Yahoo! JAPAN

ジョン・レジェンド、“最もセクシーな男性”の肩書きは「さっさと手放したい」

Techinsight

ジョン・レジェンドに“最もセクシーな男性”の肩書きは重荷すぎた?

昨年の『People』が選ぶ“最もセクシーな男性”に選ばれたシンガーのジョン・レジェンド。しかし本人はそう呼ばれることに少なからず抵抗を感じていたようだ。ジョンはあるインタビューのなかで「Sexiest Man Alive」の肩書きは「さっさと手放してしまいたい」と本音を明かしている。

【この記事の他の写真を見る】

エミー賞(Emmy)、グラミー賞(Grammy)、アカデミー賞(Oscar)、トニー賞(Tony)の全てで受賞歴のある数少ない“EGOT”であり、初のアフリカ系男性“EGOT”でもあるシンガーのジョン・レジェンド。そんなジョンに『People』が選ぶ“最もセクシーな男性”(People’s Sexiest man Alive、“PSMA”)の肩書きが加わったのは、昨年11月のことだった。

この世にたった16人しか存在しない“EGOT”の肩書きに加え、“PSMA”のタイトルを持つジョンは業界でも非常に稀有な存在であり、そんな彼を夫に持つ妻クリッシー・テイゲンは、ジョンだけにしか使うことのできない超レアなハッシュタグ“#EGOTPSMA”に浮かれまくり。自身のTwitterで

「“最もセクシーな男性”と寝るっていうアタシの夢が、ついに叶っちゃったの!! なんたる栄誉かしら!!!!!」


「“最もセクシーな男性”がハム・サンドイッチを作ってくれたわ」

などと立て続けにツイートし、喜びをあらわにしていた。

歴代の“最もセクシーな男性”にはイドリス・エルバやドウェイン・ジョンソン、クリス・ヘムズワースといったマッチョ系俳優や、デヴィッド・ベッカムのような美形アスリートが名を連ねてきたなかで昨年、愛嬌のある顔立ちのミュージシャン、ジョン・レジェンドが選ばれたことを「意外」「ちょっと違う」と感じた人は少なくなかった。そんな世間の反応を敏感に感じとっていたジョンは“最もセクシーな男性”の肩書きは少々窮屈だったようで、このほど行われたあるインタビューのなかで、その心境を次のように明かしている。

「自分自身が“最もセクシーな男性”って呼ばれることを、自虐ネタにして楽しむしかなかったよ。だってそんな風に呼ばれたって、それを真に受けるわけにはいかないからね。」
「これは文字通りの意味じゃないし、深刻に受け止めちゃいけない。」

そのように謙遜したジョンは、今年の“最もセクシーな男性”に「誰が選ばれると思う?」と問われ、こう答えている。

「いやぁ、わからないなぁ。でもTwitterには、僕じゃなくてジェイソン・モモアが選ばれるべきだったってツイートがたくさんあがってた。彼の名前が群を抜いて目立っていたね。」

ジェイソン・モモアは193cmの高身長と逞しすぎる筋肉、そしてエキゾチック&ワイルドな雰囲気を武器に映画『ジャスティス・リーグ』『アクアマン』などで人気を博した俳優である。自身とは全く異なるオーラを放つジェイソンを今年の“最もセクシーな男性”に予測したジョン、本人は新たな“PSMA”誕生を前に

「この貴重な体験に感謝したいし、自虐ネタで楽しもうとしてきたけど、もうこの肩書きはさっさと手放してしまいたいね。」

と冗談交じりで本音を告白した。

なお2020年度の“最もセクシーな男性”は11月中旬頃に発表が予定されており、果たして今年は一体誰がこのタイトルを手にすることになるのかに注目が集まっている。

画像2枚目は『John Legend 2019年11月12日付Instagram「Wow.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

【関連記事】

おすすめの記事