Yahoo! JAPAN

表参道のおすすめカフェ13店。住宅地に佇む隠れ家的な店から有名アパレルが手掛けるおしゃれカフェまで

さんたつ

ハイブランドのショップが軒を連ね、最新トレンドの発信地として流行に敏感な人々が集まる表参道エリアには、おしゃれでちょっと大人な雰囲気のお店がたくさん。内装や装飾、メニューも個性的で写真映え間違いなしのおしゃれカフェを厳選してご紹介!

DEK 青山(でっくあおやま)

ピンクのケーキに豊富な料理、かわいいおいしい隠れ家カフェ『LOTUS』

どれを食べようか迷ってしまうかわいいケーキたち。

表参道駅から徒歩7分。『LOTUS』は、駒沢で『Bowery Kitchen』を立ち上げ、2000年代のカフェブームを巻き起こしたカリスマ空間プロデューサー・山本宇一氏が手掛けた店だ。

小さな看板がひとつだけと隠れ家的雰囲気とは裏腹に、ショーケースにはカラフルなケーキがずらり。カラースプレーをふんだんに使ったスプリンクルケーキ、色鮮やかなピンクショートケーキ、クマをかたどったショコラケーキと、かわいいがいっぱい! しかもパティシエが腕を振るったケーキは本格的な味わいで、高い評判を呼んでいる。
ジャンルにとらわれない料理の豊富さにも驚く。塩昆布チャーハンもあれば、ゴルゴンゾーラのチキン、ステーキ、中華、定食もある。ここに来ればなんでもある、それが “東京の食堂”を目指した『LOTUS』の最大の魅力。人それぞれ自由に過ごせる、おいしいとワクワクにあふれた空間で、きっとお気に入りの何かが見つかるはずだ。

店奥のテーブル席は落ち着いた雰囲気で過ごせる昔ながらのカフェ空間。
ここが『ロータス』とわかるのはドア上の小さな赤い看板のみ。

『LOTUS』店舗詳細

LOTUS(ろーたす)
住所:東京都渋谷区神宮前4-6-8/営業時間:11:00~23:00/定休日:月/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩7分

食べることでカラダのセルフケアができる『LA MAISON SHIGETA』

サーキュレーションプレート2200円。血の巡りを整えるといわれるキャベツや生姜がたっぷり。

表参道駅から徒歩約6分、オーガニックビューティブランド『SHIGETA』が手掛ける複合施設で、セルフケアサロン、セレクトショップ、カフェで構成される『LA MAISON SHIGETA』。1階は『SHIGETA』の名前を冠した国内唯一のカフェだ。8時から20時までオープンしていて、フレッシュな野菜・果物を使ったドリンクやヴィーガンメニューを味わえる。

人気メニューは、サーキュレーションプレート2200円。農家直送や自然栽培の野菜を20種類以上も使用していて、内容は日替わり。本日のスープ、サーキュレーションコールドプレスジュースSがセットになっている。

ほかに、体の内側から整えるピュアプレート、疲労回復に働きかけるリラックスプレートがあって、QRコードでオンラインカウンセリングをすると、3種のプレートの中から、その日の自分に最適なメニューを提案してくれる。ウェルネスに感心の高い人におすすめだ。

1階のカフェは自然光が差し込む心地よい空間。
ガラス張りで開放感がある。ナチュラルとモダンが融合していてオシャレ。

『LA MAISON SHIGETA』店舗詳細

LA MAISON SHIGETA(ら めぞん しげた)
住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13/営業時間:8:00~19:00LO(ランチは11:30からの提供)/定休日:不定/アクセス:地下鉄明治神宮前駅から徒歩5分、表参道駅から徒歩6分

『ラルフズコーヒー表参道』でいただけるリッキー夫人の濃厚なブラウニー

ほんのり温かいチョコソースをかけていただくラルフズブラウニー&バニラアイス1045円。

表参道駅から徒歩3分、ハイブランドショップが立ち並ぶケヤキ並木沿いにある『ラルフズコーヒー』。人気アパレルブランド『ラルフローレン』に併設するカフェだ。アメリカンクラシックなブランドを表すような、ブラウニーやキャロットケーキといった古き良きアメリカのお菓子や香り高いコーヒーが味わえる。

