Yahoo! JAPAN

お好みの味に挑戦!スタバの『フラペチーノ』を自宅で再現する方法とは?

オリーブオイルをひとまわし

お好みの味に挑戦!スタバの『フラペチーノ』を自宅で再現する方法とは?

コールドドリンクの一種である「フラペチーノ」。スターバックスコーヒーのドリンクメニューとして人気があり、シャリシャリとした食感が涼しさを感じさせてくれる。今回は、そんなスターバックスコーヒー発のフラペチーノについて解説する。また、家でもできるコーヒー味・ストロベリー味・キャラメル味・きなこ味のフラペチーノの作り方を紹介する。

1. フラペチーノとは?

フラペチーノとはスターバックスコーヒーの登録商標の一つで(※1)、氷・コーヒー・ミルクなどをミキサーにかけて作るコールドドリンクの一種である。誕生当時はコーヒー飲料であったが、現在はコーヒーに限らず、抹茶味やフルーツ味のフラペチーノも販売されている。また、冷たいドリンクの上にホイップクリームやチョコソースなどをトッピングすることが多い。

フラペチーノの主なラインアップ(※2)

エスプレッソ アフォガード フラペチーノ
ダーク モカ チップ フラペチーノ
キャラメル フラペチーノ
コールドブリュー コーヒー フラペチーノ
抹茶 クリーム フラペチーノ
バニラ クリーム フラペチーノ
ダーク モカ チップ クリーム フラペチーノ
マンゴー パッション ティー フラペチーノ
その他、店舗限定・期間限定の商品もある

2. コーヒー味のフラペチーノの作り方とは?

フラペチーノの王道といえば「コーヒー味」である。コーヒーの苦味とミルクの甘みが楽しめる大人の味で、本家・スターバックスコーヒーでも人気がある一品だ。そんなコーヒー味のフラペチーノの材料と作り方は以下のとおりになっている。

コーヒー味のフラペチーノの材料

牛乳(または低脂肪牛乳)
インスタントコーヒー
ガムシロップ

ホイップクリーム
チョコレート(板チョコ・チョコチップ)

コーヒー味のフラペチーノの作り方

ミキサーで牛乳・インスタントコーヒー・ガムシロップを攪拌する
砕いておいた氷を加えさらにミキサーをまわす
攪拌したフラペチーノをグラスに注ぐ
ホイップクリームを絞り、チョコレートを散らしたら完成

3. ストロベリー味のフラペチーノの作り方とは?

イチゴの甘みと爽やかな酸味が楽しめる「ストロベリー味」も根強い人気がある。本家・スターバックスのレギュラーメニューにはないものの、「スターバックス ストロベリー フラペチーノ」のように期間限定で販売されることもある。そんなストロベリー味の材料と作り方は以下のとおりだ。

ストロベリー味のフラペチーノの材料

牛乳(または低脂肪牛乳)
イチゴジャム(果肉が小さいもの)
砂糖

お好みでホイップクリーム
お好みでイチゴ

ストロベリー味のフラペチーノの作り方

ミキサーで牛乳・生クリーム・砂糖・氷を攪拌する
グラスに攪拌したフラペチーノとイチゴジャムを交互に入れる
好みでホイップクリームを絞ったり、イチゴを飾ったら完成

4. キャラメル味のフラペチーノの作り方とは?

濃厚なキャラメルシロップが美味しい「キャラメル味」も人気がある一品だ。本家・スターバックスコーヒーではレギュラーメニューの一つとして販売されており、人気ランキングでも上位にランクインしている。そんなキャラメル味のフラペチーノの材料と作り方は以下のようになっている。

キャラメル味のフラペチーノの材料

牛乳(または低脂肪牛乳)
インスタントコーヒー
キャラメルソース
ガムシロップ
ホイップクリーム

キャラメル味のフラペチーノの作り方

事前に製氷皿に牛乳を入れて冷凍庫で凍らせておく
ミキサーで氷牛乳・インスタントコーヒー・キャラメルソース・ガムシロップを攪拌する
攪拌したフラペチーノをグラスに注ぐ
ホイップクリームを絞り、キャラメルソースをかければ完成

5. きなこ味のフラペチーノの作り方とは?

