Yahoo! JAPAN

乗っ込みシーズン本番到来 磯フカセ釣りで49.2cm頭チヌ連発【徳島】

TSURINEWS

磯フカセ釣りであがった乗っ込みクロダイ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

3月15日(日)に、徳島県阿南市の蒲生田岬(がもうだみさき)の磯群へ乗っ込みチヌを狙いにフカセ釣行した。最初の磯では苦戦を強いられたが、磯がわり後は同行者とともに入れ食いモードに突入。シーズン本番を感じる釣行となった。

今季初の乗っ込みチヌ狙い

この日、棚橋金治郎渡船の住吉丸に乗船したのは、たった4人。私と工藤さん、そして昔からの常連2人のグループである。棚橋渡船でも、今回が今年の乗っ込みチヌ初出港だそうだ。

椿泊の港を朝6時に出船した船は、順番に磯上げをしてくれた。船頭の指示により、「岬の軍艦」に常連が1人で降りた。次に長ハエにもう1人の常連が降りた。私と、工藤さんは撮影もしたいので、2人で一緒に「一番」に降りることになった。

同行者ヒットも単発

一番は水深もあり、乗っ込みチヌの絶好ポイントである。昨年も、良い目をした大好きな磯である。

釣り初めて1時間後、2人とも全く反応がない。「こんなははずはないのになあ」、「水温が低すぎるんかいな」と愚痴を言ったり、釣れない分析をしてみたが、魚の反応がない。時折、くわせオキアミビッグLがかじられるが、本命のチヌの食い方ではない。

私は竿を置いて、パンと飲むヨーグルトで一服することにした。そして、ぼんやり工藤さんの釣りを眺めていると、竿が曲がっている。

「オー、遂に本命か?それともボラかな」と眺めていたが、浮いてきたのは銀ピカのチヌである。「40cmくらいかな。そんなに大きくない」と謙遜する工藤さんだが、チヌが居たことで、私も元気が出てきた。そして再び釣り始めたが、2人とも再び沈黙。

長者の軍艦へ移動

「先生、次の見回りで磯がわりしますか?」、「うーん」と話し、しばらくして「先生、私はかわります。撮影があるので一緒にかわりませんか。ここにずっと居っても釣れるかもしれませんが、気分転換しませんか」と誘うと「そうしますか」と同意してくれた。

2人が、9時過ぎの見回り船で移動して降りた磯は、「長者の軍艦」。ここも昔は超がつく一級磯である。ここ数年は、釣果も普通になっているとはいえ、私は「ニコニコ」。

工藤さんが「浜ちゃん、どこ釣るん?」と聞いてきたので「裏で釣ります」と答えると、「えー、私は裏釣ったことないわ、すごいなあ」と関心していただいた。

遠投での釣りが重要

何を隠そう、ここは、裏向きも釣れる。しかし、コツがある。足元ではなく、イサギ釣りのように遠投して狙う。遠投では、マルキユーの配合材がこの釣り方を助けてくれる。遠投ができて、集魚効果の高いチヌパワーVSP4袋。それと、チヌパワーV10白チヌ2袋の合計6袋を混ぜ込んでいる。

当日使用の配合材(提供:WEBライター・濱堀秀規)

配合の比率を増やすとよく飛ぶ。これで、遠投してもエサの流れる方向や、沈んでいく速さがよく分かる。

同行者に連発!

長者の軍艦に代わって、さっそく工藤さんの連チャンが始まった。45cmのチヌに続き、カンダイも釣り上げた。「すごいですね」、「いやー、それほどでも。そんなに大きくないし」と謙遜する。

同行の工藤さんにチヌ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

私のように、「やったぜー」などと、大げさに喜びを表現したりはしない。落ち着いた大人の態度である。

まきエサが効きチヌ3連発

そうしているうちに、まきエサが効いてきた。今度は私が連チャンモードである。チヌ、チヌ、チヌの3連発。もう大満足。これで帰ってもいいかな・・・と思うが、まだ11時である。

チヌが連チャンでヒット(提供:WEBライター・濱堀秀規)

もう、納竿の午後2時前までは船が来ないので、今度は和菓子のまんじゅうで、おなかを満たすことにした。磯の上のお茶菓子はうまさが違う。工藤さんも、カフェオレとシュークリームみたいな洋風お菓子で一服である。

当日最長寸の49.2cm

一服した後に、表向きの工藤さんと裏向きの私の竿が交互に曲がる。「先生、それデカいですね。50cmくらいありませんか」、「いやー、40cm後半やな」と謙虚である。手に持って貰い、写真をパチリ。

今度は私にも良型がヒットした。入れ食いで釣っていると、大きさの感覚が鈍ってくるのか、簡単にタモ入れまでできてしまった。今度は当日最長寸の49.2cmであった。

当日最長寸のチヌ49.2cm(提供:WEBライター・濱堀秀規)

ハリスの手持ちがなくなった

その後も、順調に釣れる続くが、1時過ぎに道具をしまうことにした。実は、ハリスの1.75号と2号の手持ちがなくなってしまったからだ。消耗品は多めに持参するのがいいのだが、「今日はこれで満足じゃ、わははっ」と機嫌良く片付けた。

当日の釣果(提供:WEBライター・濱堀秀規)

その間も、工藤さんは竿を曲げて、「あ~、フグ」、「あ~、カワハギ」、「今度はチヌでした」と楽しそうである。そして乗っ込みチヌの初釣行は、満足の一日となった。

今後の展望

昨年は、桜の咲く頃にはチヌが連チャンだった、今年3月15日はまだ、桜の花が見えないので、桜が散るころまでは、いつものように連チャン爆釣が続くと思われる。

大型と数釣りの両方を楽しむことができるこの時期に、まだまだ何回かは釣行したい。本当に春のチヌは、おもっしょい(面白い)。釣りという遊びはやめられないですね。やっぱり「地球は僕たちの遊び場だもの!」

<濱堀秀規/TSURINEWS・WEBライター>

【関連記事】

おすすめの記事