元タカラジェンヌ&うたのおねえさん・はいだしょうこが公式YouTubeチャンネルを開設 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

元タカラジェンヌ&うたのおねえさん・はいだしょうこが公式YouTubeチャンネルを開設

SPICE

はいだしょうこ

元宝塚歌劇団娘役で、2003年にNHK「おかあさんといっしょ」の第19代”うたのおねえさん”に就任したはいだしょうこが、2020年4月6日(月)12時に公式YouTubeチャンネル「はいだしょうこの歌とか、 、 、 」を開設した。

うたのおねえさんとして「しょうこおねえさん」の愛称で親しまれたはいだは、2008年の番組卒業後、歌手としての活動を開始する傍ら、バラエティ番組にも多数出演し、その独特な空気をまとったキャラクターで、こどもから大人まで幅広い層から人気を獲得。女優としても、NHK大河ドラマ「真田丸」や数多くのミュージカル作品に出演するなど、 活躍の幅を広げている。

“うたのおねえさん”卒業から十余年。毎日番組を通して大好きな歌を届けることをしていたはいだは、その機会が減ってしまったことがずっと気がかりとなっていて「もっと歌を届ける機会を増やしたい」「もっとみなさんに喜んでもらいたい」とその方法を常日頃から考えていたという。 YouTubeはそれができる場所だとこの度の開設に至った。

本日公開された初回動画で披露したのは、Kiroroの名曲「Best Friend」。宝塚歌劇団を退団する際に、ファンの皆様の前で感謝を伝えるために歌った思い出の楽曲で、「『あなたの笑顔に何度助けられただろう』という詞がその時の気持ちにぴったりで歌いました。大好きな一曲です。」と選曲理由について語っている。

次回公開予定の楽曲「はるのかぜ」は”うたのおねえさん”最終オーディションの課題曲。 「『おかあさんといっしょ』の出演へと導いてくれた曲です。 大先輩の坂田修さん作詞・作曲のとても素敵な曲で、 是非みなさんに聴いていただきたくセレクトしました。 」と、 こちらもはいだしょうこ自身の大切な思い出の曲となっている。

このチャンネルでは、今後も子どもから大人まで楽しめるような歌が届けられるとともに、 トークや得意の(?)絵などにも挑戦していく予定だ。 はいだの新たなチャレンジに期待したい。

はいだしょうこコメント

はいだしょうこ

うたのおねえさんを卒業してから10年余り経ちますが、この間、常に感じていたことは「みなさんに歌を届けられる場が減ってしまった」ということでした。コンサートなどに足を運んで下さる方は、たくさんいらっしゃいますが、もっと多くの方に気軽に聴いていただける場を作りたかった。
YouTubeはそれができる場だと感じています。
これから私の大好きな歌をたくさん公開していきます。
また、皆様からのリクエストにもお応えできたらいいなとも思っています。

「はいだしょうこの歌とか、 、 、」

【関連記事】

おすすめの記事