Yahoo! JAPAN

横浜の美術文化を牽引 〈横浜市中区・横浜市西区〉

タウンニュース

11年間横浜美術館の館長を務め、4度にわたり国内最大級の国際芸術祭「横浜トリエンナーレ」の運営に携わった。このほど、横浜の美術文化振興と醸成に大きく貢献したとして、横浜文化賞に選ばれた。「予想をしていなかった。個人でいただけるとはとてもありがたい」と喜ぶ。

横浜での活動は、1993年に横浜市民ギャラリーで開催された現代美術展「第29回今日(こんにち)の作家展」が始まり。当時、女性では初めて展覧会の企画者を務めた。その後、横浜市が横浜美術館の指定管理者を公募した時にその選定にも携わった。

横浜美術館に指定管理者制度を導入した2年目の2009年に館長就任。「指定管理者の選定委員を務めた経緯もあったので声がかかるとは思わなかった」と当時を振り返る。

コレクション活かす

館長に就いて間もない頃は、少ない予算規模のなかで「いかに魅力的な美術館にするか」に注力。コレクションを活かした企画展の実施や、監視スタッフによる来館者対応への目配り、館内表示などを刷新した。「美術館は、日常とは違う異空間な場所。居心地よく観賞できる空間づくりを目指しスタッフ一丸となって努力したのを今でも思い出します」

国内外で交流も

それ以降、来館数が増え、ルノワールやモネなどの海外作品を含む大規模な企画展や、カナダの国立美術館で昭和のモノクロ写真による同館のコレクション展を開催するなど、国内外の美術館交流も積極的に行ってきた。また、国内最大級の国際芸術祭「横浜トリエンナーレ」に同館が主会場の1つとなった11年から総合ディレクターに就任。以降も同組織委員会の委員長をはじめ、共同ディレクター、同副委員長を歴任した。「入口は広くても奥深いのが現代美術。トリエンナーレなどを通じ多くの市民の皆様にとって身近な存在になってきたのではないか」と話す。

今年3月に同館の館長を退任し、現在は、国立新美術館の館長に。「開港の地横浜は、新しいものを受け入れる文化があります。来年から大規模改修に入りますが、新たな横浜美術館の姿をとても楽しみにしています」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 仙台駅前で食べる老舗の味を初体験 ~番丁ラーメン 名掛丁店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. NMB48[配信レポート]吉田朱里のアイデアで実現した歌番組 『MY PLAYLIST 7』配信スタート! 白間「あかりんが作ってくれた道は大きいです。私も最後の1期生として頑張りたい」

    Pop’n’Roll
  3. 生後4か月の子犬、新しいベッドがお気に入り(動画)

    らばQ
  4. AKB48[イベントレポート]初のe運動会で深めた揺るぎなき絆「AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に示したい」

    Pop’n’Roll
  5. おうちカフェのすすめ①仙台で豆を買うならここ!その1

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. SKE48、松井珠理奈卒業シングルのタイトル&発売日発表! 表題曲には全員参加「最後なのでみんなで歌いたい」

    Pop’n’Roll
  7. 10万本売れた!全国の名産をつかった「お取り寄せできるご当地調味料」

    anna(アンナ)
  8. 演説大会 日本の歩む道は 11月28日 杜のホールはしもと〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  9. 秋の叙勲 相模原市内から7人が受章〈相模原市緑区〉

    タウンニュース
  10. 県赤十字血液センター 子連れ献血 サポート開始  ルフロンで見守りサービス〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

    タウンニュース