人気のコーヒー、ラルフズローストブレンドは環境に配慮した農業に専念するエキスパートが育てた、シルキーな舌触りとほどよい酸味があるアロマブレンド。

このコーヒーに合わせるなら、ラルフ・ローレンの妻・リッキーさんのご実家で代々引き継がれている秘伝のレシピを再現しているラルフズブラウニーがおすすめだ。生チョコのようにもっちりと濃厚で、中にはナッツがぎっしり。ほんのり温かくややビターなチョコソースをかけることで、さらに濃厚さが増す。これはチョコ好きにはたまらないぞ。ひんやりとしたバニラアイスを一緒に食べれば、ミルキーさと甘さが加わってまた別のおいしさになる。

天井が高くさらに壁に鏡が多用されているせいか開放感がある。
緑の屋根がカフェの入り口。隣の紺の屋根はアパレルショップの入り口。

『ラルフズ コーヒー 表参道』店舗詳細

ラルフズ コーヒー 表参道(らるふず こーひー おもてさんどう)
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-15/営業時間:10:00~19:00/定休日:不定/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩3分

『F&P SMOOTHIE CAFE』の本物の野菜や果物をたっぷり使ったスムージー

スムージーストロベリーバナナ748円(テイクアウト734円)。

表参道駅から徒歩3分。青山学院大学の向かいにある商業ビル1階の木のベンチが目印の『F&P SMOOTHIE CAFE』は、本物の野菜や果物をたっぷり使い、おいしくてカラダにうれしいファストフードを提供しているカフェだ。

メニューは実に多彩で、17種のスムージー、5種のサンドイッチ、5種のサラダ、スムージーボウルやオートミールとよりどりみどり。とくに健康面を意識した女性客には、グラノーラスムージーボウルと温かいスムージーが乗ったオートミールボウルが人気だ。スムージーはすべてホットにできるというのがありがたい。さらにナッツ類やドライフルーツなど22種のブースターオプションもあるので、デトックスや美肌、ビタミン補給といった自分好みにカスタマイズできる。

オリジナルの黒はちみつパンを使用したサンドイッチには肉や魚、脂質が高いと敬遠されがちなバターやチーズも盛り込みつつも、栄養バランスがよくておいしいものを提供することにこだわっている。

ずっしりと重いF&Pサンド946円(テイクアウト928円)。
木やグリーンの雰囲気がナチュラル感たっぷり。

『F&P SMOOTHIE CAFE』店舗詳細

F&P SMOOTHIE CAFE(えふあんどぴーすむーじーかふぇ)
住所:東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル1F/営業時間:8:00〜21:00/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩3分

海外のリゾートみたいな開放感!『&t cafe 表参道』でリラックス

アツアツのフレンチトーストにひえひえのバニラアイスをON!

表参道駅A2出口から7分ほど歩いていくと、閑静な住宅街のなかにカフェ『&t cafe 表参道』がある。白を基調にした店内は、オーナーが旅したギリシャの街並みからインスピレーションを受けている。自然光がたっぷり入るウッドデッキには大きなヤシやシュロの木、サボテンなどの多肉植物がワッシワッシと茂っていてリゾートにあるカフェのようだ。

メニューは無農薬や有機にこだわった食材と調味料を使い、丁寧に作られたものばかり。人気メニューはカレーやサンドイッチ、サラダ。シンプルでもオリジナリティがあり、どれもできる限り手作りしているところに好感がもてる。

たとえばフレンチトーストもしかり。卵や牛乳などに一晩漬け込んだ食パンを鉄板で焼くのだが、仕上げに三温糖と水を煮詰めたフライパンにフレンチトーストを入れ、全体をキャラメリゼしている。外は甘くほろ苦いキャラメルがカリッとしていて、中は卵と牛乳がたっぷり浸っていてふんわり。上に乗せたバニラアイスが溶けてきて三位一体になる。

天井が高く、ゆったりした空間でくつろげる。
住宅地の細い路地を入った先にある。白い壁に青いドアが爽やか。

『&t cafe 表参道』店舗詳細

&t cafe 表参道(あんどてぃーかふぇおもてさんどう)
住所:東京都渋谷区神宮前4-22-8 LEAF表参道1F/営業時間:11:00〜18:00LO/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩7分

