Yahoo! JAPAN

三陸『ヤリイカメタル』終盤戦解説 超繊細なアタリを可視化するタックル

TSURINEWS

ヤリイカメタルはタックル選択が最大のキモ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

難易度が高いイカメタルでのヤリイカ釣り。難しい理由は、超繊細なアタリにあります。揺れる船上でアタリを判別して掛けに行かないと数が伸びない釣り。それがヤリイカメタルです。今回は、アタリを可視化してくれるタックルについて解説しましょう。

ヤリイカメタルのアタリ

繊細なアタリがヤリイカメタルの真骨頂。アタリの判別の難しさが際立っていて、分かりやすいアタリだけを待っていては数も伸びません。

数を伸ばすアングラーは渋い状況でもコツコツと掛けていきます。アタリを見極めて掛けにいかないと数は伸びないし、釣れないからと誘いの腕が止まってしまうとさらに釣れなくなります。ましてやイカメタルを始めたばかりのビギナーには、船の揺れとロッドティップの揺らぎの中からヤリイカのソフトタッチを判読してフックセットするのは至難の業かもしれません。

ですが、この困難な作業を克服しなければヤリイカを掛けられないのも事実。どれだけロッドティップに集中していても、見分けられないヤリイカのアタリがあるのも事実です。今回はそんな繊細で微妙なヤリイカのアタリを可視化するためのタックルの大切さを解説します。

短く貧弱なゲソが繊細なアタリの原因?(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

タックル選択

イカメタルでのタックル選択には、いくつかのセオリーがあります。イカのサイズでタックルを選択する、スッテのサイズでタックルを選択するなど、タックル選択の基準はさまざまな要素があります。

スッテを素早くアクションさせることでイカを誘うなら一段強めのロッドを選んで、重いスッテを操作するなども有効な場面があるでしょう。

ヤリイカのイカメタルでのタックル選択の要素はやはり、繊細で可視化しにくいヤリイカのソフトタッチを捉えるためのタックルチョイスがベストだと思います。

ロッドのティップ

まずは1番大切なロッドの選択です。各メーカーからさまざまなタイプのロッドが市販されています。乗せ調子、掛け調子といったタイプ分けやスッテのサイズでのパワー表記でミディアム、ミディアムライト、ライトなどで区分けした製品なども多いです。

三陸のヤリイカメタルでの使用をメインに考えたロッドチョイスでは、掛け調子よりも乗せ調子、ミディアムライトよりもライトクラスのパワーのロッドをお勧めします。

主戦場となるエリアの水深は50~60m前後、スッテサイズも15号以下がメインアイテムとなりますので、できるだけライトで鋭敏なティップを備えたロッドがいいでしょう。

とにかく、眼で見てすぐに分かるアタリは大概のロッドで浮き彫りになりますが、ヤリイカの触れるか触れないかといったフェザータッチのアタリを表現するには繊細なロッドティップが必要不可欠だと思います。

繊細なティップでヤリイカを攻略(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

ラインは細く

ヤリイカのソフトタッチをロッドティップに映し出すには、他の外力からの信号は極力排除したいものです。繊細なロッドティップは波の波動、風の揺れまでも忠実に反映してしまいます。これらのアタリ以外のティップの動きに影響を与える外力を減らすために、メインラインには極力、細号柄のPEラインが必要です。

一般的なイカメタルなら0.6号が使いやすいと思いますが、三陸のヤリイカメタルでのオススメはPEライン0.4号です。0.6号と0.4号を比較した場合、0.6号だと魚とイカのアタリは明確に違いが分かりますが、0.4号まで落とすと魚のアタリもイカのアタリと勘違いすることもあります。

0.4号となるとラインの伸びも多くなるためですが、ライトクラスロッドとのマッチング、潮の切れ具合を向上してティップを止めてアタリを待つ時のティップの収束や立ち上がりのよさが向上します。後述するスッテとの絡みもあって、0.4号PEラインのメリットは大きいと思います。

スッテは軽く

ロッドティップに余計な負荷を掛けると、ティップの動きに制約が掛かることになります。ロッドティップはつねにニュートラルで可動域を最大にしてヤリイカのソフトタッチに追従するようにしておくのが大切だと考えます。

メインラインを0.4号に落とす意味は潮や風にラインを食われて感度を落とすことを避けるとともに、可能な限り軽いメタルスッテを使用することでロッドティップの可動域を確保、ヤリイカのアタリを可視化、浮き彫りにするためです。

もちろん、スッテの選定はボトムが取れる重さで、隣同士でオマツリが発生しないことが基本中の基本です。ファーストフォールでの着底から誘い上げ後に再度、ボトムタッチさせてみて、どんどんリールの水深表示が深くなるようでは軽すぎます。リグをビタ止めするよりは、若干の流れ気味がアタりますが、トラブルの元となってはならないと思いますので、注意してください。

PEライン0.4号は強度的には十分ですが、無用のトラブルを避けるために、白抜きマーキングで1m毎、5m毎の表示がないものをお勧めします。海域にもよりますが、フグ、サゴシ、サンバソウなどに噛まれてブレークする危険性を下げる意味でも有効だと思います。

ラインの角度に注目しオマツリを回避(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

The post三陸『ヤリイカメタル』終盤戦解説 超繊細なアタリを可視化するタックルfirst appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事