Yahoo! JAPAN

激うまメニューが完成! 乳酸菌、食物繊維もとれるキムチを使ったアレンジレシピ3品

FYTTE

激うまメニューが完成! 乳酸菌、食物繊維もとれるキムチを使ったアレンジレシピ3品

野菜と和えるなど、おなじみキムチもいつもの副菜から、入れ方しだいで激うまメニューが完成! 料理初心者でも簡単にできるので作ってみてください。今回は、人気料理家・管理栄養士のエダジュンさんのレシピより、キムチを使った簡単レシピ3つをご紹介します。

切って、混ぜるだけ「ミニトマトとキムチのごま和え」

<材料 1〜2人分>
・ミニトマト 1パック(約14個分)
・キムチ漬け 100g
・ごま油 小さじ1
・すりごま(白) 小さじ2

<作り方>
1.ミニトマトは半分に切る。キムチは粗めにきざむ。
2.全材料を和える。

栄養素を効率よく摂取!「桜えびとキムチのスンドゥブみそ汁」

<材料 作りやすい分量>
・桜えび 大さじ1
・和風だし汁 400ml
・キムチ(※お好みで刻んでもOK) 50g
・みそ 小さじ2
・おぼろ豆腐 100g
・卵黄 とろろ昆布 いりごま(白) 各お好み量

<作り方>
1.桜えびは粗めに切る。
2.鍋に和風だし汁、(1)の桜えび、キムチを入れて温める。沸騰寸前に弱火にし、みそを溶き入れ、スプーンなどでおぼろ豆腐をすくい入れる。
3.食べる直前にとろろ昆布、卵黄、いりごまをのせる。

大満足で低カロリー!「サバ缶とキムチのコク旨パスタ」

<材料 1〜2人分>
・スパゲッティー 1束(100g)
・サバ缶(みそ味) 1缶(150g)
・キムチ(市販) 50g
・しょうが(みじん切り) 1/2かけ(7g)
・ごま油 小さじ2
・小ねぎ(小口切り) 2本

<作り方>
1.スパゲッティーは塩を加えた熱湯でゆでる。パッケージの規定の時間より1分早くとり出す。
2.フライパンにごま油をひき、中火でしょうがを炒める。しょうがの香りがたったら、サバ缶を汁ごと入れて、ヘラなどで具材を崩しながら炒める。
3.(2)に(1)のスパゲッティーを入れて、具材とからめて、キムチを入れてサッと和える。
4.器に(3)を盛りつけて、小ねぎをふりかける。

いかがでしたか。
キムチには乳酸菌、食物繊維が豊富に含まれています。また100gあたり、46kcalとヘルシーでダイエット中のおかずにはピッタリ! パスタやチャーハン、汁ものに入れたり、活用の仕方でいろんな味が楽しめます。

FYTTEには、ほかにもいろんなレシピが載っています。
ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事】

おすすめの記事