Yahoo! JAPAN

えのぐ/純情のアフィリア[ライブレポート]アイドル界を新たな次元へと導くスタートライン「“未来”を感じてもらえたら嬉しいです!」

Pop’n’Roll

えのぐ/純情のアフィリア[ライブレポート]アイドル界を新たな次元へと導くスタートライン「“未来”を感じてもらえたら嬉しいです!」

えのぐが、5月1日(土)~5月3日(月・祝)に池袋harevutaiにて主催イベント<Beyond the Dimension>を無観客生配信で開催した。VRアイドルとリアルアイドルが対バンするという新しいライブスタイルとなった同イベントには、純情のアフィリア、かみやど、#ババババンビ、SUPER☆GiRLSの全4組が出演。本記事では、5月1日(土)に行なわれた<えのぐ×純情のアフィリア>の模様をお届けする。

攻めのセットリストで世界観を構築!

純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

高揚感を誘うSEに合わせて登場した純情のアフィリアは、寺坂ユミが“みなさん、楽しんでいくよ〜!”と煽り、「究極アンバランス!」からライブをスタート。落ちサビに突入すると、“みんなでクラップ”と掛け声を放ち、コメント欄を“8888”と拍手の絵文字で埋め尽くす。緊急事態宣言の影響で無観客配信となったこの日のライブであったが、序盤からファンと一体となるライブを作り上げていった。

疾走感のあるロックナンバー「この世界に魔法なんてないよ」では、1曲目とは異なる力強い表情で楽曲のコンセプトを表現。渚カオリのパワフルなアジテートも有観客ライブさながらで、目の前にファンがいるかのような全力アクトで視聴者を巻き込んでいく。画面に流れるコメントの多さが、その盛り上がりを象徴していた。

純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

グループのコンセプトでもある魔法をテーマにした楽曲のあとは、寺坂が“私たちを初めて観る方もいると思うので”と自己紹介MCへ。その場で寄せられたコメントを読み上げ、視聴者とコミュニケーションを図る場面も。

寺坂が“せっかくの2マンライブということで、今回えのぐさんの楽曲をカバーさせていただきます”と明かすと、コメント欄はさらにヒートアップ。キュートな恋心を歌うえのぐの楽曲「ショートカットでよろしく!」をカバー。“次元を超えて”という意味を持つ<Beyond the Dimension>のライブタイトルどおりのコラボ演出となった。渚の“画面の向こうのみなさん、次元を超えて純情のアフィリアの愛、届いていますかー?”という煽りも、このスペシャルなイベントの多幸感をグッと押し上げた。歌唱前には“めっちゃ緊張する〜”と本音を口にしていたアフィリアメンバーであったが、それを微塵も感じさせないくらい楽曲を見事に自分たちのモノにしていた。

純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

雨森セラが“ここからは純情のアフィリアの楽曲で盛り上がっていきましょう”と放つと、「S・M・L☆」、「禁断無敵のだーりん」というポップなサウンドにコミカルな振り付けが印象的なナンバーを連続ドロップ。TVアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』エンディングテーマ「起・承・転・結・序・破・急」では、配信カメラへの指差しもバッチリとキメていた。

ここでのMCでは、カバーした「ショートカットでよろしく!」や葉山カナと夏目ベールがゲスト出演した『えのぐ 白藤環の推してまいる!』(ラジオ日本)のエピソードをトーク。

純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

アニメ『対魔導学園35試験小隊』オープニングテーマ「Embrace Blade」からライブを再開。優希クロエが“そこのあなたもクラップー!”と、サビでの手拍子を誘う。躍動感溢れるステージを披露したかと思えば、エレクトロポップ調の「Like? or Love?」ではスカートをなびかせる甘いダンスで妖艶な魅力を放っていた。

葉山が“ラスト行くぞー!”と発して、最後は人気曲「奇跡と魔法のクロニクル」で締めくくった純情のアフィリア。アニメ&ゲームのテーマソングをたっぷりと詰め込んだ彼女たちらしい攻めのセットリストで、えのぐに見事にバトンを繋いだ。

純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
純情のアフィリア<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

