Yahoo! JAPAN

約450種の動物たちに出会える。「東山動植物園」の楽しみ方を徹底レポート!

Life

愛知県名古屋市千種区にある「東山動植物園」。

東海エリアの方にはおなじみのスポットですが、飼育動物の種類は約450種となんと日本一。2017年で開園80周年を迎えました。

東山動植物園といえば、イケメンゴリラやコアラが有名ですが、魅力はそれだけではありません。2021年3月にオープンしたばかりのレッサーパンダ舎、国の重要文化財に指定されている日本最古の公共温室など、みどころ満載です。

今回は、東山動植物園の楽しみ方を徹底レポートしたいと思います!

東山動植物園へのアクセス&チケットについて

東山動植物園にやってきました!

地下鉄東山線「東山公園」駅3番出口より徒歩3分。名古屋駅からも地下鉄で約18分とアクセス抜群です。地下鉄東山線「星ヶ丘駅」の場合は6番出口より徒歩7分、植物園に行くなら「星ヶ丘駅」が便利です。

駐車場も1600台ありますが、週末には混雑が予想されますので公共交通機関がおすすめ。

まずは観覧券をGETしましょう!

「観覧券」を購入すれば、動物園と植物園どちらも楽しめます。当日に窓口でも購入できますが、コンビニや旅行会社の窓口でも購入が可能。券売窓口に並ぶ必要がないので、比較的スムーズに入園ができますよ。

<観覧券>
大人(高校生以上):500円

<年間パスポート(定期観覧券)>
大人(高校生以上):2000円

東山動植物園の楽しみ方を徹底レポート!

東山動植物園には、動物園・植物園・遊園地の施設がありますが、まずは動物園へ!

動物園の敷地面積は32.21ヘクタール。人気の動物たちが飼育されている「本園」、丘陵地にメダカや類人猿が飼育されている「北園」の2つゾーンにわかれています。

今回は本園と北園を中心に巡ってみたいと思います。

正門を入ってすぐの場所にあるのは「スカイビュートレイン正門駅」。

植物園の入口「スカイビュートレイン植物園駅」を結ぶモノレールです。歩くと800mほどある距離を10分ほどで移動できます。

植物園や日本産動物エリアも巡りたいという方に、おすすめですよ!

人気動物が大集合!本園

アジアゾウの故郷、スリランカをイメージしたアジアゾウ舎「ゾージアム」

まずは、2013年に完成したアジアゾウ舎「ゾージアム」へ!

広さは約3350㎡で、アジアゾウの故郷・スリランカの風景をイメージして整備されました。

アジアゾウは四季を通して一日中よく動き回ります。ゾウは濡れるのが好きなので、特に雨の日にはイキイキとした姿が見られますよ。

ゾージアムでは、ワルダー・アヌラ・コサラ・さくらと4頭のアジアゾウが飼育されています。面倒見のいいワルダーは1973年に来園した、東山動植物園の重鎮です!

建物の中には、ゾウの歴史や生態を学べる展示も。ゾウの足ってこんなにも大きいのですね!皮膚の厚さは2〜4cmにもなるのだそう。

学びながらゾウを見られる、まさにゾウのミュージアム!

残念ながらこの日は見られませんでしたが、こちらの「スリットビュー」からは、ゾウを間近で見ることができますよ。

寝姿は休日のおじさん?!「アカカンガルー舎」

お次はスタッフさんおすすめの「アカカンガルー舎」へ。なにやら、とってもユニークな光景を見られるのだとか。

ご覧ください。この休日のおじさんのような寝姿!!アカカンガルーは夜行性なので、昼は寝て過ごすのだとか。こちらまでなんだか眠くなってきてしまいそう……笑

カンガルー科の中で最も体の大きいアカカンガルー。オスとメスでは体の大きさにかなりの差があります。体が大きく筋肉が立派なこちらは、オスのアカカンガルーですね!

百獣の王に会いに行こう!「ワ〜オチューブ」

続いては、開園70周年を記念し2007年につくられた、ライオン舎「ワ〜オチューブ」へ。ライオンの姿を間近で観察できる施設です。

ドキドキしながら、橋を渡ります。

ライオン舎では、サン・ルナ・ソラの3匹のライオンが飼育されていますが、この日はサンとルナの息子であるソラに会うことができました。面長でサラサラヘアが特徴です。性格はおっとりとしているのだそう。

間近でみるライオンは、かなりの迫力ですね。

39年ぶりに東山動植物園に登場!「レッサーパンダ舎」

さて、今回の1番楽しみにしていた2021年3月オープンしたばかりの「レッサーパンダ舎」にやってきました。

東山動植物園でレッサーパンダが飼育されるのは、なんと39年ぶり!!「ずん」「まるこ」「令」の3頭のシセンレッサーパンダがやってきてくれました。※令和3年5月31日 れいかが来園

昼すぎのエサの時間がおすすめということで、いざ建物の中へ!

