Yahoo! JAPAN

初めての釣りは「船釣り」で決まり:入門には夏のマダコ釣りが最適

TSURINEWS

船マダコ釣りの風景(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

兵庫・明石といえばブランドの「明石ダコ」が有名だが、実は船釣りで簡単に狙うことができるのだ。釣りデビューに最適な理由を説明していこう。

船マダコ釣りは初心者にオススメ

船のマダコ釣りの基本は、重めのオモリとタコエギやスッテと呼ばれるアイテムを使って、底をズルズルと引きずるだけ。他の魚のように釣るタナを考えたり、小さなアタリを取らなければ釣れない…といったことはありません。

ズルズルと引きずっている中で、ちょんちょんとタコを誘っていると、タコが乗ってきて、海底にでも引っ掛かったかのように重くなるので、アタリを見逃すこともありません。そして、タコが掛かれば一気に巻き上げるだけ…と、釣り動作がすべて明解なのが初めての人にもオススメする理由です。

マダコ釣りの魅力

まず、マダコ釣りの魅力を解説しましょう。

マダコ独特の「重み」

タコが仕掛けに乗ってきた時に、グーンと重くなります。その時に竿をあおってハリをタコに掛けた瞬間、ズシーンと重量感が乗り、竿が大きく曲がり込みます。この重量感こそ、マダコ釣りの魅力であり、たまらない快感となります。

狙うタコは高級食材

そして、ターゲットとなる明石のマダコが非常に魅力なのです。スーパーの鮮魚売り場を見ると、海外産のタコでもかなり高値で売られています。これが国産、そして明石産のマダコともなると、かなり高級な食材です。そんなマダコが比較的簡単に入手でき、数も釣れることが多々あります。そんなマダコ釣りは、あらゆる釣りの中でも、コスパ抜群の釣りと言えます。

ブランドとして知られる明石のマダコ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

エギを揃えるのも楽しい

現在のタコ釣り必須アイテムであるタコエギやスッテはカラーも豊富に発売されていて、いろいろな色を揃えると、タックルボックスが色とりどりになって見ているだけでも楽しいものです。

色とりどりのアイテム(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

購入時に色に迷ったら、まずは白、黄色、緑の3色を揃えましょう。さらに余裕があれば、後は系統をかえた色合いのエギを追加すると良いでしょう。

また、エギやスッテは現在では2本、3本を同時に付けてアピール力を上げたり、違うカラーを組み合わせることで乗りをよくするなどの工夫もされています。

関西の代表的な釣り場

淡路島と本州の間で細くなった海域が明石海峡です。海水の通り道が狭くなっている分、潮の干満でできる瀬戸内海と大阪湾の潮の行き来が激しく、古くから急潮で知られる漁場です。

マダコ釣り場の特徴は、海底に石などの起伏が多く、マダコのエサとなるカニや甲殻類が非常に豊富な点でしょう。豊富なエサをふんだんに食べ、急潮の下で育った明石ダコの特徴は腕が太く筋肉質。そして、甘みやうま味が非常に濃いことから高級ブランドマダコとして知られています。

レンタルタックルも充実

また、ビギナーの乗船割合が多いこともあって、竿やリールがセットになったレンタルタックルも揃えている船がほとんどなので、最初はすべてレンタルタックルで試してみてもいいでしょう。ただし、乗船料金とは別に、1000~2000円程度のレンタル料が必要となります。

現在、マダコ釣りの主流となっているのが、タコエギやスッテをと呼ばれる、エサを使わない擬似エサを用いた釣りです。扱いやすい2m前後の竿に道糸はPEライン2~3号を巻いた両軸リールを使います。

エギやスッテなど(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

必要な小物としてはオモリとエギやスッテ、道糸を接続するためアイテムです。トリプルスナップやツインサルカン、トリプルサルカンと呼ばれて、釣具店のタコ釣りコーナーに行けばすぐに分かります。

