Yahoo! JAPAN

「仲間がみんな辞めていくんです」役者を目指す人々の事情に大竹が共感「そうなんだよ!」

文化放送

2月17日公開の映画『フィリピンパブ嬢の社会学』に出演している俳優の津田寛治さんが、2月16日の大竹まことゴールデンラジオに登場。北野武監督の映画『首』では共演した大竹と津田さんが、役者を目指した頃のエピソードを語った。

大竹「役者で食べられるようになったのが35歳?」

津田「そうです。役者を目指し始めたのは18歳で、3年ぐらいでなんとかなるかなと思ってたら(笑)」

大竹「甘い考えで」

津田「いつまでたっても、5年、6年、7年経っても食えなくて。あれどうしよう?と思ってるうちに、バイトが本業で芝居は趣味みたいになってて。(笑)月に何回か趣味みたいな感じでずっとやってて、みんな仲間がやめていくんですよね。実家を継がなきゃとか、結婚しなきゃとか」

大竹「そうなんだよ!みんな辞めていくんだよ」

津田「その子達を見てると本当に立派だなあと思って」

大竹「そうなんだよ!!」

津田「ちゃんと人生に向き合ってるんだって」

室井「ええ?夢を諦めない方が立派じゃないの?」

津田・大竹「イヤ!!」

大竹「違うんだよ」

津田「あれはね、逃げてるだけなんですよ。(笑)」

大竹「そうそう、そうなんだ」

津田「夢を持ってるっていうと格好いいじゃないですか。ちょっと女の子にモテそうだし。それで俺には夢があるからって、実質はフリーターなんですけど、夢があるからフリーターやってるみたいな。」

大竹「俺の友達ももうみんなやめてった。家継がなきゃっつって。それでもまだ、ぐうたらしてたいからね。働かないと貧乏で当たり前じゃん。働いて貧乏は嫌だなと思って、だから働かないでいよう、なんて思っちゃったりして」

津田「わかります。僕なんかだと、もうまともな仕事が多分できないなと思って、怒られまくってクビになるのがオチだなと。」

大竹「うちの斉木しげるは「お前、店長にならないか?ハワイ支店出すんだけど、いかないか?」って言われてた」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 大谷翔平選手描いた絵本 名張市の小学校と図書館に寄贈 市内の男性

    伊賀タウン情報YOU
  2. 陶器の街、益子の森にあるアットホームなパン屋さん【森のパン工房 森ぱん】(栃木県・芳賀郡)

    パンめぐ
  3. 【兵庫】1日限定!21万株の芝桜をろうそくの灯りが照らし出す鑑賞会開催

    PrettyOnline
  4. 心が弾む(物理)カラクリ開発 面白作品に「天才」の声

    おたくま経済新聞
  5. Daichi Yamamoto、全曲JJJプロデュースのアルバム『Radiant』を5月にリリース 7都市を巡るワンマン・ツアーも決定

    SPICE
  6. 本役を務めながら、舞台裏でカバー役の台詞をブツブツ……。ロングランを支えるカバーキャストとは? その裏側に迫る!~舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』上野聖太×川辺邦弘×前東美菜子インタビュー

    SPICE
  7. 【心理テスト】あなたの協調性度を診断「お花見に持っていくものは?」

    charmmy
  8. ピアニスト菊池洋子よりコメント動画が到着 バッハ、モーツァルト、ドビュッシーなど名曲の数々でおくるリサイタルを開催

    SPICE
  9. 【5/6】約70店舗が集結!抽選会も開催!広島わんわん春まつり2024

    ひろしまリード
  10. 【4/28】芝生の上でグルメやハンドメイド満喫!コイプレマーケット

    ひろしまリード