Yahoo! JAPAN

渓流エサ釣りで40cm超えニジマスに32cm尺上イワナ【山梨・桂川】

TSURINEWS

ラストポイントで仕留めた尺イワナ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

7月12日(月)、山梨県都留市を流れる桂川へと渓流釣行。今回の目的は『尺クラスの渓魚に数釣り希望』だったが、結果的にも強欲な釣りを満喫できたのでレポートしよう。

桂川都留漁協管轄区域の放流

都留漁協では管轄区域が『都留市~富士吉田市の本支流』となっており、例年3月~9月まで月1回第1日曜日に広範囲に渡り定期放流があり、漁協HPで公表されているとおり1度の放流でも約9000尾~13000尾と凄まじい数である。このような魚影濃厚な素晴らしい河川で1日遊べればきっと楽しめるはずだ。

都留漁協管轄区域の釣り場風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

当日朝イチの状況

前回より少し早めに家を出て、都留地区へは6時過ぎに到着。入漁券を購入してお初な狙いの場所へと車を走らせる。入渓点には先行者の車はないようだ。だが上流からも釣り下りもあり得る場所なので、早々と渓流釣りスタイルに着がえて目的の場所へと入る。

直前に地元の方から声を掛けられ、あまり同地に詳しくないことを伝えると、色々とポイントについても教えてくれた。15分ほど話し込んでしまったが気分よく釣りができそうなので、急ぐ気持ちはすっとんでいき、ゆっくりと入渓してポイントを探してサオを伸ばす。

当日のタックル&仕掛け

6.3m渓流小継ザオに、ミチイト0.8号をサオいっぱいに結び、通し仕掛けでヤマメ6号バリを直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉の2Bを流れの強弱や状況に合わせて使用した。

流れの強弱でガン玉を調整(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

エサはミミズを用意したが、遡行しつつ川虫も加えていくつもりである。

エサはミミズがよかった(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

初見の場所だがいきなりアマゴ

結局前回同様6時45分から開始するが、1投目から掛けるとよく走る。引きを楽しんで寄せると21cmの綺麗なアマゴが釣れた。そしてニジマス、アマゴと連発するもアタリが止んでしまう。平水時にそこまで数が出る場所ではないと思うので見切りを付けて上流に進むと、大場所が見えた。

朝イチ1投目から綺麗なアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

大場所で大物バラシ

お初の区間であるが要所要所に深場があり面白いエリアである。狙うべきは明らかな大物が着くであろう大場所2つに目をつけた。1つ目の大場所もどうだろう……20分粘るもアタリがないので見切り、もひとつ先の大場所で挑戦することにした。

先ほど3尾出たポイントとは違い、掛かれば大物的な期待感がある場所である。4投するもアタリがなくココも駄目かもしれない……そんな諦め半分な次の流しで明らかツツツなアタリ。アワせるとサオは満月だ。コレは間違いなく尺上のヤマメ系、やりとりの際も激しく走り抵抗する。そしてイケるかもと油断した際にハリが外れ仕掛けが飛んできてしまった。

この出来事で、悔しさのあまりその後の遡行30分が無駄にしてしまう。

場所移動でニジマス入れ食い

それからニジマスは2尾追加したものの、バラシの映像が頭を駆け巡り上手くいかない。これでは駄目だと魚をリリースしてポイント移動を決断することにした。移動先は私も釣行前に気になっていた、数釣りが期待できそうな大淵のあるポイントだ。

とにかくメンタルダメージが酷く、少しでも魚が遊んでくれればとの期待で釣りをすると、爆釣ペースでレギュラーサイズから30cmクラスのニジマスが釣れてくれた。とにかく常時アタリがあり1時間ほど休憩しながらも楽しんだところで、リリースしつつだが元気がない3尾のニジマスはお持ち帰りすることにした。

ニジマスが連発(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

40cm超えニジマス顔出し

時間はすでに10時を過ぎているのでどこに入っても同じだろうと、上流方面にのんびりと車を走らせつつ、各入渓点には釣師の車があるのでなさそうな場所を探す。そしてまたお初な区間を見つけると駐車場らしき所には誰も居ないので攻めてみることにした。

