【わんちゃんごはん】『春かぶといちごのささみスープ』のレシピ - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

【わんちゃんごはん】『春かぶといちごのささみスープ』のレシピ

わんちゃんホンポ

ビタミンたっぷり!かぶといちごのスープ

おひさまをいっぱいに浴びて育つ、甘酸っぱい露地いちごの美味しい季節ですね。やわらかい春かぶとわんちゃん大好きなささみを合わせて、ビタミンたっぷりのスープにしてみましょう。シンプルな材料で作りやすい『春かぶといちごのささみスープ』のレシピをご紹介致します。

それでは、作ってみましょう

材料

(体重8㎏のわんちゃん約1食分のレシピ)

✔鶏ささみ…2本
✔かぶ…2分の1個
✔いちご…3~4個
✔純りんご酢…小さじ2分の1
✔蜂蜜…適量
✔お好みのハーブ…パセリなどを適量

食べさせる量は、年齢、その日の運動量、食事内容、お腹の調子に合わせて加減してください。アレルギーのある食材を与えないようご注意ください。

作り方

1、ささみを蒸して、食べやすい大きさにほぐす。かぶといちごをすりおろし、すぐにりんご酢と蜂蜜を混ぜておく。

2、器にささみといちごスープを盛り付け、お好みで刻んだハーブをのせたら出来上がり。

このレシピのポイント

季節のフレッシュな野菜とフルーツを味わうわんちゃんごはんです。生で食べられるものは、できるだけその食物の栄養を最大限にいかして楽しみましょう。

甘くやわらかく辛みの少ない今の季節の春かぶと、甘みも酸味も香りもしっかり味の濃い露地いちごのスープ。疲れた心も身体もリフレッシュできる一皿です。

わんちゃんにおすすめの食材

わんちゃんにおすすめの、季節の食材をご紹介致します。

いちご

喉などの粘膜の抵抗力を高め、抗酸化作用も高いビタミンCを豊富に含みます。ビタミンCは水溶性で熱に弱いので、そのまま食べられるいちごはおすすめです。身体にこもった余分な熱を冷まし、身体を潤す働きも。イライラしているときや、リフレッシュしたいときにもおすすめのフルーツです。

かぶ

ビタミンC、カルシウム、消化酵素が多く、食べものが胃腸でスムーズに消化、吸収されるのを助けます。すりおろすなど細胞が壊れることで生成される「イソチオシアネート」には抗酸化作用があり、消化を促し、免疫力を高める作用も。熱に弱いので、加熱せずに生で食べるのがおすすめです。

純りんご酢

クエン酸、リンゴ酸、りんごポリフェノールを豊富に含みます。血をきれいにして、血流を良くする効果もあります。また、ビタミンCの吸収を良くする作用もあります。

蜂蜜

呼吸器や胃腸に潤いを与え、消化を助ける働きもあります。腸の乳酸菌の増殖を助ける有機酸のグルコン酸も含有。疲労回復に効果があります。

まとめ ~いちご色のスープで気持ちまで元気に!~

ご紹介致しましたわんちゃんごはん『春かぶといちごのささみスープ』いかがでしたでしょうか。

春かぶのやわらかくみずみずしい甘み、うっとりするようないちごの甘酸っぱい甘みと香りいっぱいのスープは、ひとくち食べるだけで本当に幸せな気持ちになります。食物の栄養ももちろん大事ですが、それ以上に、香りや風味を味わうことはその季節ならではの楽しみでもあり、気持ちに働きかけてくれるような気がします。

このスープはとても簡単に、気軽に作ることができます。ぜひわんちゃんと共に味わって、元気をチャージしてくださいね!

【関連記事】

おすすめの記事