なんと……お昼寝中。起きないかな〜と待ってみましたが、全然起きません……。

夕方頃に再度行ってみると、令が起きていました〜!!毛色が薄くてわんぱくなのが、令です。なんて愛くるしいのでしょうか。

シセンレッサーパンダの体長はおよそ60cm。中国やミャンマーの標高1500メートル以上の寒い地域に生息しており、絶滅危惧種に指定されています。

ちなみに、屋内展示室と屋外運動場がつながっており、運が良ければ空中通路を歩く様子も見ることができますよ!

続いては、キリン舎に行ってみましょう。

陸上で最も背の高い動物「アミメキリン」

東山動植物園では、4頭のアミメキリンが飼育されています。のんび〜りとした姿が印象的なキリンですが、実は時速50kmで走ることができるのだそう!

アミメキリンの芝生の前にはベンチが設置されているので、ゆっくりのんびりと観察できますよ。しばし休憩タイムです。

東山動植物園のもふもふアイドル「コアラ舎」

「コアラ舎」にやってきました。東山動植物園と言えばコアラ!という方も多いのではないでしょうか。

まずはコアラ舎前にある学習施設「コアラフォレスト」でコアラについて学びましょう。

1日のうち20時間は寝ているというコアラ。果たして起きているコアラの姿を見ることはできるのか?!

室内はとっても広々!どこにいるのかな〜

いました!木の上でお昼寝中です。モフモフな姿はぬいぐるみのよう。

ちょうどお食事タイムということもあり、起きているコアラの姿を見ることができました。

こちらはお食事中。1時間ほどかけて、ゆっくりとランチを楽しむのだそう。

なんと赤ちゃんコアラも一緒でした!まさに天使……。現在、コアラ舎では2020年に生まれた3頭の赤ちゃんコアラが飼育されていますよ。

コアラ舎の壁にあるシンボルマークは、1984(昭和59)年のコアラ初来園時に、漫画家の鳥山明先生が手がけたもの。ぜひチェックしてみてくださいね!

知る人ぞ知る、人気スポット「バードホール」

コアラ舎から歩いてすぐの場所にある「バードホール」。実は知る人ぞ知る、人気スポットなんです。

中に入ると、インドクジャクやホロホロチョウなど、約10種類の色鮮やかな鳥たちの姿が。そして、驚くのはその展示方法。

なんと、鳥たちと人の間には、柵やガラスといった隔たりが一切ないんです。手を伸ばせば届きそうな距離で、鳥たちが自由に動き回っている様子を見ることができます。スタッフさんたちも、なぜ通路側に鳥たちが来ないのかは謎なのだとか。

うつくしい鳥たちの姿にうっとり。通路にはベンチも設けられているので、ゆったりと過ごすのがおすすめですよ。

動物園ならではのグルメを堪能!

フードコート「ZOOASIS(ゾアシス)」

そろそろお腹が空いたな〜ということで、ランチタイムです。

園内には5つの飲食施設があります。今回は中央休憩所近くにある「ZOOASIS(ゾアシス)」にやってきました。7店舗からなるフードコートです。

せっかくなので、動物園ならではのメニューをいただいてみました。

ライオンピザ

まずは「ライオンピザ」。黒豆の目と鼻に、パスタの蝶ネクタイ。ボリュームたっぷりなので、みんなでシェアもおすすめですよ!

 

ゴリラチーズドッグ

こちらは「ゴリラチーズドッグ」。モッツァレラチーズがたっぷり入っています。テイクアウトにも!

コアラアイス

食べるのがもったいないくらいキュートな「コアラアイス」。ボリューム満点のチョコレートアイスは、これからの暑い季節にぴったりですね!

他にも動物園ならではのグルメがたくさん!

コアラカレー

北園にあるカフェ「ノースガーデン」では、大人気の「コアラカレー」がいただけます。甘口なのでお子さんにもぴったり。

シャバーニアイス

正門のすぐそばにある「ズーボゲート」で要チェックなのは「シャバーニアイス」。溶けにくいアイスとして、SNSでも話題沸騰の商品です。

店内で焼き上げている「どうぶつパン」も見逃せません。トラ・カメ・クマ・ゴリラなど、かわいい動物のパンが日替わりで登場。どのパンに出会えるかは、当日のお楽しみ!売り切れになってしまうこともあるので、気になる方はお早めに。

イケメンゴリラ「シャバーニ」に出会える北園へ!