まずはコンビニで昼食を購入し、休憩してから勝負することにする。休憩後に駐車場付近をしばらく偵察してポイント確認すると、楽しめそうなポイントが下流にも上流にも見えた。取り急ぎ上流側の大場所へと遡行していくと、数か所に渡り滝があるポイントに到着。サカナの気配は間違いなく濃厚で楽しませてくれそうだ。

仕掛けを入れるとゴツゴツと強めのアタリ、アワせると大物を思わせる重量感である。滝下の流れも味方して走るサカナをイナして楽しむと、ヒレが回復している40cm超えのニジマスである。

この日一番のニジマス(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

その後も25cmクラスから30cmクラスのニジマスがポツポツ釣れる。今日はニジマスが釣れすぎていてこのポイントは5尾釣れた時点で下流に移動する。

入渓点に戻ると、釣師が入り下流に入っていくところが見えたので、第3ラウンドも終了だ。

マヅメに備えてラストポイントへ

さすがに疲れが出てきたので車でしばらく仮眠しつつも休憩する。休憩後はすでに15時とマヅメ時が近いので、先ほどは釣り師が2人居たポイントへと移動することにした。幸い駐車スペースに釣り人はいないようなので、ここをラストポイントと決め勝負することにした。

休憩も十分でき、体力的にも大丈夫そうなので入渓。できれば二ジマスラッシュはもう避けておきたい。そう思いながら仕掛けを流してみる。と、すぐにアマゴが掛かった。そしてヤマメ、ヤマメ、ニジマスと連発。更にアマゴが掛かり、コレはチャンスタイム降臨かと期待感。サイズ的にもどれも20cm前後が掛かり楽しい。

2連発したヤマメ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

32cm尺上イワナ登場

エサも少なくなり、釣り開始時より少し雨が振り気持ち増水しているかのような水量に変化していく。そんな時に再びアタリ。掛かると良型確定な重量感で、釣れてくれれば朝イチのバラしも忘れさせてくれそうな雰囲気。タモに納めたサカナは32cmの尺上イワナだ。

エサも残り3つ……。尺上イワナで心が洗われたが、全て使い切り納竿としたい。そして一つ、二つとなくなり、ラストエサは太めのミミズを大胆につけてオモリを追加してゆっくり淵を探る気持ち。

そしてラスト1投目……ゴンゴンと明らかな魚信があり、アワせると大物感。淵から出まいと走りまくり、引きも今日イチに素晴らしい。その間、流しから20秒程度見えたサカナはギラギラな尺上アマゴである。その姿に見惚れ油断したのか、強烈な走りとともに切られてしまい、呆然と立ち尽くした。

ラストポイントで渓魚連発した(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ラストポイントの釣果を眺めて納竿

まさかラストでと思いながらも、ココでの釣果を眺めてはリリースしていく。すべての個体が元気だがイワナだけはお持ち帰りすることにした。十分に私としては楽しめ、総合釣果は30尾と満足できた。

油断大敵、まさに、まだまだだなとアマゴに出直せと言われてしまったのだろう。コレを機に再度いつかは挑戦したいと思う気持ちがあるので、今季中にチャレンジしたいと思う。

今回の反省点

最後に、当日の反省点をまとめておく。

1.やり取りを楽しみすぎた

ポイントが豊富なだけに次もあると思い込み、雑なやり取りで大物を獲れなかった。渓流での大物は流れもあり引きを楽しむやりとりではなく、直ちに獲るやりとりで勝負を決めることが大事であると痛感

2、大物は経過よりも結果が大事

最近は結果よりも経過が大事を信条としていて、『より釣りを楽しむ』ように自分で釣りをしている。だが結果なくして経過は映えないので今後は大場所では全集中で挑もうと深く反省している。

3、エサ消費は最低限に抑えたい

今回は休憩しつつも1日満喫する気持ちで釣りをしていたが、エサ消費がかなりのペースで消耗していた。数釣りも大事だが、今後は余裕を持ってエサを残せるようなぺ―ス配分で挑む必要がありそうだ。今回も痛恨のバラシの後でも、釣り時間は1時間あったので、エサさえあれば場所をかえてもしかしたらがあったかもしれない。

エサさえあればもう一勝負できた?(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post渓流エサ釣りで40cm超えニジマスに32cm尺上イワナ【山梨・桂川】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事