Yahoo! JAPAN

たった1日でも雰囲気を知れて夏の宿泊キャンプの不安が消えた! 1dayサカイクキャンプ参加者の声

サカイク

サカイクでは、夏休みに宿泊ありのサッカーキャンプを実施しています。サッカーの指導に加えて「ライフスキル」を高めるカリキュラムもあり、参加者からは「初対面でも、すぐに友達になれた」「何事にも、前向きにチャレンジできるようになった」などの感想が寄せられています。

サッカースキルに加えて、人として成長する部分のサポートもしているサカイクキャンプ。2022年の5月に「宿泊ありのキャンプは不安」という保護者やお子さんの声にお応えし、サカイクキャンプが体験できる「1dayサカイクキャンプ」を実施しました。

「1dayサカイクキャンプ」に参加したお子さんの保護者は、どんな理由でお子さんをサカイクキャンプに参加させたのでしょうか? 3名のリアルな声をお届けします。
(構成・文:鈴木智之)

 

サカイクキャンプのトレーニングを体験

 

<<【キャンプ参加者の声】たった3日間で自信のついた息子に変わった!

■1dayキャンプ参加の理由は「初対面の子との関係性構築」を体験させるため

1人目は小学3年生のハルマくんです。

ハルマくんは身体が小さく、プレー中に他の子に負けてしまうことがあり、サッカーに対するモチベーションが下がっていました。そんなとき、チームメイトの保護者にサカイクを教えてもらい、1dayサカイクキャンプに参加しました。

お母さんは「クラス替えなどの学校行事で、新しい子たちと一緒になる機会も多いので、初対面の子と関係性が構築できるようになってほしかった」と、参加した理由を教えてくれました。

サカイクキャンプで実施しているライフスキルにも興味があり、お子さんの「聞く力」や「理解力」を高めることが、思考力の向上にもつながると考えているそうです。

「ハルマの宿泊経験は、仲の良い友達とのお泊り会やキャンプ程度ですが、親元を離れることに不安はありません。いずれ親の庇護を離れ、自立しなければならないので、(夏に行われる)2泊のキャンプをきっかけ作りにしたいです。自分の人生を自分で決められる子になってほしいです

 

■人見知りなわが子が初対面の子たちと楽しくできそうか知りたくて1dayを体験

2人目は小学3年生のマコさん。

1dayサカイクキャンプに参加した理由は「人見知りでコミュニケーションが苦手だから」とのこと。所属クラブの中には女子が一人なので、周りの男の子たちと上手く話せないこともあり、「初めて会う子たちと、コミュニケーションをとれるようになってほしい」という、保護者の想いがあったそうです。

宿泊キャンプにも興味があるそうですが、その前に「人見知りなわが子が初めての子たちとサッカーが楽しめるか」を知るために1dayキャンプの体験を決められたようです。

ライフスキルの面では「思考力」に期待してるそうで、「すべてにおいて自分で決められない子で、食事も服も『どうでもいい、ママが決めて』と親任せのことが多いので、自分で決められるようになってほしい」と願いを口にします。

 

■宿泊キャンプの前に指導の雰囲気を感じたかった

最後は小学3年生のカナタくん。

1 dayキャンプに参加した理由は「サカイクキャンプで行っている『褒める指導』が、子どもに合っていると思ったから」と話してくれました。

数か月前までは、子どもより自分の方がサッカーに力を入れていて、荷物も全部保護者が用意して、練習に「行くよ」と連れて行っていたそうです。

ある時、お子さんが「サッカーを辞めたい」と泣いて訴えてきたことから、意識改革が始まります。ハッと気が付き、お子さんへのかかわり方を変えたそうです。

時間がかかっても自分で準備をさせ、自分でサッカーに行くことを見守るようになりました。子どもが泣いて訴えられる子でよかったです。泣かれるまで、サッカーが嫌いになっていたことに気がつきませんでしたから」

チームの指導者は、どうしても言わなければならないことはビシッと言いますが、基本は冷静で怒らないそうで「サカイク/シンキングサッカースクールのように、楽しくプレーさせる指導は、我が子に合っている」と感じているようです。

 

2022年夏サカイクキャンプ参加者募集中!

 

■たった1日でもキャンプの雰囲気を知れたので宿泊キャンプの不安がなくなった

 

お昼ご飯の後はライフスキル講習も行われました

 

今回、話を聞かせてくれた3組の保護者、お子さんに共通するのが「学校で経験する新しい出会いの前に、サッカーを通して、初対面の人と話をする経験をさせたい」という思いです。

サッカーを通じて、初対面の人とコミュニケーションをとることや、ライフスキルに触れることで、お子さんのマインドに変化が現れることに期待する声が聞かれました。

ほかにも、1dayサカイクキャンプを通じて、「トレーニングの様子やコーチの子どもたちへの接し方など、雰囲気を知ることができたので、不安がなくなりました。子どもが希望すれば、夏のキャンプに行かせたいです」というポジティブな意見も多かったです。

 

■自分で考えて決断すること、チャレンジする気持ちを後押ししてくれるキャンプ

今年のサカイク夏キャンプは2泊の日程で行われます。サッカーを通じたコミュニケーション、5つのライフスキルの講習を体験することで、人間的な成長も期待できます。コーチ陣による「ポジティブな指導」を通じて、自分で考えて決断することや、前向きにチャレンジする気持ちを後押ししてくれます。

過去の参加者からは「3日間で、見違えるようにたくましくなった」という声も聞かれ、お子さんが変わるきっかけになるキャンプとして好評を博しています。

興味のある方は、こちらで詳しい内容に触れてみてください。ひと夏の経験として、忘れられない体験ができるとともに、サッカーをもっと好きになってくれることでしょう。

 

2022年夏サカイクキャンプ参加者募集中!」

 

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. かわいすぎ♡AB型の女優人気ランキング

    ランキングー!
  2. 高校野球・人気「強豪校」ランキング

    ランキングー!
  3. 【新登場】デザイン性と機能性を兼ね備えた折りたたみバケツ「RIOSOL キャンピングソフトバケツ」

    ソトコトオンライン
  4. 【大阪】コスモスが見られる絶景スポット10選!名所や穴場を紹介

    PrettyOnline
  5. 飯田橋でお惣菜系パンと言ったらここ! 超老舗パン屋さん【ファリーヌ キムラヤ (Farine Kimuraya)】(東京都千代田区)

    パンめぐ
  6. ガラスに映る朝焼けが、最高に美しい... 江ノ電の「エモすぎる風景」切り取った一枚に反響

    Jタウンネット
  7. 【ちいさくておだやかさ 迫一成展】ちいさな砂時計が醸し出すやさしく穏やかな空間|新潟市中央区

    日刊にいがたWEBタウン情報
  8. 統一教会総裁を“マザームーン”呼びした自民党・山本議員の言い訳に非難轟々…蓮舫氏も苦言「嘘だろ、としか思えない」

    New's Vision
  9. 【ちむどんどん】 ニーニーの"ねずみ講"騒動、和彦の「ヒモ化」疑惑...まだ遠い「ちむどんの夜明け」

    毎日が発見ネット
  10. 鎌倉女子大×湘南モノレール コラボ「弁当包み」、限定発売〈鎌倉市〉

    タウンニュース