Yahoo! JAPAN

【熊本市北区】植木町に新規オープンしたカフェS doubleで、癒しのひとときを味わってきた!

肥後ジャーナル

【熊本市北区】植木町に新規オープンしたカフェS doubleで、癒しのひとときを味わってきた!

カフェ大好きライターのRuyです。 カフェが好き過ぎるあまり、休みの日は何かとカフェに行くわたくし。 今回も何か良いカフェないかな~と調べていると、4月上旬に北区植木町で新しくカフェがオープンしたとの情報を発見! カフェ好きとして新規のお店は押さえておきたいので、早速行ってきました!

お店の名前はS double(エス ドゥーブル)

やってきたのは植木町。 県道30号線を熊本市から山鹿方面へ向かっていると、左側にお店があります。 ん?何か見たことあるような… あっ!ここは元々フラッペ×フラッペが移転前にお店を構えてた場所ですね!

お店の前には本日のメニューが立てられています。

窓にはお料理の写真が貼ってあり、入る前からどんなお料理か確認できるところが親切ですね。 早速店内へ。

店内は木目調の床に、芸術的な模様の壁。 全体的にブラウンを基調とした色使いの店内で、落ち着いた雰囲気が漂っています。 おや?カウンターに何か並べてありますね。

お菓子が販売されていました。 お菓子のテイクアウト目当てに訪れるお客様もいらっしゃるのだとか。

値札にアレルギー物質が記載されています。 アレルギーが心配な方への気遣いが伺えます。実に親切。 またお菓子だけでなく、手作りのパンを並べられる日もあるとのことです。 店内は4人掛けテーブルが3卓に、カウンター2席。

椅子には背もたれの部分にクッションが。

ゆったりとした時間を過ごすのに最適な椅子です。 座り心地の良い椅子に掛けて、メニューを選ぶとしましょう。

手作りにこだわったメニュー

メニューはこちら。

ランチAセットと、

ランチBセットがあります。

ドリンクメニューです。 注文する時に、「エルダーフラワーで」ってかっこよく言ってみたい。

ソフトドリンクだけでなく、アルコールも提供されています。お酒が好きな人も楽しめますね。 ランチメニューのパンとバターを始め、提供される料理全て手作りというこだわりっぷり! メインが1品なのがA、2品なのがBです。 メイン2品とも食べたいので、今回はランチBセットを注文します!

前菜2品、サラダ、スープにパン、そしてメイン料理。メニューはその日の仕入れに合わせて提供されるので、来店する度に様々なメニューが楽しめます!またアレルギーがある方は、注文する際に伝えていただければ対応していただけるとのこと。 私も食物アレルギー持ちなので、アレルギーに対して気を配ってくれる点は非常に有り難いです! お伺いした日のメインは、天然鯛の和風ソースとコンフィでした。 前菜とサラダ、スープから召し上がります。

前菜にはローストビーフと生ハムがメインで使われており、スープはコンソメ、具材がほどよく溶けて飲みだしたら止まりませんでした。 中でも気になったのはサラダ。

花瓶なのか?と思うほどおしゃれな器に盛り付けられたサラダには、泡らしきものが。 実はこれ、ドレッシングなんです!ドレッシングも手作り! オニオンベースで作られたドレッシングは、シュワシュワとした食感で、特徴的な玉ねぎの酸味がサラダをよりさっぱりとした味わいにしてくれます。

ホロホロと柔らかい鯛の身に和風ソースが染み込んでさっぱりとした味わいです。 低温調理で時間を掛けて煮込まれるため、身が柔らかいのだそう。 周りには茄子の他にアサリも入っており、野菜の甘味と貝の旨味が鯛の味を引き立ててくれます!

メインの2品目、鶏肉のコンフィ。 こちらも低温で調理されており、柔らかい食感の後に鶏肉の旨味と香ばしさが口いっぱいに広がります。食べる手が止まらず、あっという間に完食してしまいました(笑)

ハーブティーでティータイム

カフェの醍醐味といえば、ティータイム。 S doubleではハーブティーが提供されています。

フレッシュハーブティーとは、摘んですぐのハーブを乾燥させずにそのままお湯を漉して出すハーブティーのこと。 摘みたてのフレッシュな味わいが特徴です。 1杯目は通常のハーブティーで、2杯目は色付き!?どんなハーブティーなのでしょうか? 早速、1杯目をいただきます。

お湯を入れる前の状態。 この時点ですでに良い香りが漂います。

使われているハーブは、アップルミント、ステアミント、ローズマリー、レモングラス、ステビアの5種類。 ハーブティーは砂糖を使わないため、甘味を出すためにステビアを調合されています。 口に含んだ瞬間に鼻を抜けるハーブの香りが心地よいです。 ハーブティーと言えば、ちょっとクセが強くて飲みにくい印象を持っていましたが、フレッシュハーブティーはクセが少なく飲みやすく感じました。 では続いて、2杯目の色付きハーブティーをいただきます。

鮮やかな青!深い海を彷彿とさせるそのハーブの正体は蝶豆。 微かに豆のような香りがしますが、風味自体の主張は控えめ。見慣れない青色なので飲みにくいのでは?と警戒していましたが、想像とは裏腹にとっても飲みやすいハーブティーでした! また、青だけでなく赤のハーブティーもあります。

赤いハーブティーには、ハイビスカスローゼルというハーブが使用されており、青色に比べて酸味が強いハーブティーでした。 ハイビスカスローゼルの風味が強めに出てますので、酸味が好き、風味をしっかり味わいたい、といった方は赤のハーブティーがおすすめです。 ハーブティーのおかげで、ティータイムが優雅なひとときとなりました!

詳細はインスタグラムにて!

植木町に新しくできたカフェはS double、手作りメニューとフレッシュハーブティーを堪能できる癒しの空間でした! お昼と夜の営業をされていますが、夜は前日までの予約の方のみ受け付けられるとのことです。 またメインメニューやテイクアウト商品はインスタグラムで公開されてますので、こちらのアカウントからご確認ください。 テイクアウトのみのご来店も大歓迎とのことですので、ぜひお気軽に立ち寄られてみてください! (記事公開後は混み合う可能性がございますので、日を空けたご利用をおすすめします。)

おすすめの記事