Yahoo! JAPAN

“ヴィクシーエンジェル”公式に引退へ

ナリナリドットコム

ランジェリー・ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のヴィクシーエンジェルたちが、公式に引退となった。1995年に開始して以来、開催のたびに話題をさらってきた「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッション・ショー」だが、2019年には中止となっていた。

長年にわたりエンジェルのモデルたちの多様性の欠落が指摘されていた同社は、ブランドを再生、プリヤンカー・チョープラーやモデル兼スキー選手アイリーン・グー、プラスサイズモデルのパロマ・エルセッサー、ブラジル人トランスジェンダーモデルのヴァレンティナ・サンパイオを迎えた「ザ・VS・コレクティブ」を発表した。

プリヤンカーはこう話している。

「私たちが、新たな影響力のある方法で前に進む道を一緒に作るにあたり、私は全ての人々に対しインクルーシヴな未来のコレクションを手掛けることを楽しみにしているばかりではなく、ヴィクトリアズ・シークレットの新たな顧客や長年の顧客の方々が、自らが代表されていて、そこに属していると感じられることに最も興奮しています」

またマーティン・ウォーターズCEOは、「ヴィクトリアズ・シークレットは、世界をリードする女性擁護者となるべく素晴らしい道のりを歩んでいます。これは私たちのブランドにとって、劇的な変化であり、これは私たちの核から受け入れる変化でもあります」「新たな取り組みは始まったばかりです。私たちは、待ち受ける仕事にエネルギーを与えられると同時に謙虚な気持ちです」と声明を出している。

同社はまた、「ザ・VS・コレクティブ」以外にも、「シークレット・グローバル・ファンド・フォー・ウィメンズ・キャンサー」を発表。女性のがん治療における人種や性別による不公平の是正や新技術の開発に向けて毎年最低500万ドル(約5億5000万円)を集める目標を掲げている。

【関連記事】

おすすめの記事