『ゴントラン シェリエ 青山店』のスペシャリテは音までおいしいクロワッサン

クロワッサン330円、パン オ ショコラ ダマンド528円、カフェラテ715円。

表参道駅から徒歩3分ほど。洗練されたショップが並ぶ国道246号線沿いだが、外観の鮮やかなイエローがひときわ目を引くブーランジェリー『ゴントラン シェリエ 青山店』。パリ・ノルマンディの老舗ベーカリーの4代目、ゴントラン・シェリエさんの店だ。ゴントランさんは、母国ではさまざまなレシピ本を出版しテレビに出演もする、いわゆる“鉄人”クラスの人気シェフなのだ。

1階にはパンを焼く大きなオーブンを備え、ケースに並べられたできたてのパンやサンドイッチ、ケーキなどを購入できる。テイクアウトだけでなく外のテラス席で食べることもできる。

2階はカフェになっており、パリスタイルのモーニングや、パンとともに楽しめるライトミールを提供している。とくに朝の8時半から11時までやっているモーニングが人気。パリッパリの食感がひと味ちがうバゲットとスペシャリテのクロワッサンかパン・オ・ショコラ、大きなサイズのカフェオレ、オレンジジュースがついてくるパリらしい朝食セットは一度ご賞味あれ。

自然光がたっぷり入る明るい店内。イエローのランチョンマットが木目に映える。
パリの街角にありそうな外観。青山学院大学正門の向かいにある。

『ゴントラン シェリエ 青山店』店舗詳細

ゴントラン シェリエ 青山店(ごんとらん しぇりえ あおやまてん)
住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山1・2F/営業時間:7:30〜19:30/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩3分

差し入れにも喜ばれる『good day for you Tokyo Aoyama』のスコーン

スコーン362円とプレーンチーズケーキ436円、天空のコーヒー700円。

表参道駅を出て国道246号線を歩くこと3分。洗練されたカフェやブランドショップなどが並ぶなかに『good day for you Tokyo Aoyama』がある。

外観のパステルカラーとは裏腹に、店内は木目調の落ち着いたトーンだ。2階には工場が併設され、テイクアウトはもちろん店内で作りたてのチーズケーキやスコーンがいただける。

1階のガラスケースにはチーズケーキとスコーン、サンドイッチがバラエティ豊かに取り揃えられている。スコーンは常時8種に加え期間限定が数種あり、差し入れやお持たせにも喜ばれそう。

生地の一部に発酵バターを使用し、ハチミツや練乳などを入れ風味豊かに仕上げたスコーンは、材料の配合を調整しクリームをつけなくても食べやすいように設計してある。サクッとしているけど口の中ですぐ崩れていく不思議な食感。

口当たりが優しく苦味と酸味がいいバランスの天空のコーヒーには、レモンがたっぷり入って口溶けのいいチーズケーキがぴったりだ。

店内は落ち着いたトーンで統一されている。
ヨーロッパの街にありそうな洗練された店舗。

『good day for you Tokyo Aoyama』店舗詳細

good day for you Tokyo Aoyama(ぐっでいふぉーゆーとうきょうあおやま)
住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山1F/営業時間:8:30〜20:00(土・日・祝10:00〜19:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩3分

スターバックスコーヒー創立メンバーが手がけるカフェ『ERIC ROSE』

カフェラテ700円、チョコチップバナナマフィン580円。

表参道駅から徒歩5分、木の温もりが感じられる複合施設『ののあおやま』に、スターバックスコーヒーの創業メンバーであるエリック・ローズ氏が手がけた『MORNING GLASS COFFEE+CAFE』の新業態カフェ、『ERIC ROSE』がある。

店内に入ると、木を多用したナチュラル感がハワイっぽい。“コーヒーもフードもおいしく、なおかつ地域のコミュニティの場となるようなカフェ”というコンセプトを取り入れ、北青山で働く人たちを中心に愛されている。

なかでもコーヒー豆の品質には徹底的にこだわり、焙煎してから2週間以内の豆しか使わないというルールを設けている。中浅煎りのフレッシュな豆を挽いてエスプレッソを淹れ、たっぷりのミルクを注いで仕上げるカフェラテは、あっさりとしながらも華やかな香り。カフェラテの表面に描かれるアートも美しい。

オーダーしてから軽く温めてくれるチョコチップバナナマフィンは、しっとりとした生地にトロピカルなバナナがふんわり香る。マフィンは温めてあるので、チョコが絶妙にトロッとやわらかくなっているところがニクイ。