純情のアフィリア<Beyond the Dimension>

2021年5月1日(土)
池袋harevutai

SE
M1 究極アンバランス!
M2 この世界に魔法なんてないよ
MC
M3 ショートカットでよろしく!
M4 S・M・L☆
M5 禁断無敵のだーりん
M6 起・承・転・結・序・破・急
MC
M7 Embrace Blade
M8 Like? or Love?
M9 奇跡と魔法のクロニクル
MC

VRアイドルの開拓者が示した大いなる可能性

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

「Overture」がフロアに鳴り響くと、<Beyond the Dimension>初日公演はえのぐのターンに突入。自己紹介曲「e☆Jump!→Dream!!」で高らかにジャンプし、会場を一気に4色のカラーに染め上げていく。

軽やかな2ステップダンスで“フレフレフレ”とエールを送る前向きなナンバー「YeLL for Dear」を届けたあとは、自己紹介MCへ。鈴木あんずが“私たちは活動するフィールドがバーチャル空間というだけで、ライブをしたり握手会をしたり楽曲を制作したり、そういう活動自体は2マンライブのお相手の純情のアフィリアさんたちと変わらないので、普通にアイドルとして接してくれると嬉しいです”とVRアイドルについて説明。続けて、“私たちはVRアイドルの代表として、VRアイドルが当たり前にアイドルとして活動できる世の中にしたいと思っていて、その道を先頭に立って切り拓くために活動しています!”と熱い想いを打ち明けた。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

4人が1人ずつ自己紹介を終え、白藤環が元気よく“みなさん、まだまだ盛り上がれますか? 純情のアフィリアさんのカバー曲です。「マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー」!”とライブを進める。曲中、メンバーが車掌に扮しキュートなセリフを放つと、“車掌が可愛すぎる!”、“この電車にはどうしたら乗れますか?”など歓喜のコメントが。完成度の高いカバーパフォーマンスに視聴者のテンションも高まっている様子であった。また、滑らかなダンスがキマると、フロアで見守っていたアフィリアメンバーからも歓声が起こっていた。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

雰囲気を一変させ、通信回線“5G”をテーマにした重低音を響かせるハードナンバー「ギザギザコミュニケーション」、EDMサウンドに乗せたエモい歌詞が印象的な「スタートライン」と、幅広いレパートリーで魅せる。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

「スタートライン」では、“バーチャルアイドルとアイドルのみなさんとの競演、今はまだ不思議に感じるかもしれません”(白藤環)、“でも近い将来、今日みたいな公演が当たり前になって、2次元とか3次元とか、バーチャルとかリアルとか”(日向奈央)、“そういう言葉を超えた先に、すごく素敵で、刺激的な世界があるんじゃないかって、私たちは思っています”(夏目ハル)、“この<Beyond the Dimension>を通して、みなさんにもそういう「未来」を感じてもらえたら嬉しいです!”(鈴木あんず)と4人で言葉を繋ぎ、胸に抱いている熱い感情を解き放った。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

2回目のMCでは、“すごい楽しかった”というカバー楽曲「マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー」の感想や裏で観ていたという純情のアフィリアのステージ、「ショートカットでよろしく!」について語る。中でも、アニメ好きの白藤は“おたまき”(ヲタクモードの白藤環)になってしまうほど大興奮であった。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

「Brand new stage」でラストスパートをかけると、夏目はソロパートを歌唱せず、代わりに“今日からの3日間、一緒に楽しんでいきましょう!“と気合い充分のアジテート。待ちに待ったリアルアイドルとの2マンライブに、4人のパフォーマンスには初日から熱いエネルギーが満ち溢れていた。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

最後は4人のソロパートに合わせたライティングが華やかな「アンプリファー」。この公演の冒頭に、鈴木が“VRアイドルの先頭に立って道を切り拓く”と語ったように、リアルアイドルとVRアイドルが対バンをするという新しい挑戦を成し遂げたえのぐ。今後のアイドル界を大きく変える“スタートライン”になるような特別な2マンライブは幕を降ろした。

えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)
えのぐ<Beyond the Dimension>池袋harevutai(2021年5月1日)

えのぐ<Beyond the Dimension>

2021年5月1日(土)
池袋harevutai

Overture
M01 e☆Jump!→Dream!!
M02 YeLL for Dear
MC
M03 マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー ※cover
M04 ギザギザコミュニケーション
M05 スタートライン
MC
M06 Brand new stage
M07 アンプリファー
Short MC

【関連記事】

おすすめの記事