Yahoo! JAPAN

「私は私。」芯のある女性店長が叶えた、まるで海辺にある心地の良いカフェ。大森『Cafe slow season』

さんたつ

JR京浜東北線 大森駅から徒歩7分。天祖神社に繋がる階段を右手に、商店街をひたすら真っ直ぐ進むと、カフェ&バーの『Cafe slow season』は見えてくる。 「ゆっくり季節を歩いていく、ゆっくり時季を過ごしていく・・・」という想いが由来だというこのお店には、どのような物語があるのだろうか。

Cafe slow season(カフェ スロー シーズン)

「一歩外に出たら海」をコンセプトにした内装

大きな窓から日差しが入り込む、気持ちの良い店内。

店内は鎌倉に関する雑誌や、海の写真が飾られ、BGMにはギターの音色が心地よいジャック・ジョンソンのメロディーが流れる。入り口の大きな窓も相まって、目をつぶれば波の音が聞こえてきそうな、まさに「海辺にあるカフェ」が再現されている。

「小さい頃から海が好きだった」という店長の佐野さん。今も頻繁に鎌倉など、海のある場所へ行っては買い物やサーフィンを楽しんでいるという。

そんな佐野さんの「海が好き」という気持ちが、このお店には詰まっているのだ。

お昼からお酒も楽しめるランチメニュー

生パスタ、プレートランチ、コーヒーと豊富な取りそろえ。

豊富なメニューの中でもキーマカレーとたっぷりチーズ1200円が看板メニューとなっているが、一番リピート率が高いのは、15種類以上もある生パスタだという。

「休みの日なんかは、お昼からお酒飲む方もいらっしゃいます。」というお話を聞き、早速グラスワインセット(白)400円と、それに合うシラスとあおさのペペロンチーノ950円を注文することにした。

店長の佐野さんは、竹を割ったような性格の持ち主。白ワインを頼む私に「昼間からお酒飲んでいいんですかー?」と言うもんだから、一瞬肝が冷えたのはここだけの話だ。

贅沢にお昼から白ワインをいただく。

まずは白ワインを一口。度数がそんなに高くないおかげか、ワイン独特のキリッとした感じが全くない。ジュースみたい、というと言い過ぎだが、それくらいスッキリとしていて飲みやすい。これなら何杯でも飲めそうだ。

続いて生パスタの方は、麺がモッチモチ。あおさの味がしっかりとしている中にピリッとした辛さがあり、アクセントになっていて、とてもおいしい。こちらも白ワイン同様、さっぱりとした味わいなので、10分もしないうちに完食してしまった。

夜ご飯としてテイクアウトした、厚焼き玉子サンド。

そして、あまりの生パスタのおいしさに、常連さんから大人気だという厚焼き玉子サンド950円を注文。こちらはテイクアウトの場合800円と、少しお得になる。

厚焼きというその名前の通り、挟まれた玉子の厚さはおよそ2cm。食パンと合わせると5cmにもなるサンドイッチは、一口では収まりきらないほどボリューミーな仕上がりだ。

2024年6月には6周年を迎える

カウンター席に置かれた5周年記念のオブジェクト。

『Cafe slow season』は2024年6月で丸6年を迎える。コロナ当時は客足が途絶え、かなり苦しい時期もあったというが、人が来ようが来まいが、ランチは毎日15時まで続けていたという佐野さん。

そんな中でも足を運んでくれたのは、お店に来ては「今日はこれ食べたい!これ作って!」と言ってくる、怖いけどどこか優しいおばあちゃんで、佐野さんとはまるで嫁と姑のような関係だったという。

6周年を迎えられるのも、そんな常連さんのおかげだと言う佐野さんは、そのおばあちゃんが老人ホームに入ることを知った際、感謝の手紙を送ったというエピソードを聞かせてくれた。

「私は私。何事もやってみないとわからない。」

「髪を下ろした方が自分らしいから」と、結んでいた髪を解いて撮影に応じてくれた。

若い頃に自分でお店をやっていた経験から、娘さんが高校に進学したら絶対にまたお店を開くと決めていたという佐野さん。カフェという形は初めてだったため、40代から飲食店でバイトをして仕入れや経営など、カフェをやる上でのノウハウを学んだ。

さらには通信でナチュラルフードの勉強を行っただけでなく、家で何度も料理の試作を重ねた努力の末に、この『Cafe slow season』がある。

OLも経験したことがあるという佐野さんに対し、なぜまたお店をやろうと思ったのか尋ねると「人に雇われるんじゃなくて、自分で好きなようにやってみたかったから。大変だと分かっていたけど、やらずに後悔したくない。私は私。自分はできるという自信があった」という、思わず身が引き締まる、心強い回答をいただいた。

お会いした瞬間からピシッとした空気があり、正直ちょっと怖い人なのかな?とも思っていたのだが、自分の芯がしっかりとした、一人の格好良い女性がそこにはいた。

「自分がせっかちだから、人生ゆっくりしてほしい」という佐野さんの想いが込められた『Cafe slow season』。今度は週末にお酒をいただきに行くとしよう。

Cafe slow season(カフェ スロー シーズン)
住所:東京都大田区山王3-1-1 1F
/営業時間:11:30~14:30・17:30~22:00(日・祝は11:30〜16:00)/定休日:月・火/アクセス:JR京浜東北線大森駅から徒歩7分

取材・文・撮影=SUI

株式会社アステル
編集プロダクション
国内外約300名のトラベルワーカーと共に執筆を行う広告制作プロダクション。各地への取材の機動力とスピードを大切にしています。
2023年からは、フリーランスの方のマネジメントツールの開発にも邁進しています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「うつ」で休職中、復職せずに退職する手順は?休職中にもらえるお金や、同僚の視点でも解説します

    ささえるラボ
  2. 【北区龍田】猫カフェ「にゃんこ茶屋にゃんだまり」が凄かった…!

    肥後ジャーナル
  3. 「『きょうだい児』で母に甘えた記憶がない私。小学生のころ、ぐちゃぐちゃの傷口を見せに保健室へ行ったら...」(愛知県・40代女性)

    Jタウンネット
  4. 愛猫のおもちゃ選びのポイント4つ 子猫、老猫…猫の状態によっても使い分けたほうがいい?

    ねこちゃんホンポ
  5. 1週間違うチョコに出会えるのが想像以上に楽しい!Minimalの食べ比べセット

    おとりよせネット
  6. 【さつまいもで取り合いになるおやつ作っちゃった】スプーンでつぶせばちょうどいい!さつまいもチーズのレシピ

    BuzzFeed Japan
  7. 今年もサンロードでイベント 21日に名張・上本町で

    伊賀タウン情報YOU
  8. 【第28回所沢とことこタワーまつり】ウォークラリーでタワーマンションのまちを散策しよう!

    所沢なび
  9. ムーミンの大人かわいい付録が出たよ♪豪華7点文具セット&高級感ありすぎポーチ開封レビュー!

    ウレぴあ総研
  10. 【2024年】美しさにうっとり!藤が咲き誇る岡山の絶景スポット3選

    岡山観光WEB