シンプルでナチュラルな店内は、1人でも落ち着ける。
晴れた日は風が心地よいオープンテラスに。

『ERIC ROSE』店舗詳細

ERIC ROSE(エリックローズ)
住所:東京都港区北青山3-4-3/営業時間:9:00~18:00LO(フード)・18:30LO(エスプレッソ)、18:45LO(ソフトドリンク)/定休日:不定/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩5分

『Nicolai Bergmann NOMU』の春の花壇みたいに華やかなデンマークのオープンサンド

スモーブローとドリンクのセット2800円。紅茶はティーポットで提供される。

表参道駅から徒歩2分。フラワーデザイナー、ニコライ・バーグマンのフラワーショップ『Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store』。そこに併設されているカフェ『Nicolai Bergmann NOMU』は、緑と花に囲まれた心地よい空間。店内に入ると花の香りが漂う。
デンマークには居心地の良さや小さな幸せを大切にするという心の持ち方を表す“ヒュッゲ(HYGEE)”という言葉があるが、各テーブルに生けられた花やゆらめくキャンドルの光は、ニコライさんらしいヒュッゲ。とても穏やかで、心地よい。

人気メニューのスモーブローは、デンマークのオープンサンドイッチ。デンマーク風種子入りライブレッドをナイフで切ってみると、思った以上にずっしりとしている。香りのいいパンに風味のいいサーモンやエッグのサラダが調和し、ハーブやスパイスがふんわりと香る。春の花壇のようにキレイで、さまざまなフレーバーが入り混じり、味わいも華やかだ。

各テーブルにはフレッシュフラワーが惜しげもなく飾られている。
エントランスでは四季折々の花が迎えてくれる。

『Nicolai Bergmann NOMU』店舗詳細

Nicolai Bergmann NOMU(ニコライ バーグマン ノム)
住所:東京都港区南青山5-7-2/営業時間:10:00~18:30LO/定休日:不定/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩2分

おしゃべりが弾む『Café Kitsuné Aoyama』は日仏融合の洗練された味わい

ショートケーキ900円。どこを切ってもいちごとクリームが入っていてうれしい。

表参道駅から歩くこと4分のところにある『Café Kitsuné Aoyama』。ここは人気アパレルブランド『Maison Kitsuné』が運営するカフェ。
提供するメニューはどれも本気度が高い。厳選した豆をパリと岡山にある自社のロースタリーで焙煎したこだわりのコーヒーと、店内でパティシエがひとつずつ作るケーキやサンドイッチが人気で、ブランドのルーツであるフランスと日本からヒントを得たメニューが並んでいる。

クリームに練乳を混ぜ軽い食感を生み出したショートケーキは、オープン当初からの人気メニュー。苦味がありつつ、酸味がアクセントになっているカフェラテにもぴったりだ。一方、キツネブレンドロールケーキは、エスプレッソと白のふたつのクリームや、しっとりとしたカラメル風味の生地がほろ苦く甘さ控えめでペロリといける。甘いものとコーヒーをしっかり味わいたいから店内ではパソコンを閉じて、本店があるパリっ子たちのように会話を楽しもう。

和のテイストを盛り込んだおしゃれな内装はパリの街角にありそうな雰囲気。
個性的なカフェやアパレルショップが並ぶエリアの一角にある。

『Café Kitsuné Aoyama』店舗詳細

Café Kitsuné Aoyama(カフェキツネアオヤマ)
住所:東京都港区南青山3-15-9/営業時間:10:00~19:00/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩4分

『青山フラワーマーケット グリーンハウス』の温室のような空間で優雅にティータイム

花かんむりのフレンチトースト1485円とフレッシュハーブティー935円。

表参道駅から徒歩4分ほど。骨董通りから路地に入ると、大木とベンチが見える。施設の右手にあるのが緑と花の香りで迎えてくれるカフェ、『青山フラワーマーケット グリーンハウス』だ。温室をテーマにした店内はポトスが張り巡らされ、各テーブルには可憐なバラが飾られている。

花と同様に土から生まれる食材にこだわり、ビーフシチュ-やオムライス、フレンチトーストなどカジュアルなメニューが揃っている。また、エディブルフラワーやハーブを多用し、見た目も楽しい。

