Yahoo! JAPAN

老犬の『お留守番中』によくある危険なケガや事故5選!対処法を解説

わんちゃんホンポ

老犬のお留守番中によくある危険なケガや事故

1.家具の角に勢いよくぶつかる

目が見えづらくなった老犬によくあるのが、家具の角にぶつかってケガを負うことです。

鼻先・マズル・頬・おでこ・前頭部・体の側面・お尻など、全身のあらゆる部分を家具の角に勢いよくぶつけてしまうことがあります。

視力が低下した時、全く目が見えないわけではないものの、物との距離感を上手く把握することができなくなるのです。

分厚い被毛で覆われた皮膚は意識して見てあげなければ状態がわかりません。痣になったり出血したり、傷やケガを負っていることがあります。

目をぶつけてしまっては大ケガになる恐れがあります。家具の角にはクッション材を取り付けるなどの安全対策をするとよいです。ペット用ではなくても、赤ちゃん用や子供用で構いません。

2.隙間に入って出られなくなる

老犬によくあるのが隙間に入って出られなくなることです。

家具と家具の隙間に入り込んだり、カーテンの裏に入り込んだり、椅子の脚の隙間に入り込むなど、あらゆる隙間に入り込んでしまいます。

認知機能が低下した老犬や認知症を患う老犬に多いです。後退することができないため出られなくなってしまうのです。

何時間でも立ったままでいることがあります。鳴き続けたり吠え続けたりすることがあります。

立っていることにも鳴いたり吠えたりすることにも疲れきってしまい、その場にしゃがみ込むことがあります。体力を消耗しますし、脱水症状を起こすこともあります。

ペットガードを設置するなどし、犬が隙間に入れない対策をするとよいです。徘徊するようになってしまった時は、ケージやサークルの中でお留守番させるとよいです。

体力のある老犬はサークルを飛び越えてしまうことがあるため、ケージがよりおすすめです。

3.ソファーや階段からの転落

老犬のソファーや階段からの転落は命にも関わる危険な事故です。脱臼・骨折・脳震盪だけでは済まされない可能性が高いです。

老犬になってもソファーに座りたがりますし、階段の上り下りもしたがります。

飼い主の補助があれば安全に上り下りできるかもしれませんが、お留守番中は絶対にダメです。

老犬がお留守番する部屋にソファーを置かない、ローソファーに買い替える、階段にペットガードを設置するなど対策するとよいです。

4.熱中症

老犬のお留守番中の熱中症は死亡事故になりやすいです。暑さによって体内の水分が過剰に失われ、脱水症状を起こします。

老犬になると水を飲む量も減ってしまいがちです。夏のお留守番中は冷房を使用し、老犬に合わせて室内の温度と湿度を管理するとよいです。

犬が熱中症になるのは夏の室内だけではありません。冬の暖房を使用した室内でも起こります。温度や湿度が高くなり過ぎてしまうためです。

5.低体温症

老犬になると体温の調節が上手くできなくなるため、お留守番中に低体温症になることがあります。

冷房で体が冷えすぎてしまった時、暖房を使用しない冷えた室内で長時間過ごした時などです。定期的に体温を測り、平熱を把握しておくことが大切です。

室内の温度管理を徹底する、防寒服を着せる、ベッドやブランケットなど温かい寝床を用意するなど、体温が下がり過ぎてしまわないための対策をするとよいです。

老犬のお留守番中によくある危険なケガや事故を5つ解説しました。

✔家具の角に勢いよくぶつかる
✔隙間に入って出られなくなる
✔ソファーや階段からの転落
✔熱中症
✔低体温症

まとめ

老犬のお留守番中によくある危険なケガや事故を5つ解説しました。

✔家具の角に勢いよくぶつかる
✔隙間に入って出られなくなる
✔ソファーや階段からの転落
✔熱中症
✔低体温症

老犬のお留守番に不安を感じたら、スマートフォンから遠隔操作が可能なペットカメラを活用してみてはいかがでしょうか。声をかけてあげられる機能が付いているとよいと思います。

家具にぶつかりそうになったら「ストップ!」「曲がって!」と指示してあげられますね。

停電によって一度冷房や暖房が切れてしまった場合お留守番中は再度電源を入れることはできませんので、エアコンもスマートフォンで遠隔操作できるものに買い替えておくと安心です。

【関連記事】

おすすめの記事