Yahoo! JAPAN

小学校の卒業式で歌に合わせ、1人だけ踊る男児に会場は大爆笑(米)

Techinsight

ステージにてノリノリで踊り注目を集めた12歳の男児(画像は『InspireMore.com 2021年6月24日付「Dancing Boy Steals The Show At Graduation Ceremony And His Confidence Is Everything.」(Facebook)』のスクリーンショット)

何回見ても笑いが止まらず、ある動画にハマってしまったという経験はあるだろうか。このたびアメリカの小学校の卒業式で、6年生の男児が歌に合わせてユニークに踊る様子が捉えられ拡散している。まさに笑いが止まらない男児のパフォーマンスを『InspireMore.com』『WTVY』などが伝えた。

日本の卒業式と言えば3月で厳粛なイメージがあるが、アメリカの卒業式のシーズンは5月からでリラックスした雰囲気で行われることが多い。

米アラバマ州ドーサンにある小学校「ハイランズ・エレメンタリー・スクール」で6月に卒業式が行われ、6年生がザ・モーグリスによる楽曲『I’m Good』を披露した。

そのステージでのパフォーマンスは、卒業生の保護者タラ・マッコード・シングレイさん(Tara McCord Singley)によって撮影され、今月初めにFacebookでシェアされて拡散した。

動画で会場の観客の視線を一身に浴びているのはトレバー・ボリング君(Trevor Bolling、12)で、1人だけ思うがままに、そして表情豊かに踊っている。

歌は「僕は大丈夫(I’m Good)。僕は大丈夫。僕は大丈夫。こうあるべきだって人生を歩んでいるよ。もし変えられることができるとしても、何一つ変えることはないね」という内容で、トレバー君は歌詞に合わせてハートを作ったり、何かを探すような素振りをみせるなど楽しそうだ。

しかしながらプログラムにはないダンスを突然踊り出したトレバー君に、両隣の生徒は見て見ぬ振りで歌を歌い続ける。また前列の生徒たちもあまり表情を変えないが、会場からは笑い声が聞こえてくる。そして曲が進むとトレバー君のダンスは次第に大胆になり、すぐ後ろにいる男児は口を押えて笑い出していた。

この動画は3週間で再生回数が1100万回を超えて話題となり、メディアのインタビューを受けたトレバー君は、卒業式で踊り出したきっかけや動画への大きな反響についてこのように語った。

「実は歌を歌っていたらつまらなくなってきて、ちょっとだけ振りをつけてみたんだ。その時はすぐに踊りを止めたけど、算数の先生が僕に『もっとやって!』と言わんばかりなのを見て、曲の間ずっと踊り続けることにしたんだ。」

「たくさんの人が動画を見てくれていて、気分がいいよ。クレイジーだけど、みんなをハッピーにしてるんだからすごいと思う。僕はただ、面白おかしく踊っていただけなんだけどね。」

一方でそんなトレバー君を観客席から見ていた母は、次のように明かした。

「卒業式で息子が突然踊り出した時は、少なからずショックを受けたの。でも義母や母と『まさかあの場で踊るとは思わなかったけど、あれこそいつも通りのトレバーね』と話をしていたのよ。周りのみんなはとても楽しんで、あちこちで笑いが起こっていたわ。」

もし現状に「大丈夫(I’m Good)」と言えない人がいたら、トレバー君のユニークなダンスをご覧いただきたい。笑いが止まらず、何度も見たくなることだろう。

画像は『InspireMore.com 2021年6月24日付「Dancing Boy Steals The Show At Graduation Ceremony And His Confidence Is Everything.」(Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

【関連記事】

おすすめの記事