Yahoo! JAPAN

地域に寄り添う花屋「Flower Design 花と木」 人情深さは昭和の魚屋さん【北九州市門司区】

北九州ノコト

(アイキャッチ画像:Flower Design 花と木)

門司区上馬寄(かみまいそう)にある花屋「Flower Design 花と木」。今年2月17日で2周年を迎えると聞き、店主の寺口小百合さんにお話しを聞いてきました。

スタイリッシュな店舗外観 色とりどりの花と木

同店は、けやき並木が続く道路沿いにあり、ローカルな街並みの中でスタイリッシュな店舗の外観が目を惹きます。

木枠の引き戸を開けた瞬間、色とりどりの花と木が目に飛び込んで心も身体も浄化されたような清らかな気持ちになりました。

店主・寺口さんの転機 そして、エキサイティングな毎日

18歳の時から花に関わる仕事をしていたという店主の寺口さん。「いつかは自分のお店を持ちたいな」と思っていたそうですが、40歳を過ぎた頃に「ふとこの人生で自分が亡くなる時、花屋として自分の店を持たなかったらきっと後悔するだろう」と考えるようになったことが、転機になったそうです。

そんなある日、母親から「良い物件を見つけたから、ここでお店を開きなさい」と背中を押され、お店をオープンしたと話してくれました。

寺口さん曰く、「花屋の日常は、毎日何が起きるかわからない」。

数多くある花や木、また1つの花にも様々な色や品種がある中で、お客さんはどんな花を求めているのかなどを考えると、仕入れは駆け引きでもあり、今でもハラハラドキドキするのだそう。

1年目、2年目と時を刻むにつれ、「お客さんのニーズに応えたい、満足度を上げたい」という気持ちがより強くなってきて、365日、店舗がお休みの日も仕入れの事を考えていると語ります。

日々の暮らしに花のある生活を

長く花と関わってきたという寺口さんですが、花屋を始めて「花って美しい!」と改めて感じるようになったそうです。

「花のある生活は心を豊かにし、1本からでも幸せを感じることができます。花を通じてみなさんに明るく幸せな気持ちになってほしい」と熱く語ってくれました。

また、昔から木々が好きだったということもあり、店内には色とりどりの花と共に大ぶりの枝ものが目を惹きます。

枝ものは動きがあるため、花を生ける時に活躍するそうで、同店のダイナミックな生け花は各種イベントや店舗でも好評のようです。

赤ちゃんから100歳のおばあちゃんまで 地域に寄り添う花屋

同店には老若男女問わず、赤ちゃんを連れたお母さんから100歳のおばあちゃんまで幅広いお客様が訪れます。小さなお客様が「花屋さんに会いたかった~」と言ってくれる瞬間に幸せを感じるのだそう。

お店の特徴を尋ねると、「昭和の魚屋さんみたいな感じです!」と笑う寺口さん。第一印象のクールさとは一転、とても人情深く気さくな人柄です。

この日も年配の常連さんと話をしたり、小さなお子さんの目線に合わせて対話したりと、花を通して心を通わせている場面が印象的でした。

「店に来てくれるお客さんは、お母さんであり、お父さんであり、娘であり、子どもであり…。お客さんと同じ目線に立ち、家族のように接したいという思いもあり、エプロンを付けないのもこの店の特徴」とのお話を聞き、筆者は沖縄の方言「いちゃりばちょーでー(一度会えば、兄弟)」の言葉が思い浮かびました。

地域にこんなに温かなお店がある門司の街の未来は明るいなと感じます。

開業から2周年を迎えて~これからノコト~

2周年を迎えて、これからやってみたいことを3つ教えていただきました。

やりたい事その1は、<その場でアレンジメント教室>。「お花は好きだけど、どうやって飾って良いのか、どんな花を選んだら良いかわからない」そんな人にも気軽に花を楽しんでもらえるように、来店したお客さんにその場でアドバイスできる時間を作りたいとのことでした。

ガラスの花瓶とお花のコラボレーションが大好きという寺口さん。やりたいことの2つ目は、店内にガラスの花瓶を並べて、それに似合う花や木をセレクトできる空間を作ることだそうです。

そして、やりたい事3つ目は、<花のSDGs>。同店のポリシーとして「1週間経過した花は表にださない」と決めているそうですが、実際はまだまだ利用価値のあるものなので、その花の価値を有効に活用できる何かを模索中とのこと。これまでには、「ペットの葬儀で、お棺の中を花いっぱいにしたい」や「花手水」などに活用され喜ばれたことがあるそうです。

Flower Design 花と木は、「草花も生きるものとして、生命の最後まで大切に取り扱いたい」という店主の寺口さんの熱い思いが詰まった、人情味溢れるお花屋さんでした。

■住所/北九州市門司区上馬寄1-10-12
■営業時間/月~金10:00~17:00、土・祝 10:00~15:00
■定休日/土曜(第2.4)、日曜日 (最新情報はお店のInstagramで確認できます)
■最寄バス停 西鉄バス49番 大里南小学校

※2024年2月20日現在の情報です

(ライター・kohalu.7)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【「新たま」だからおいしいレシピ まずは半分で!】レンチン新たまねぎ/新たまねぎのカリカリベーコン焼き

    NHK出版デジタルマガジン
  2. 【ito】五泉の湧き水を使った食パンは必食|五泉市・イト

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. <アドバイスください!>親の車の運転を止めたい!運転免許をスムーズに自主返納してもらうためには?

    ママスタセレクト
  4. 子どもの日にはプレゼントも 林田大庄屋旧三木家住宅で「揖保郡三窯と周辺の焼物展/版画家乾太作品展・端午の節句展」開催中 姫路市

    Kiss PRESS
  5. ユニクロ話題の新作バッグがおしゃれで完売しそう!想像以上の大容量トート(正直レビュー)

    ウレぴあ総研
  6. カニエ・ウェスト、ディズニーデートで妻の“不適切な格好”に批判集中 ディズニーへ「なぜ退園させない?」の声も

    Techinsight
  7. コンビニ限定♪紀ノ国屋コラボの付録バッグがキュートで便利!豪華2点セット開封レビュー

    ウレぴあ総研
  8. 勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 子どものなぜなぜ攻撃!親としてなんて答える?【なぜなぜ期の爆笑★質問集】

    たまひよONLINE
  10. 走る列車内がリングだ!! 「関鉄プロレス」にファン熱狂 選手は列車運転にも挑戦(茨城県)【レポート】

    鉄道チャンネル