Yahoo! JAPAN

ロッテ井口監督は現役時代の晩年、ベンチからどんな視点で試合を見ていたのか!?【もう下克上とは言わせない】

ラブすぽ

ロッテ井口監督は現役時代の晩年、ベンチからどんな視点で試合を見ていたのか!?【もう下克上とは言わせない】

2021年シーズン。日本一へ向け死闘を繰り広げる千葉ロッテマリーンズ。その指揮官・井口資仁は、これまで監督としてチームを率いる上で、どんな思いを抱いていたのか。
開幕前、3月に上梓された書籍『もう下剋上とは言わせない~勝利へ導くチーム改革~』からその一部を抜粋してお届けする。

ベンチからの視点

 僕は現役生活の晩年、代打での起用が多くなり、だんだんと試合中はベンチで過ごす時間が長くなっていった。そのとき僕はベンチから、「自分だったらどう采配を振るだろう」という視点でゲームを見ていた。

 監督はこの場面でなぜあのサインを出したのか……なるほど、そういう狙いがあったのか。

 中盤のチャンスに代打策はなしか……自分だったら勝負に出るかもしれないな。

 そうか、あの選手は二軍に落とされたのか……モチベーションも上がっていただけに起用すれば面白かったのにな。

 常に、将来的に自分が監督になった場合のシミュレーションをしていた。

 NPBの一軍監督として結果を残すために、経験が大きな武器となることは否定しない。ただ「引退直後に監督に就任した」場合も、直前までチームメート同士だったからこそコミュニケーションを築きやすいという利点がある。選手たちへの理解度という違う武器を持てるのだ。

 大切なのは経験だけではない。監督に就任して3年が経った現在、一番大切なのは「監督になるためにどんな準備をしてきたか」であると実感している。

ーー次回「監督の役割」へ続く

出典
『もう下剋上とは言わせない~勝利へ導くチーム改革~』著/井口資仁 日本文芸社刊
記事内容は21年3月の書籍出版時点のもの。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「子猫の甘えにより遅刻」学校に遅れる理由の正当化を求めたい息子

    ねこちゃんホンポ
  2. 【JOMONトーク Vol.10】ものづくりを通して縄文の精神をさぐる(佐京窯・佐京三義さん)

    まるごと青森
  3. 松村沙友理、<「LittleTwinStars×新宿サザンテラス Twinkle Color Christmas 2021」点灯式>出演!

    Pop’n’Roll
  4. 2021年10月23日オープン 鮨えび奈

    京都速報
  5. 『Bright - Win Inbox』タイの人気俳優のブライトとウィンが視聴者から募集したゲームで争うバラエティ番組がU-NEXTで配信開始

    SPICE
  6. MY FIRST STORY、書き下ろしの新曲が映画『マトリックス レザレクションズ』の日本版インスパイアソングに決定(コメントあり)

    SPICE
  7. J、ソロとしては2年7ヵ月ぶり全国ツアー開催決定

    SPICE
  8. インターホンが鳴っても居留守を使う人たち。居留守がバレると印象が悪い?

    ママスタセレクト
  9. ドニー・イェン×ニコラス・ツェー、燃えるふたりが激突する 映画『レイジング・ファイア』新場面写真&ムービングポスターを解禁

    SPICE
  10. 【ダイパリメイク/BDSP】地下大洞窟にいるNPC一覧【ポケモン ブリリアントダイヤモンド シャイニングパール】

    攻略大百科