Yahoo! JAPAN

【大井記念】帝王賞を賭けての熱い戦い! 過去8年データから勝ち馬を炙り出せ!!

ラブすぽ

【大井記念】帝王賞を賭けての熱い戦い! 過去8年データから勝ち馬を炙り出せ!!

大井記念でミューチャリーは史上3頭目の連覇を達成出来るのか!?

今週末には全ホースマンが夢見る「日本ダービー」が開催されるが、その前に南関東競馬ではダートの上半期総決算レース「帝王賞」の出走権を賭けての戦い「大井記念」が開催される。

この「大井記念」。半世紀を超える歴史ある伝統レースであり、賞金も地方重賞の中でトップクラスの1着3200万円誇るビッグレースである。

そこで、このビッグレースを勝つ馬を過去8年のデータから炙り出していく!!(2014年から距離が2600mから2000mへ変更されているため8年のデータを参考)

1,馬齢別

6歳が3勝でトップの成績をあげ、これに4歳と7歳が2勝で続いている。

8歳以上のベテラン馬は未勝利で3着が2回だけと厳しいデータがある。

今回も⑦ノーブルサターン、⑧ノンコノユメ、と有力馬がいるが、1着候補からは見送るのがよいだろう。

2,ブリリアントカップ組

前走ブリリアントカップで好走した馬が、大井記念では結果を残してきている。

過去8年でブリリアントを勝った馬が連勝で大井記念を制したのが4頭。

4着以内と好走した馬が8年間で6頭も優勝していることからも、ブリリアントカップの上位組は信頼していいだろう。

今年は、ブリリアントカップを勝った③ロードゴラッソ、2着⑬セイカメテオポリス、3着⑧ノンコノユメ、4着⑪フィアットルクスが出走を予定している。

3,枠番別

過去8年で、3着以内すら出していない枠が存在している。その枠は6枠である。この枠に入った⑩アールスターと⑪フィアットルクスとって嫌なデータである。

その他に勝ち馬を出していない枠として2枠、7枠がある。

その逆で3枠、4枠、8枠が2勝ずつでトップの成績を挙げている。

4,所属別

大井所属組が断トツの5勝を挙げ、続いて船橋組が3勝で続いている。

浦和組は勝ち馬こそ出ていないが、2着4回、3着2回と好走している。

その逆で一度も3着以内に入ったことのないのが川崎組である。今年は③ロードゴラッソがジンクスを破ってくれる可能性もあるが、データ的には川崎所属には割引が必要である。

以上のデータから勝ち馬は6歳で大井所属、8枠に入った⑮ミューチャリーと見た!!

果たして、ミューチャリーは3頭目の大井記念連覇達成となるか!?

発走は、5月25日の大井競馬場11レース、20時10分予定。

【関連記事】

おすすめの記事