Yahoo! JAPAN

川崎市人口 4カ月連続で減少 コロナ禍、転出増が一因〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

4カ月連続で減少

川崎市はこのほど、1月1日時点の市の人口を公表。前月から527人減の153万8825人で、10月から4カ月連続の減少となった。

12月中の人口の動きをみると、出生や死亡に伴う自然動態は126人減。転入や転出による社会動態は401人減となっている。区別では、川崎区は348人減、中原区196人減、高津区189人減、宮前区71人減、多摩区284人減、麻生区5人減。幸区のみ566人増加した。

川崎市は昨年6月から転出者数が転入者数を上回り、社会動態の減少が続く。市担当者は「コロナ禍での働き方の変化や、地価の高騰などの複合的な要因が考えられる」と分析する。東京都世田谷区や大田区などの都心部でも同様に、人口が減少している。一方、藤沢市や大和市などの郊外では人口が増加傾向にあるという。

市の人口は転入者の増加や安定的な出生数で2017年に150万人を突破。21年5月には154万人超となった。昨年4月に市が公表した将来人口推計では、25年に158万人超と示されている。市担当者は「推計は中長期的な状況を鑑みてのものだが、減少傾向が続けば更新も検討の余地がある。引き続き、人口動態を注視していく」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事