フレッシュハーブティーは、鮮度のいいハーブに熱湯を注いだだけなのに、さわやかな香りでまろやかな味。ハチミツを入れるとさらに風味がアップしてハーブの爽やかさが口いっぱいに広がっていく。

花かんむりのフレンチトーストは、ひとつひとつトッピングがアレンジされ味わいに変化がある。外はカリッ、中はしっとりの食感もクセになる。

テーブルは温室の中の畝のように配置し、旬の花を飾る。
併設の『青山フラワーマーケット 南青山本店』でもさまざまな季節の花を購入できる。

『青山フラワーマーケット グリーンハウス』店舗詳細

青山フラワーマーケット グリーンハウス
住所:東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山1F/営業時間:10:00〜21:00(フード20:00LO、ドリンクLO20:30LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩4分

『i2 CAFE』のまるでシュー生地のような食感のダッチベイビー

キャラメルバナナナッツSサイズ1300円(Mサイズ1500)、エスプレッソ400円。

表参道駅から徒歩5分。国道246号線から細い路地に入り、どんどん奥へ進んで行くと突如現れる、こんもりとした森のような緑に囲まれたビルにたどり着く。ここにある『i2 CAFE』は、店内も緑と木を基調にしていて落ち着ける空間だ。

店の名物は軽い食感のパンケーキ、ダッチベイビー。シュー生地とクレープを足して2で割ったような独特の食感が特徴的。タテに割りキャラメリゼされたバナナがドーンと乗っているキャラメルバナナナッツは、視覚的にも興味をそそられる。

まずはバナナを食べてみると、パリッとした飴状になりほろ苦くも甘いキャラメルが、完熟してねっとりとしたバナナとマッチ。生地は焼きたてなので外はアツアツ、バナナや中のバニラアイスはひんやりとして温度差もごちそうのうち。どんどん食べすすめていくうちにバニラアイスとキャラメルソースが染み込み、バナナ、ナッツと相まって心地よいハーモニーを生み出している。オーダーしてからダッチベイビーを焼くので約20分がかかるが、それでもまた食べたくなる。

店内にも緑があふれ、落ち着いたアンティーク調のインテリアが並ぶ。
花や緑に囲まれた入り口。のびのびとした草木の様子はまるでジャングルのようだ。

『i2 cafe』店舗詳細

i2 CAFE(アイツーカフェ)
住所:東京都港区南青山3-9-1 Ablim1F/営業時間:8:00〜17:00/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩5分

青果の目利き×料理人が旬の極上を提供『DEK 青山』の一皿に悶絶必至

苺とブラータチーズ2400円、ランテーションアイスティー800円。

表参道駅から徒歩4分、青山の閑静な路地裏にある『DEK 青山』は、国産の野菜や果物をふんだんに使用したメニューが味わえるレストラン。大田市場の隣にある青果の仲卸が運営しているだけに、バイヤーの鋭い目でそのとき最もおいしい素材を吟味している。

レストランは2つの顔を持つ。1階は大きなアイランドキッチンが特徴的でモーニングからディナーまでカジュアルなメニューを提供する『DEK KITCHEN』、2階はディナーとアフタヌーンティーのみ営業の『DEK DINING』。

さっそく苺とブラータチーズをオーダー。ブラータチーズにナイフを入れると、中からとろ~りと生クリームが出てきた。ミルキーなチーズと甘酸っぱいイチゴ、スパイシーなブラックペッパーとやさしい塩味。これらすべてをフルーティーなエキストラバージンオイルが包み込む傑作だ。

肉料理やパスタにもたっぷりと野菜や果物が加えられているというから、いつ来ても新しい感動が得られそうだ。

天井が高く、大きな窓から自然の風や光が差し込む。
ウッドデッキを備え、心地よいシチュエーションにある。

『DEK 青山』店舗詳細

DEK 青山(でっくあおやま)
住所:東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山1・2F/営業時間:1F 9:00〜21:00LO(土・日・祝は8:00〜20:00LO)
2F 18:00〜22:00(土・日・祝は17:00〜21:00)※1時間ごとの3部制。要予約/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩4分

取材・文・撮影=丸山美紀(アート・サプライ)、パンチ広沢、大熊美智代、小竹美沙

【関連記事】

おすすめの記事