オモリは船で統一の号数を使うので、事前に船宿に問い合わせて用意しましょう。明石の漁場では40~60号と言ったところです。実はタコ釣りに必要な釣り具はこれだけで、仕掛けも非常にシンプルです。

特殊なスナップサルカンを使用(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

マダコ釣りでの注意点

マダコ釣りをする上での注意点はいくつかあります。

漁業権が設定されている

明石に限らず、マダコ釣りは遊漁も職漁もエリアが設定されています。資源保護の観点からも、マダコには第1種共同漁業権が設定されており、細かなルールが設定されています。

組合員、非組合員でマダコを採ってもよいエリアや時期が制限されています。船でマダコを釣りに行く場合は、組合に加盟している遊漁船を選ぶことが第一歩です。

あまり糸を出さない

次に釣り方についての注意点。タコ釣りは比較的浅い場所ですることが多いですが、潮が速いことも多く、そんな場所では糸を出していくといくらでも糸が出ていきます。そこで、最初に仕掛けが海底に着いたらできるだけ、それ以上は糸を出さないことを心がけましょう。

掛かったら糸を緩めない

釣り上げる最中の注意点です。けっこうな重量感が竿に乗ってきますが、できればゆっくりでも良いので、一定の速度でしっかりとリールのハンドルを巻いてください。止めたり、緩めたりすると、タコは自分でハリを外して逃げてしまいます。

一定の速度で巻き続ける(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

あちこちに引っ付く

次が釣り上げた直後です。マダコは釣り上げると、とにかく吸盤であちこちに引っ付き、なかなか剥がれません。少し大きなタコになると、とうてい人の力では何ともなりません。よく見かけるのが、タコを釣ったエギをつかんでタコを剥がそうとするシーンですが、これはエギの破損に繋がるため止めておきましょう。

そんな時は、一度手を離して放置します。タコが動き出した瞬間を狙って、素早く力強く掴んで持ち上げると比較的簡単に剥がすことができます。

タコ釣りの便利アイテム

釣れたタコはすぐにクーラーボックスなどには入れません。釣り船に設置されている、個人イケスなどに入れることが多く、洗濯用のネットや専用のタコを入れるネットを利用します。100均ショップで売られているランドリーネットが便利です。

タコ用の入れ物(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

タコを入れてファスナーをしっかり閉めて、タコを閉じこめてイケスの中に入れておきます。次にタコが釣れたらネットをイケスから上げて、ファスナーを開けてタコを入れていきます。

釣りが終わればタコはまとめてクーラーボックスに入れますが、ネットのままクーラーボックスに入れて持ちかえる人や、1パイずつ目と目の間に包丁を入れて締めてから持ちかえる人などさまざまです。

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 探検したい子ネコ vs 遊びたい子ネコ。引き留めようとじゃれ合いが始まる。2匹の温度差が…(´ω`)

    PECO
  2. 三月のパンタシア、アルバム収録曲「透明色」リリックビデオ公開&先行配信スタート

    SPICE
  3. 企業がコロナ禍を生き残るための必要条件 コーポレート・トランスフォーメーションとはなんだ?

    J-CAST会社ウォッチ
  4. この構図どこかで見たことあるぞ……。『TENET テネット』とポスターデザインが似ている映画

    ciatr[シアター]
  5. 給食で大人気の「焼プリンタルト」 待望の専用サイトがオープン!

    東京バーゲンマニア
  6. わが子の「思春期の取扱説明書」。あなたの家庭にもありますか?

    ママスタセレクト
  7. 国際宇宙ステーションでどう生活する?宇宙飛行士たちの訓練風景

    おたくま経済新聞
  8. 広めの浴槽はゆったりのびのび。地下なのに明るさ満点の西荻窪『文化湯』

    さんたつ by 散歩の達人
  9. 刑事役がハマっていた女優ランキング…篠原涼子、天海祐希、米倉涼子らランクイン

    ランキングー!
  10. 杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

    アメーバニュース