Yahoo! JAPAN

今さら聞けないラインのキホン:「号数」と「強度」は何が違う?

TSURINEWS

ラインの太さと強度を知ろう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

釣りイト、ラインは号数と強度がある。これを一緒に考えてしまうとよくない。大体の決まった関係はあるのだが、基本的に号数と強度はそれぞれ別のことを表すものだと理解しておこう。

号数と強度は別のもの

PEラインのように、細い径でも強度が高いイトがある。またエステルラインのように、PEラインと同じ径でも強度が低いラインがある。逆にこれら二つだけが例外ともいえそうだが……。

ナイロンラインやフロロカーボンラインしかほとんど使われていなかった時代には、おそらく「1号=4lb」という、定まった関係があったはずだ。今でもこの基準は、おそらくこの二つのラインに関していえばかわっていない。しかし、実は号数とはラインの「太さ」を表すものであり、lbとは「強度」を表すものなので、PEラインやエステルラインでは1号=4lbという考え方ができない。

PEラインは細い号数でも強い(提供:TSURINEWSライター井上海生)

号数=太さを表す

一般に釣りイトで号数というと、ラインの太さを表す。多少の揺らぎはあるだろうが、1号というとイトの標準直径が0.165mmだ。2号が0.235mm。

号数=太さは、ライン強度と、ある程度の決まった関係にある。たとえば、ナイロンやフロロカーボンラインならば、1号ならば大体4lbだ。PEラインならば、1号は20lbくらい(よりイトのため、編み数、またメーカーによって強度は上下する)。ショアで使うなら最強クラスだ。

強度はlbで表記される

最近のラインは号数と共にlbで強度も表されているものが多い。釣りの世界でlbとはラインの強度を言うものだ。ライン号数と大体の相関関係はあり、たとえばPEで20lbならば大体1号くらいだろう、4lbなら0.2号くらいだろう、と考えることもできる。

では、1lbとはどれくらいの強度か。およそ450gだ。つまりlb数×450gがそのラインの強度となる。PE1号20lbならばなんと9kg近い負荷に耐える。0.2号4lbでも1.5kgくらいの負荷に耐える。

PEラインはシステムノットを組む上で、PE強度>リーダー強度としなければ、高切れしてしまいがち。そのため、リーダーも強度を表すlbで表示されていることが多い。よく見てみよう。

リーダーはlb表記も多い(提供:TSURINEWSライター井上海生)

エステルラインは号数に対し低強度

PEラインが号数(太さ)に対して特別に強いならば、エステルラインのように号数に対して相応に弱いものもある。0.2号でおよそ1lb、0.25号でおよそ1.3lb、0.3号で1.6lb程度の強度しかない。「しかない」といっても、まあ細い糸ならそれくらいで当然なのだ。

というか、こうして書き出してみると、実は号数に対する強度は、「弱い」というイメージのあるエステルラインでも、実際にはそんなに弱くないのではないだろうか。1号=4lbとするならば、ナイロンでもフロロでも、0.2号ならば4lb×0.2となる。すなわち0.8lbしか残らない。同号数でエステルの方が強い(?)。

エステルライン、実は太さに対して、そんなに弱くはないのか??

エステルライン、強いのか弱いのか?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ラインは強度を意識しよう

ちょっと混乱してしまったが、言いたいのはこういうことだ。

ラインは、号数とともに、lbで表される強度を意識することが大事である。号数は太さを言うもので、ラインが太ければ太いほど魚に見られてしまう危険が高い。強度は号数に対し高いほど安心感があるが、ロッドによっては、ガイドの強さとしてラインウェイト**lbまでとメーカーで設定されているものがあり、これを超えた使用はおすすめできない。

ガイドリングは、ラインウェイトを超えたPEラインの使用でキズがつき、傷むという話もある。そうなると巻き取るラインそのものも傷んでしまい、ふとしたときにキャスト切れするなどのリスクが考えられる。

また、単に太いから強いではない、細くても強いラインはあるしその逆もある、ということを頭に入れておきたい。特にナイロンラインやフロロカーボンラインでの釣りが主なアングラーは、PEを使うときには、細イトでもかなりの強度が出せることを知っておこう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post今さら聞けないラインのキホン:「号数」と「強度」は何が違う?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事