和風テイストが楽しめる「きなこ味」のフラペチーノもおすすめ。本家・スターバックスコーヒーでは、年末から年明け頃にきなこを使ったフラペチーノ「あずきなこ」が販売されている。そんなきなこ味のフラペチーノの材料と作り方は以下のようになっている。

きなこ味のフラペチーノの材料

牛乳(または低脂肪牛乳)
きなこ
バナナ
はちみつ

お好みでホイップクリーム
お好みで茹でた小豆(あんこ)

きなこ味のフラペチーノの作り方

ミキサーできなこ・バナナ・牛乳・はちみつ・氷を攪拌する
攪拌したフラペチーノをグラスに注ぐ
ホイップクリームをのせ、きなこと小豆を散らせば完成

6. フラペチーノに関するよくある質問

ここまでフラペチーノに関するよくある質問に回答してきた。しかし、まだフラペチーノについて知りたいこともあるだろう。そこで最後にフラペチーノに関するよくある質問・疑問に回答する。

Q1.フラペチーノはいつ頃誕生したの?

現在でこそフラペチーノはスターバックスコーヒーの主力商品であるが、実はフラペチーノを開発したのはアメリカのコーヒーチェーン「ザ・コーヒーコネクション」である。1992年にオーナーを務めていたジョージ・ハウエル氏によって考案され、当時の従業員であったアンドリュー・フランク氏によって開発されたそうだ。しかもフラペチーノは、ボストンを中心に成功を収めることになる。

その後、1994年にスターバックスコーヒーが、フラペチーノの商標・レシピなどを手に入れるために「ザ・コーヒーコネクション」を買収。以降はスターバックスコーヒーの主力商品として認知されるようになる。ちなみに、スターバックスコーヒーが日本に第一号店を出店したのは1996年のこと(※3)。そのため、フラペチーノの誕生は日本出店よりも前の出来事ということになる。

Q2.フラペチーノの名前の由来とは?

「フラペチーノ(Frappuccino)」という商品名は、開発者であるジョージ・ハウエル氏によって命名された。名前の由来は、フランス生まれの冷たいスイーツ「フラッペ(frappe)」と、エスプレッソに泡立てたミルクを混ぜて作る「カプチーノ(cappuccino)」を合わせた造語である。当時の作り方がこの2つを合わせたようなものだったことから、「フラペチーノ」と名付けたとされている。

Q3.美味しいフラペチーノを作るコツとは?

フラペチーノは、よく冷えた状態で飲むのが一番美味しい。そのため、あらかじめグラスを冷蔵庫で冷やしておくと、いずれのフラペチーノも冷たいまま美味しく飲める。また、氷は細かくしておくとミキサーで手軽に攪拌できるのでおすすめ。そのほか、お好みで牛乳を豆乳に変えたり、トッピングにアイスクリームを使ったりするのもよい。自分だけのフラペチーノを作ってみよう。

結論

フラペチーノとは、スターバックスコーヒーのフローズンドリンクのことであり、現在はコーヒー以外にも抹茶味・ブルーベリー味・ほうじ茶風・リンゴ味などさまざまな種類がある。そして、お店のクオリティほどではないものの、フラペチーノは自宅で作ることが可能だ。基本の味付けはもちろん、お好みの味付けにも挑戦してみるとよいだろう。【参考文献】※1:特許情報プラットフォーム「登録4612716」

※2:スターバックスコーヒー「ビバレッジ メニュー」

※3:スターバックスコーヒー「20years and onwards in japan」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 中山沙折

【関連記事】

おすすめの記事