Yahoo! JAPAN

高橋真麻、肩の凝りすぎで片頭痛が再発「吐き気までしていた」

アメーバニュース

高橋真麻、肩の凝りすぎで片頭痛が再発「吐き気までしていた」

フリーアナウンサーの高橋真麻が29日に自身のアメブロを更新。肩凝りが原因で片頭痛になっていたことを明かした。

この日、高橋は「今日は母と娘と三世代で買い物の予定でしたが、朝から偏頭痛がひどく 吐き気までしていたのでキャンセルし、寝ておりました」(原文ママ)と体調が優れなかったことを説明。その後「母が様子を見に来まして 少し良くなったので、行くことに」と改めて外出したことを報告した。

続けて「産後初めてのデパート。娘にとっても初めてのデパートです」と娘を抱っこしながらウィンドウショッピングする様子を写真で公開。「今まで娘のものはネットで買っていましたが、やはり実際見るとデパートは良いものが揃っておりますな~」と感心した様子でつづった。

また、その後に更新したブログでは「楽しく買い物しました」と述べるも、帰りのタクシーで片頭痛が再発したこをと明かし「こりゃダメだ と数年ぶりに針マッサージ師さんをお願いしました」(原文ママ)と自宅で鍼治療を受けたことを説明。マッサージ師からは「こり過ぎ」と言われたといい、「確かに家事、育児、仕事 で手一杯で自分のケアを忘れておりました。前にマッサージなんていつ行ったか覚えていない位…」と回想。「また辛くなったらお願いしようと思います」とつづり、ブログを締めくくった。

これに対し読者からは「大変でしたね」「いつも頑張っておられるから疲れが出たのでしょうね」「小さいお子さんがいらっしゃると、ご自分の事は後回しになってしまいますよね」「ママの身体も気を付けてメンテナンスをしてくださいね」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事