後半戦は、北園へ行ってみましょう!

シャバーニが暮らす「ゴリラ・チンパンジー舎」

イケメンゴリラ・シャバーニが暮らす「ゴリラ・チンパンジー舎」にやってきました!

2018年9月にオープンしたゴリラ・チンパンジー舎では、ゴリラとチンパンジーの故郷である「アフリカの森」を体感できます。屋外の運動場には、8~15メートルのタワーが設置されており、野生と同様の樹上での生活が再現できるように工夫がされています。

こちらはチンパンジー。チンパンジーは20〜100頭のグループで暮らし、縄張り意識が強いのだそう。

写真提供:名古屋市東山動植物園

残念ながらこの日は会うことができませんでしたが、こちらがイメケンゴリラの「シャバーニ」。こどもゴリラたちに優しい、シルバーバッグのリーダーです。

ちなみに日本の動物園でゴリラを群れで飼育しているのは珍しく、年の近いこどもたちが群れにいるのは東山動植物園だけ。シャバーニだけでなく、ゴリラの群れでの暮らしにも注目してみてくださいね!

エスカレーターでスカイタワーへ

続いてスカイタワーの方へ行ってみましょう!

スカイタワー・自然動物館・世界のメダカ館の方面へは、エスカレーターが便利。

名古屋市政100周年を記念して、丘の上に建てらた地上134mの展望タワー「東山スカイタワー」。5階にある展望室からは、名古屋市内を一望できます。最上階にあるスカイレストランでは、夜には本格フルコース料理が味わえますよ。

【東山スカイタワー】
住所   :愛知県名古屋市千種区田代町瓶杁1-8
電話番号 :052-781-5586 <レストランTEL 052-788-7288>
入園時間 :9:00~21:30(入館21:00まで)
定休日  :毎週月曜日(国民の祝日または振替休日の場合はその翌日)及び年末年始

<観覧料>
大人(高校生以上):300円

<動植物園・タワー共通券>
大人(高校生以上):640円

※最新情報は公式WEBサイトにてご確認ください

夜行性動物に出会える「自然動物館」

スカイタワーの目の前にある「自然動物館」の1階では夜行性動物、2階では爬虫類や両生類が飼育されています。

夜行性動物のエリアは、開園時間中は展示スペースの照明を暗くして昼夜逆転させることで、夜に活動する動物の姿が見られます。
暗くて動物が見えづらいという方は、開園直後がおすすめ!昼から夜に変わる1時間ほど、明るい中で観察ができますよ。

スタッフさんのおすすめはミナミコアリクイとのことだったのですが、動きが早く写真が撮れなかったため、代わりに筆者が大好きなナマケモノをご紹介。

ナマケモノは南アメリカに住んでいる夜行性動物。1日に15時間以上も眠っているのだそう。ゆ〜っくりのんびりとした姿はなんとも癒されます。歩くのは苦手なナマケモノですが、実は泳ぐのは得意なんですよ!

世界屈指の貴重な水族館「世界のメダカ館」

写真提供:名古屋市東山動植物園

取材日は残念ながら臨時閉館中でしたが、「世界のメダカ館」もスタッフさんおすすめの施設。

あまり目立った存在ではありませんが、実は世界屈指の設備や実績をほこる施設なんです。世界中から集められた約200種類3000匹のメダカや淡水魚が飼育されています。メダカ科魚類の種類数はなんと世界一!

バイソンやオオカミなどアメリカの動物が大集合「アメリカゾーン」

続いては、「アメリカゾーン」へ。

ここでは、アメリカバイソン、ハクトウワシ、トナカイ、カナダヤマアラシなどアメリカに生息している動物を観察できます。

「アメリカバイソン舎」は、広々とした運動場が特徴。

日本の動物園ではアメリカバイソンは1〜2頭で飼育されることが多いので、東山動植物園のように群れで暮らしているアメリカバイソンを見られるのは、とても珍しいんです。角をつきあわせる姿、お互いに挨拶をする姿など、群れ飼育ならではの光景を観察して見てくださいね。

「かわいい〜」とたくさんの方が見とれていたのは、オグロプレーリードッグ。北アメリカの草原地帯に住むリス科の動物です。イヌのような鳴き声を出して仲間に危険を知らせることから、「プレーリードッグ」という名前になったのだとか。

キリっとした佇まいがうつくしいのは「シンリンオオカミ」。

2012年にオープンした「シンリンオオカミ舎」では、群れで走り回るオオカミの息づかいを間近で感じることができます。お堀部分はプール越しに柵なし、ガラス部分は顔と顔がつくほどの距離と、大迫力!

