Yahoo! JAPAN

猫の『眠気』をさそう撫で方5つ

ねこちゃんホンポ

1.ゆっくり撫でる

ゆっくり猫を撫でると、眠気をさそうようです。それは人も同じでしょう。

猫が喜ぶ場所、たとえば顔周辺などをゆっくり撫でてあげてください。うっとりした表情で睡魔に襲われる愛猫の姿が見られるでしょう。気がついたら熟睡してしまい、上に乗られていた飼い主さんが動けなくなるかもしれません。

2.眠くなる場所を撫でる

猫は顔周辺を撫でられるのを好みますが、それ以外にも撫でると思わず眠くなってしまうポイントがあるようです。背中や胸、前足などが該当します。

ゆっくりとソフトタッチで撫でてあげてください。心地よさを感じた猫はきっと目を閉じ、ゴロゴロいい出すでしょう。それを聞いて飼い主さんも眠気をさそわれてしまうかもしれません。

時間があれば愛猫と一緒に、寝てもよいですね!猫と寝る時間は、格別です。

3.温かい場所で

猫は温かい場所が大好きです。ポカポカとした日の光の中など、最高の場所ではないでしょうか。冬なら暖房器具の前にいることが多いかもしれません。

愛猫が温かい場所でリラックスしているときに、優しく撫でてあげましょう。きっとその気持ちよさにウトウトしてしまうはずです。

愛猫を寝かせたかったら、まず温めること。快適な寝床を用意してあげてください。飼い主さんの体の上も、猫にとっては温かい場所です。少し重いかもしれませんが、乗せてナデナデすると、寝てくれるかもしれません。

4.リラックス気分のときに

猫が興奮状態のときに撫でても、おそらく眠くはなってくれないでしょう。逆に「さわるにゃ!」といわれてしまうかもしれません。

猫の眠気をさそうように撫でる場合には、タイミングが大切です。猫は自分の気分を大事にする生き物ですので、合わせてあげるとよいでしょう。

やはり活動的な気分のときよりかは、緊張がゆるんでリラックスしているときの方が眠くなりやすいはず。愛猫がゆっくりまったりしているタイミングを狙って、そっと撫でてみましょう。きっと眠くなり、夢の中へ…。

5.赤ちゃんのように扱う

人間の赤ちゃんにするかのように、寝かしつけてみましょう。きっとウトウトしはじめるはずです。

抱っこはいやがらなければしてみてください。飼い主さんの体温と声かけの安心感で、眠くなることでしょう。ゆっくりトントンしてあげれば、もう次の瞬間には眠りに落ちているかもしれません。

猫に声をかけるときは、低い声よりも高めの声の方が喜ばれます。赤ちゃんにも普段より声を高くして話しかけることが多いはずです。同じように話しかけながら優しくなで、寝かせてあげましょう。

まとめ

今日のねこちゃんより:あんこちゃん♀ / ブリティッシュショートヘア / 2.7kg

猫の幸せそうな寝顔は見る人を幸せにしてくれます。撫で方次第で、その幸せを生み出せるかもしれないのです。ムリやり寝かしつける必要はありませんが、愛猫がぐっすり眠れるよう、力添えしてあげてもよいでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事