Yahoo! JAPAN

長谷川京子は1日中怒ってる? 息子が描いた絵本『ママにおこられる1日』に「全く同じでびっくり」と母親共感

Techinsight

息子と娘を育てるママでもある長谷川京子

モデルや女優として活躍中の長谷川京子(41)。プライベートでは夫で「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一とのあいだに生まれた息子(11歳)と娘(8歳)のママでもある。その息子が自粛期間中に絵本を作ったという。この絵本を息子が自ら読み聞かせする様子を長谷川が動画で公開した。そのタイトルは『ママにおこられる1日』だ。

【この記事の動画を見る】

この絵本『ママにおこられる1日』は長谷川京子の息子が物語を作り、絵は息子と娘2人で描いたもの。長谷川のYouTubeチャンネル『Kyoko Hasegawa 長谷川京子』で6月28日に公開された動画では、息子の朗読にあわせて長谷川が紙芝居のように絵をめくっていく。

男の子の声でタイトルの次に、「朝起きて録画のテレビを見て怒られる」とまず読み上げられた。絵には「7:00am」という文字と針が7時を指した時計が描かれていて、朝7時の出来事のようだ。真ん中には大きなテレビ、右側には怒っているママと怒られてうなだれている男の子が描かれている。そこで7時半には「テレビがダメならゲームをする。すぐに終われず怒られる」として、ゲーム機を手にして困っている男の子と目を吊り上げて怒っているママの絵が描かれ、8時には「朝ごはんの用意を手伝わなくて怒られる」と今度は怒ったママの大きな口のなかに男の子の頭が入っていて、ママの剣幕が伝わってくる。怒っているママと怒られる男の子という同じシチュエーションでもさまざまなパターンがあり、絵がとても生き生きとしている。

その後も時間の経過とともに怒られた出来事とその絵が描かれているが、怒った本人であろうママ・長谷川京子は絵をめくりながら、息子の方を見たり、笑うのを堪えたりしているようだ。息子は「ママに怒られるのは一生続くだろう」とも述べているが、最後の1枚は赤やピンクのハートがたくさん描かれた愛情いっぱいのイラスト。きっと息子もママが怒るのは自分を愛しているからだときちんと分かっているのだろう。

長谷川はこの動画に「自粛期間中、私もそうですし、皆さんもお子さんと過ごす時間がとても増えたと思います。毎日があっという間に過ぎていきましたが、家族みんなで、お互いの話もたくさん出来ました。」とコメント。そして「母である皆さんや、そしてそのお子さんたちにも、この絵本に共感していただけたら嬉しいです。」と長谷川は希望しているが、この動画には「全く同じでびっくりしました!」「私も毎日怒ってます」「同じ母親だからこの状況がよくわかっちゃう」と同じ母親からの共感の声や、「怒られる以上に愛情を貰っているんだろうな」「おこる事以上に褒めも絶やさないのでは」と想像するコメントも。また「ほのぼのしかしない動画だ…可愛すぎる…」「今まで見た動画の中で、いちばんほっこり癒されましたぁ」といった感想や、「絵がうま過ぎる~ 状況がよくわかる絵です」「絵が上手 エピソードが可愛い」「息子さん絵がお上手すぎる…!」と画力に称賛が寄せられている。

長谷川京子は6月28日にインスタグラムでこのYouTube動画の告知とともに「今日から新しい作品に入りました。」と報告。仕事や学校が日常に戻りつつあるなか、息子が作った絵本は家族で過ごしたステイホーム期間の思い出になるだろう。

画像2、3枚目は『長谷川京子 2020年6月28日付Instagram「今日から新しい作品に入りました。」、2020年6月21日付Instagram「今晩よりYouTubeを始める事になりました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事