東山動植物園の魅力は動物園だけではありません。続いて、遊園地と植物園にも行ってみましょ〜う!

大人も子どもも楽しめる!遊園地

東山動植物園には、遊園地まであるんです!

入場料は無料。16種類のアトラクションが楽しめます。料金は1枚120円の「のりもの券」を購入し、それぞれのアトラクションごとに必要な枚数が決まっています。1番高い物でも3枚(360円)なので、気軽に楽しめますね。

子どもたちに大人気な「くるくるキリン」は、のっぽのキリンさんにぶら下がるゴンドラのブランコ。キリンさんの首が伸びたり縮んだりしますよ。

ぐるぐる回る部屋を体験できる「ビックリハウス」も!

お次は植物園に行ってみましょう!本園からの移動には、スカイビュートレインがおすすめですよ。

都会の中で自然を感じられる、癒しのスポット「植物園」

東山動植物園は動物園に注目しがちですが、その名の通り、植物園もあります。植物園には温室や丘陵地の自然林を利用し約7000種の植物が展示されています。

2021年4月23日には、2014年から保存修理工事をしていた重要文化財の「温室前館」がリニューアルオープン。温室が水面に映る池も整備されました。

温室の中に入ってみると、その広さと植物の種類の多さに驚きました。温室でも何時間も過ごせるくらい、魅力的な施設です。植物がお好きという方は、動物園とは別日で訪れることをおすすめします。

写真提供:名古屋市東山動植物園
写真提供:名古屋市東山動植物園

桜の回廊では約100種1000本の桜が春を彩ります。秋には奥池や日本庭園を中心に約500本の樹木が色づき、市内屈指の紅葉スポットとなっています。

その他にも、椿園・バラ園・お花畑など、四季折々の風景を楽しめますよ。

最後はおみやげショップでお土産をGET!

ズーボゲート(本園)
ショップ ノースガーデン(北園)
ズー・デ・ガッテン(本園)

園内には、「ズーボゲート」「ショップ ノースガーデン」「ズー・デ・ガッテン」と3つのお土産ショップがあります。

ショップの限定商品がありそれぞれ品揃えも異なるので、ぜひ巡ってみてくださいね。

もっともっと東山動植物園を楽しもう!

フォトスポットで記念撮影

フォトスポットが豊富なのも、東山動植物園の魅力のひとつ!

「第二回全国顔はめパネル選手権」で優勝した逸品も。ぜひ来場の記念に撮影してみてくださいね!

応援募金をしてオリジナルピンバッチをGETしよう!

東山動植物園が大好き!というそこのあなた。

東山動植物園や園内でくらす動物たちを寄付という形で応援してみませんか?(1口500円〜)

寄付をすると、オリジナルのピンバッチと応援カードがいただけます。ピンバッチやカードはどんどん更新されるそうなので、ぜひ集めてみてくださいね。

今回は東山動植物園をまるっとご紹介しました。

約450種の動物たちは訪れるたびに、さまざまな姿を見せてくれます。年間パスポートをGETして、お散歩気分で通うのもおすすめ。家族みんなで足を運んでみてくださいね!

おすすめの記事

新着記事

  1. 【子育て世代×お金】子育てに係る助成等が“非課税”に!どう変わる? 分かりやすく解説

    ウレぴあ総研
  2. 「ずんだが好きならドストライク」セブンの新スイーツで五輪アスリート気分!

    東京バーゲンマニア
  3. エハラマサヒロの妻、母親から言われた言葉を明かす「うるうるきました」「いいお母さん」の声

    Ameba News
  4. 撥水性ってどんな意味?防水性との違いと原理を理解しよう

    .HYAKKEI
  5. 高橋真麻、一気に4個食べてしまったもの「二日酔いの身体に最高」

    Ameba News
  6. みきママ、眉毛が半分無くなった娘を公開「昔のヤンキーみたい」

    Ameba News
  7. 「トムとジェリー」の名シーンを完全再現!「壺になったトム」が本物の壺になっちゃった

    おたくま経済新聞
  8. ご飯に気づいたニャンコが、にょい〜んと立ちお手てをカキカキ。うれしさ伝わる仕草が可愛すぎて♡

    PECO
  9. デンマークの国民食「ホットドッグ」も味わえる!!デンマーク大使館でデンマークパビリオンが開催へ!

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  10. トロ肉がのったフレンチカレーで愛される西荻窪『SPOON』。ランチでも気軽にフレンチ気分を!

    さんたつ by 散歩の達人