Yahoo! JAPAN

白石麻衣、DJ和の2枚同時発売新作CDジャケットに登場! 「学生時代によく聴いてたなという曲が詰まったCDになっているので」

Pop’n’Roll

白石麻衣、DJ和の2枚同時発売新作CDジャケットに登場! 「学生時代によく聴いてたなという曲が詰まったCDになっているので」

白石麻衣が、2月16日(木)に発売されるDJ和の最新作「LOVE ~もういちど好きになってもいいですか?~ mixed by DJ和」、「HAPPY ~たまには大人をサボっちゃお?~ mixed by DJ和」のジャケットに登場する。

ジャケットはロマンチックな夕焼けと、開放感ある青空という「LOVE~」「HAPPY~」2タイトルの収録曲やコンセプトに合わせた2つのシチュエーションで撮影。好対照ながら、いずれも白石麻衣の美しさ、魅力が冴えわたる仕上がりに。

なお、自身が在籍していた乃木坂46のCDを除き、白石麻衣がコンピレーションCDのジャケットを飾るのは今回が初めてとなる。

また、CDショップでは発売を記念し、先着購入特典として白石麻衣出演ジャケット写真によるメガジャケ(Amazon)、ポストカード(CDショップ応援店)が数量限定で配布されることも決定した。

「LOVE ~もういちど好きになってもいいですか?~ mixed by DJ和」ジャケット(表)
「HAPPY ~たまには大人をサボっちゃお?~ mixed by DJ和」ジャケット(表)

今作は、20~30代をメインとした新しいオトナ世代に贈る2000年以降の国民的メガヒット曲のオリジナル音源が集結した“21世紀の青春J-POPベストアルバム”。全曲歌えて、懐かし話が劇的に盛り上がるCDとなっている。

「LOVE ~もういちど好きになってもいいですか?~ mixed by DJ和」の収録曲は、1曲目のORANGE RANGE「花」(2004年 映画『いま、会いにゆきます』主題歌)から、最後のHY「366日」(2008年 ドラマ・映画『赤い糸』主題歌)までの36曲を収録。

一方、「HAPPY ~たまには大人をサボっちゃお?~ mixed by DJ和」は、1曲目のmihimaru GT「気分上々↑↑」(2006年 ダリヤ『パルティ』のCMソング)から、最後の三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「R.Y.U.S.E.I.」(2014年大ヒット曲)まで37曲が収められている。

「LOVE ~もういちど好きになってもいいですか?~ mixed by DJ和」先着購入特典ポストカード(表)
「HAPPY ~たまには大人をサボっちゃお?~ mixed by DJ和」先着購入特典ポストカード(表)

コメント

白石麻衣:
今回、歴代続いているDJ和さんのCDシリーズのジャケットを飾らせていただけるということですごく嬉しく思います。撮影は「LOVE」、「HAPPY」とそれぞれ雰囲気の違った撮影となっていて楽しかったです。(2000年代という時代は)私にとっては2010年あたりが乃木坂46に入る前の時代なので、中高生の頃ですが、本当に普通の女の子の生活をしていたので、それこそカラオケとかによく行ってこの時代のヒットソングをいっぱい歌ったりしていました。たぶん私と同年代の方がこのCDを聴くとどれも懐かしく、学生時代によく聴いてたなという曲が詰まったCDになっているので、それを今の時代に聴いて、昔の懐かしい想い出を思い出しながらも、でも今の生活も楽しんで、幸せなハッピーライフをみなさんに送ってもらえたらいいなと思います。私もお休みの日とかにはおうちでたくさん流して、このCDに浸ってゆっくり過ごしたいなと思います。

DJ和:
今回はなんとコンセプトが違う2枚を同時にリリースさせていただきます! ジャケットは両作ともに白石麻衣さん! それぞれのCDの効能が一目で分かる、とても美しい素敵な写真を飾ってくださいました!! 夕暮れ時のオレンジがかったドキッとする表情の「LOVE」は、まさに王道LOVEソングのオンパレードです。夕方や夜などにゆっくり浸るように聴くのがオススメです。晴天のもと白石さんの笑顔の眩しさにやられる「HAPPY」は、どんな時でもその場を盛り上げるハイテンションな曲が満載です! 元気が欲しい朝やドライブ中などみんなでワイワイする用としても活躍するはずです! 合計73曲の超名曲を収録させていただいたのですが、あなたはどっち派でしょうか!? 普段の生活のいろんな場面でこのCDが役に立てば嬉しいなと思います!

