Yahoo! JAPAN

陸っぱりで『LTタチウオ』が流行中? 流用タックルや釣り方を解説

TSURINEWS

タチウオゲームのタックルとリグ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ショアのタチウオゲームで、最近「LTタチウオ」という言葉が聞かれる。ライトタックルでタチウオを釣る、そんなルアーフィッシングである。今回はそのタックル要件や釣り方を紹介しよう。

「LT」って何?

LTというとルアーフィッシング界ではライトタックルのことを指す。本来、その釣り物に対するスタンダードなタックルがあるとして、それをライトにしたもの、大体の場合が流用タックルを使っての釣りが、LTの意味するところだ。

これは沖釣りなどでもそうで、最近はバスタックルで青物の釣りもあるらしい(もちろん船のルールがあるので絶対に確認が必要です)。

LT化の長所と短所

LT化することのメリットは何か?流用タックル前提とすると、まあ、手持ちのタックルでその釣り物に入門できるという意味が大きい。たとえばメバリングメインの人ならば、そのメバリングロッド(チューブラーティップが最低の要件か?)でタチウオができる。

また、往々にしてLTではラインも細く、リグのウェイトも軽く、のフィネス化が進む。そうなると、単純に魚の口に入りやすい。スレた個体を釣りやすい。またマイクロベイトパターンの釣り物に対して、アドバンテージがある。

しかし短所として、ライトラインを使う分、大型魚相手には強気の勝負ができない。たとえば筆者はメバリングロッドでチヌをやっているが、PEライン0.3号で、やはりドラグを出す釣りにはなる。また取り込みにもタモが必要となる。タチウオならばF3くらいならば問題なくLTでも抜き上げられるだろうが、大型がくるとタモが要る。

指3本くらいのタチウオ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

LTタチウオのタックル

ショアのタチウオゲームというと、通常は8ft前後の硬いロッド、ワインドのアクションがしやすいようにグリップ側は長めで、リールは2500~3000番をセッティングして、最大30g程度のメタルジグやワインドリグを使う。

では、ここまでの内容をふまえて、LTタチウオのタックル要件を考えてみよう。ライトゲーム派生とバスタックル派生で2つのパターンが考えられるが、その他、LTでなくても流用は効く。

メバリングタックル流用

ロッド:メバリングロッドチューブラー7ft台
リール: 2000番PEライン0.3号または0.4号 リーダー6lb~8lb

メバリングの一般的な設定である。チューブラーのロッドは最近の主流ではないが、プラグメインではやはり圧倒的に使いやすい上、慣れるとそんなにソリッドとかわらないワーミングができるので推奨したい。

リーダーの先に30lbの先イトを電車結び。その先に7gまでのジグヘッドと90mm程度のワームでワインド、または巻き。ちなみに筆者は、まだこの設定でタチウオは獲りきれていないが、前のシーズンでアジとカサゴを釣っている。おそらく今年は釣れるだろう。

LTタチウオ狙いでアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ブラックバスタックル流用

ロッド:バスロッドML調子7ft前後
リール:2500番 PEライン0.6号くらいまで

ラインはもう少し細くてもいい。ベイトタックルもそのまま持ち込める。タチウオはフォールが多い釣りなので、もしかするとベイトタックルの方が手返しもいいかもしれない。

必須条件。やはりリーダーの先に先イト30lb程度が要る。この設定ならば、わりと大型のタチウオも抜き上げられる。ただ大きなシーバスが食うことがあるので、タモは必要だ。

ワインドで釣れたシーバス(提供:TSURINEWSライター井上海生)

LTではないけれど流用できるもの

今回はLTタチウオについての紹介なので簡略にではあるが、その他ソルトのロッドでタチウオゲームに適正があるものに触れたい。いずれも「先イト30lb」は必要なので、そこは確実に押さえよう。

・エギングタックル
・シーバスタックル
・チニングタックル

「レンジの管理」がキモ

基本的に、細イトを使うこと、これが諸刃の剣である。ラインは細い方が確実にアタリは増えるし魚は乗せやすい。が、あまり重いリグは運用できないし、7g程度の比較的軽いジグヘッドでもすぐ沈む(PEライン0.3号ならば3gでもすぐ沈む)。

そのため、何より意識したいのが「レンジの管理」だ。

5カウント、10カウントと、根掛かりしにくいレンジを攻めるようにしよう。浅い海で15カウントより深い場所でアクションさせていると、手前のカケアガリで根に捕まりやすいので注意したい。

LT化とアタリ数の関係

最近ではマイクロベイトパターンのタチウオに向けて、アジング用のワームを使うタチウオアングラーも一部いるらしい。LT化によってアタリが多くなることは確かだろう。

ただ、ここまでいろいろと語っておいて何だが、タチウオくらいアタリがはっきりとしている魚は、実はあまりLT化する意味がない。

ただ、この魚は食う・食わないにムラがありすぎるので、「食わない」の日に当たってしまったとき、少しでもチャンスが拾えるかもしれないという点でLTは有意にも考えられる。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post陸っぱりで『LTタチウオ』が流行中? 流用タックルや釣り方を解説first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事