、2番は東日本大震災の、1本残る街の木の歌詞になっていたり。3つの時代(昭和、平成、令和)を生きてきた、という、すごくいい曲やな、と思って」

タブレット純「上沼さんはやっぱりうまいですね」

はるな「もともとちびっ子歌合戦で、天童よしみさんと一緒によく出られていて。それこそ北島三郎さんに、漫才やめて歌手になりなさい、と言われたところ、やっぱりやめられないです、ということで漫才もやられてね。『大阪ラプソディー』もそうですけど、いい歌がいっぱいあります」

鈴木純子「7曲目になります」

はるな「やっぱり冬になったらこれって言いたいんですよね。私もいま、津軽三味線を勉強しているんですけど、難しいんですよ。東野幸治さんも始めていて、この前奏を弾きたいから始めたという、きっかけの曲なんです。ふるさとを思って、しみじみと浸りたい曲です」

♪「望郷じょんから」/細川たかし

はるな「雪国の赤ちょうちんの居酒屋に入って流れていたら最高やな、と思う1曲ですね」

「愛さん、いつになったら三味線を……。会ったときから言って……」

はるな「じゃあ一緒にやろうよ(笑)。弾けるように爪も切っているんですけど、なかなか上達しないという」

このあとタブレット純による生歌(渥美二郎「夢追い酒」)を挟み、8曲目を紹介した。

はるな「石川さゆりさんの曲で、『能登半島』もすごくいい曲だからそれに変えたかったけど……。落ち着いたらみんな観光で行く、というのも支援につながるので、そういう心がけもお願いしたいなと。(2023年の)紅白で『津軽海峡冬景色』を歌われていましたけど、この曲はみんな、カラオケで歌うと思います」

♪「天城越え」/石川さゆり

はるな「カラオケで歌う若い人も多いですよね」

「歌いきれたら盛り上がりますね。越えられたら、という」

はるな「あと『隠しきれない』っていう始まりは、石川さゆりさんみたいに、語りのように歌ったほうがいいかな、と思っちゃうよね」

「急に歌唱指導が(笑)」

【関連記事】

おすすめの記事