「LOVE ~もういちど好きになってもいいですか?~ mixed by DJ和」

発売日:2022年2月16日(水)
AICL 4143 ¥2200

1. ORANGE RANGE 「花」(2004年)
2. FUNKY MONKEY BABYS 「Lovin' Life」(2007年)
3. Aqua Timez 「等身大のラブソング」(2005年)
4. GReeeeN「愛唄」(2007年)
5. 三木道三 「Lifetime Respect」(2001年)
6. 花*花 「あ~よかった(setagaya-mix)」(2000年)
7. アンジェラ・アキ 「手紙~拝啓 十五の君へ~」(2008年)
8. 吉田山田 「日々」(2013年)
9. サンボマスター 「ラブソング」(2009年)
10. 奥 華子 「ガーネット」(2006年)
11. スキマスイッチ 「奏(かなで)」(2004年)
12. miwa 「片想い」(2012年)
13. 倖田來未 「愛のうた」(2007年)
14. Flower 「白雪姫」(2013年)
15. JUJU 「この夜を止めてよ」(2010年)
16. LOVE PSYCHEDELICO 「Last Smile」(2000年)
17. 大塚 愛 「プラネタリウム」(2005年)
18. Crystal Kay 「恋におちたら」(2005年)
19. サスケ 「青いベンチ」(2003年)
20. 平井 堅 「君の好きなとこ」(2007年)
21. YUI 「CHE.R.RY」(2007年)
22. 木村カエラ 「Butterfly」(2009年)
23. Rake 『100万回の「I love you」』(2011年)
24. 加藤ミリヤ×清水翔太 「Love Forever」(2009年)
25. AAA 「恋音と雨空」(2013年)
26. ROCK'A'TRENCH 「My SunShine」(2009年)
27. 清水翔太 「君が好き」(2009年)
28. ゴスペラーズ 「永遠(とわ)に」(2000年)
29. 伊藤由奈 「Precious」(2006年)
30. 中島美嘉 「ORION」(2008年)
31. 一青 窈 「ハナミズキ」(2004年)
32. 秦 基博 「ひまわりの約束」(2014年)
33. いきものがかり 「帰りたくなったよ」(2008年)
34. レミオロメン 「粉雪」(2005年)
35. 絢香 「三日月」(2006年)
36. HY 「366日」(2008年)

「HAPPY ~たまには大人をサボっちゃお?~ mixed by DJ和」 2022年2月16日(水)発売 

発売日:2022年2月16日(水)
AICL 4144 ¥2200

1. mihimaru GT 「気分上々↑↑」(2006年)
2. RIP SLYME 「FUNKASTIC」(2002年)
3. SEAMO 「ルパン・ザ・ファイヤー」(2006年)
4. YUKI 「JOY」(2005年)
5. Tommy february6 「EVERYDAY AT THE BUS STOP」(2001年)
6. Aqua Timez 「虹」(2008年)
7. キマグレン 「LIFE」(2008年)
8. 藤井 隆 「ナンダカンダ」(2000年)
9. 松平 健 「マツケンサンバⅡ」(2004年)
10. 剛力彩芽 「友達より大事な人」(2013年)
11. miwa 「ヒカリヘ」(2012年)
12. スキマスイッチ 「全力少年」(2005年)
13. FLOW 「GO!!!」(2004年)
14. ポルノグラフィティ 「ミュージック・アワー」(2000年)
15. Steady&Co. 「春夏秋冬」(2001年)
16. HY 「AM11:00」(2003年)
17. Whiteberry 「夏祭り」(2000年)
18. E-girls 「Follow Me」(2012年)
19. 平井 堅 「POP STAR」(2005年)
20. 東京スカパラダイスオーケストラ 「美しく燃える森」(2002年)
21. ORANGE RANGE 「イケナイ太陽」(2007年)
22. サンボマスター 「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」(2005年)
23. L'Arc~en~Ciel 「READY STEADY GO」(2004年)
24. NANA starring MIKA NAKASHIMA 「GLAMOROUS SKY」(2005年)
25. 矢井田 瞳 「My Sweet Darlin'」(2000年)
26. 倖田來未 「キューティーハニー」(2004年)
27. MINMI 「シャナナ☆」(2007年)
28. いきものがかり 「じょいふる」(2009年)
29. ももいろクローバーZ 「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」(2018年)
30. 木村由姫 「LOVE & JOY」(2000年)
31. ASIAN KUNG-FU GENERATION 「リライト」(2004年)
32. Def Tech 「My Way」(2005年)
33. nobodyknows+ 「ココロオドル」(2004年)
34. DJ OZMA 「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」(2006年)
35. ゴールデンボンバー 「女々しくて」(2009年)
36. DA PUMP 「U.S.A.」(2018年)
37. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「R.Y.U.S.E.I.」(2014年)

先着限定特典
・メガジャケ(Amazon co.jp 限定特典)
・オリジナルポストカード封入(一般応援店)

【関連記事】

おすすめの記事