Yahoo! JAPAN

オフショアキャスティングで22kg大型ヒラマサ浮上【福岡・オクトパス】

TSURINEWS

キャスティングで手中にしたヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版福岡市・斎藤嘉朗)

8月上旬、福岡県のオクトパスから出船しオフショアキャスティングゲーム。腕もパンパンとなる5分間のファイトの末、自己新記録のヒラマサ130cm22kgをキャッチすることができた。

ヒラマサキャスティング

午前5時30分、福岡県福津市・津屋崎漁港から遊漁船オクトパスで出船。乗り合いの釣り人は私を含め6人。

午前7時ごろ糸島沖に到着。ヒラマサ狙いでキャスティングを開始すると、7回ほどバイトがあるも乗らず。早々に見切りをつけ壱岐沖に移動、ジギングで1~2kgのヒラゴをぽつぽつと拾っていく。お土産を早々に確保できた。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース APC・斎藤嘉朗)

ドラグ鳴らす大物がヒット!

午後3時ごろ、再び糸島沖に移動。帰港前にヒラマサキャスティングを再開。周囲ではシイラを追い回してヒラマサがボイルしている。乗船者一同テンションが上がりキャストを繰り返す。

二流し目、私も四十肩に鞭を打ってダイビングペンシルをフルキャスト。着水後の3ジャーク目、ジャーというドラグ音とともに突然ラインが引き出されたが、トップ特有の水柱は立たなかった。ルアーが水面下にある時に食いついたようだ。

慌ててロッドを立ててドラグを締め込こんだが止まらない。「やばい! 根に持っていかれたらラインブレイクだ!」ロッドはフルベント、ドラグもフルロック。今までにない手応えに興奮が止まらない。

ヒラマサとのファイトシーン(提供:週刊つりニュース APC・斎藤嘉朗)

船長が「デカいよ! これは」と叫ぶ。ロッドのバット部分を両手で持って必死に耐える。ファーストランは強烈だったが、徐々にリールを巻けるようになる。「走らせた後にリールを巻く」を繰り返していると、その巨体が水面に姿を現した。

ビッグヒラマサ22kg浮上!

「デカい!」約5分間のファイト、腕はパンパンで息も上がっている。最後は船長親子が2人がかりでランディング。130cm22kgの巨大なヒラマサ、自己記録を更新!

これまでは9.5kgのヒラマサが最高だったので10kg超えを目指していたが、いきなり20kg超えを達成することができた。口も大きく22cmのルアーを丸のみにしていた。

乗船者もあまりの巨体にビックリ! 「おめでとうございます」と祝福の言葉をいただいた。

夢の膝乗せ撮影

計測の後は記念撮影。釣り人の夢〝膝乗せ撮影〟ができた。「これこれ! この巨大魚膝乗せを1回はやってみたかった」ずっしりとした重みに、玄界灘の豊かさを感じることができた。

膝乗せサイズの超大型ヒラマサ(提供:週刊つりニュース APC・斎藤嘉朗)

ほのぼの釣行で思わぬビッグファイトを体験することができ大満足。忘れられない一日となった。

刺し身で夏マサを堪能

昔と違って20kg超えのヒラマサはめったに上がらないとのこと。船長によると、このサイズだと正月だったら30万円ぐらいするらしい。大きすぎて自分ではさばけないので帰宅途中に鮮魚店で三枚におろしてもらった。

焼酎片手にいただいた巨大ヒラマサの刺し身、脂は少なめで夏マサらしい上品な味がした。

<週刊つりニュース西部版 福岡市・斎藤嘉朗/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postオフショアキャスティングで22kg大型ヒラマサ浮上【福岡・オクトパス】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事