Yahoo! JAPAN

【新店・moku-moku kitchen】地場食材で作る和洋中の料理をお店で、おうちで|三条市・もくもくキッチン

日刊にいがたWEBタウン情報

 
moku-moku kitchen 外観

moku-moku kitchen(もくもくキッチン)があるのは、三条総合病院の向かい。
病院に通院されている人、職員さんのほか、店舗の周辺は住宅街なので、ご近所さんも多く足を運びます。

スタッフのみなさん。女性スタッフで切り盛りしています

店内に入ると左側が客席、右側が厨房になっています。
厨房側のテーブル上にはお弁当がずらり。

毎日6~7種類のお弁当が並びます。あつあつのおでんも!
『麻婆丼』(600円)

毎日11時からお弁当・お惣菜の販売を行なっています。
『日替弁当』(550円)や『焼き肉弁当』(600円)、2日がかりで作る『カレーライス』(650円)など、日替わりで6~7種類が並びます。
注目は『麻婆丼』。
香辛料のきいた本格的な味わいです。
なんと旬の時期には収穫したての山椒を使っていたそう!
辛さは5段階で用意されていますが、鬼辛の「5」は「辛すぎる!」とお客さんに怒られたほどの辛さだそうです(私は「3」をいただいたのですが、それでもだいぶ辛かった!!!)。
麻婆好き、辛いもの好きにはぜひお試しいただきたい!!!!

『ロコモコ』(980円)
『ガーリックトマトパスタ』(850円)

もちろん店内飲食もできますよ!

昼は写真の『ロコモコ』や『ガーリックトマトパスタ』などのランチ(ミニサラダ、スープ付き)や和定食を提供。

そして夜には日替わりのおつまみや本格的な窯焼きピッツァ(厨房奥に設置された本格的な窯で焼き上げます!)とともにお酒を楽しめます。

moku-moku kitchenのモットーは「地場産食材」と「手作り」。

こだわりの三条市下田産コシヒカリ、地元農家から直接買い付ける新鮮野菜を使い、スタッフたちが愛情を込めてひとつひとつの料理を手作りしています。

和洋中幅広いメニューを用意しているうえ、カラフルなスムージーも提供。
好きな材料を4種類選べる『オリジナルスムージー』なんてメニューもあります!

また、ご近所さんからの「自宅でそうめんを食べる際、一緒に食べる天ぷらが欲しい」という声に応えて、メニューにはない揚げたて天ぷらを提供したことも。
「言っていただければ、可能な限り対応します!」と実に頼もしい!!

テイクアウトも、ランチも飲みも、と実に使い勝手のいいお店です。
ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね。

moku-moku kitchen(もくもくキッチン)

住所
三条市嘉坪川2-13-54

電話番号
0256-46-8354

営業時間
10:00~21:30(弁当販売は11:00~、ランチタイム11:00~LO14:00、ディナータイム17:00~LO21:00)

休み
火曜

席数
14席

駐車場
あり

備考

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ゲームの邪魔をしてくるネッコ♡可愛いが過ぎる【悶絶必至】

    ねこちゃんホンポ
  2. YOASOBI、初のライブ映像作品集『THE FILM』リリース決定 『情熱大陸』出演回も収録

    SPICE
  3. THE RAMPAGE・浦川翔平、デビュー5周年を回顧「16人で険しい道を乗り越えて…」

    フジテレビュー!!
  4. 「子どもに夢を与える舞台を」沖芸大琉球芸能専攻OB会が30日公演

    HUB沖縄
  5. 2022年1月5日オープン Italian バール ne?

    京都速報
  6. MONDO GROSSO、Black Boboiのermhoiをボーカルに迎えた「FORGOTTEN」先行配信

    SPICE
  7. THE RAMPAGEデビュー5周年!“世界進出”への野望「令和の世代を引っ張っていく飛躍の年に」(陣)

    フジテレビュー!!
  8. 丹生明里(日向坂46)[イベントレポート]声優初挑戦への想いを語る「エンドロールで自分の名前が出てきた時は、思わずウルっときてしまいました」劇場版『DEEMO サクラノオト - あなたの奏でた音が、今も響く-』完成披露試写会より

    Pop’n’Roll
  9. 両肩にクモの巣のタトゥーを入れた女性、「魚のエラ」に見えるとショック隠せず(米)

    Techinsight
  10. 男性ブランコ・浦井のりひろが新型コロナに感染

    ナリナリドットコム