Yahoo! JAPAN

ダニエル・ラドクリフ、ロバート・パティンソンとの関係語る

ナリナリドットコム

ダニエル・ラドクリフは、ロバート・パティンソンと“ヘンな”間柄にあるそうだ。

映画「ハリー・ポッター」シリーズで、ダニエルはタイトルロール、ロバートはセドリック役をそれぞれ演じて一躍有名となった2人だが、今では連絡を取り合っていないという。

「ザ・ジョナサン・ロス・ショー」に出演したダニエルはこう話している。

「文字通りまず最初、(舞台作)『エクウス』をするために僕はニューヨークにいて、ウェストサイド・ハイウェイで振り向いたらビルボードが見えて『僕はあいつを知っている!』ってなったんだ。当時、(大ヒットした映画シリーズ)『トワイライト』の本を知らなかった。その現象に気付いていなかったんだ。だからヘンだったよ」
「僕達は非常にヘンな関係なんだ。基本的に僕達はジャーナリスト達を通したコミュニケーションしかしない。もう長い間会っていないよ」

また、ロバートとは「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の撮影で会っただけだとして、「僕達は親しい友人だと皆思いがちだけど、僕は彼に会っただけだし、一緒に仕事した時はいい奴だと思ったよ」と続ける。

一方で「ハリー・ポッター」シリーズのキャスト陣に関しては、第1作目公開20周年記念特番で再集結することが明らかになっている。来年1月1日にHBO Maxで配信開始となる「ハリー・ポッター・20thアニバーサリー:リターン・トゥ・ホグワーツ」には、ダニエルやロン役のルパート・グリント、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンをはじめ、レイフ・ファインズ、ヘレナ・ボナム・カーター、ロビー・コルトレーン、ゲイリー・オールドマン、トム・フェルトン、イメルダ・スタウントンらが登場するという。

【関連記事】

おすすめの記事