Yahoo! JAPAN

「爽やか」な51点並ぶ 三水会が成果披露〈川崎市麻生区〉

タウンニュース

自身の作品を指す上森さん

市民サークル「三水会」が11月24日まで麻生市民ギャラリーで作品展を行った。

自動車のデザイナーだった上森三彰さん(85)=王禅寺東在住=が講師を務め、70代から80代を中心に25人が所属する同サークル。作品展は6回目で、静物画や、月に一度のスケッチ会で描かれた作品など51点が並んだ。6日間の会期で540人が来場した。

「わかりやすく、気持ちが爽やかになるような絵」が同会のコンセプト。スケッチ会では、麻生区内外の場所を訪れ、実際に自然を見ながら絵を描く。上森さんは「会員も作品もいきいきしている秘訣は、仲間がいて、自然の中で描いているから」と笑顔で語った。

【関連記事】

おすすめの記事