Yahoo! JAPAN

ナイトシーバスゲームで15尾手中 85cmマルに60cmヒラも【熊本・天草】

TSURINEWS

ライトタックルで釣った85cmシーバス(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

熊本県天草市の通詞島へシーバスを狙って釣行。堤防先端内側で良型のマル&ヒラスズキを計15尾キャッチすることができたので、リポートしたい。

通詞島でシーバスゲーム

4月18日、午後10時に熊本県天草市の通詞島に到着。シーバス狙いで堤防先端に向かう。犬走りの方で釣ってる人にあいさつし、反対側の内側に入らせてもらう。

ボイルが確認できているので、すぐにタックル準備。使用するタックルは、ロッドはエンカウター106MH、リールはSWストラディック5000XG、PEライン1.2号にリーダー5号、ジグヘッドに静ヘッド16g、ワームはフラットジャンキー(イワシ)。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

準備し終わり、期待の1投目!「お~バイトするやん」。6投目でようやく待望のシーバスがヒット!70cmクラスで、次を狙う!

バイブレーションで60cmヒラスズキ

「ん~、あれなんだ?マルスズキと一緒に浮いてるな~。あ!食った!」。暴れる魚をゴボウ抜きし、ライトを当てると「あらま、ヒラスズキ(セイゴ)やん。もしかしてあれ全部?」。珍しくヒラスズキが姿を現し、表層近くでエサを捕食している。

だが、ルアーにも小型のピンテールワームにも反応せず、反応するのはフラットジャンキーのみ……。

シーバスを追加していると、流れが当たる堤防先端に小規模な小魚の群れが。「イワシか?バイブレーション投げたら反応しないかな?」。

ルアーをレンジバイブ70ES(イワシ)に替えて1投目、堤防先端をかすめるように引いてくると……「ゴッ!」「うぉ~!下から食い上げてきたー!」「ジッジィィー!」「まぁまぁ!でもシルエットからしてシーバスやないぞ?」。

プロポーションのいいヒラスズキ60cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

暴れる魚を弱らせ、ネットイン!ライトを当てると、60cmオーバーの厚みの、幅が申し分ない立派なヒラスズキ!「ん~、磯でもなかなか見かけないナイスプロポーションやな」。ルアー丸のみでエラを傷つけていたので、これは持ち帰ることに。

ライトタックルで85cmキャッチ

またルアーをワームに替えて数釣りを楽しんだが、潮が変わり大苦戦。下げ始めて2時間バイトがなく、シーバスも沈んでいたんで、ここでエギングロッドでライトな仕掛けに変更。

ロッドはロンギヌス8.3ft、リールはSWストラディックC3000HG、PEライン0.8号にリーダー3号、静ヘッド7gにワーム(イワシ)をセット。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

ちょい投げし、カウント5秒で巻き始めると「コッ」「乗った~!」「ジッッジィィィイイー!」。掛かる魚がデカいので、このラインシステムだとフルロック勝負はできないので、最初からドラグを緩めで掛かってから締めていく。「ん~デカすぎ(笑)。今日一か?」。

ロッドがぶち曲がり、夜の堤防にドラグが鳴り響く!「まだ弱らない?ライトタックルでやるんじゃなかったかな~」。

ぼやきながらやり取りしていると、やっと弱ってくれて無事ネットイン!計測すると85cm!「ん、アベレージ!なかなかエキサイティングだったな」。

その後も手を替え品を替え、気付けば15尾をキャッチ!マルスズキとヒラスズキの割合もほぼ同じとなり、面白い釣行となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postナイトシーバスゲームで15尾手中 85cmマルに60cmヒラも【熊本・天草】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事