Yahoo! JAPAN

JR貨物 南福井駅 が着発線荷役に対応、ゆくゆくはコンテナホーム1面2線上下7本をE&Sへ

鉄道チャンネル

福井県福井市花堂北の北陸線 JR貨物 南福井駅は、10月11日から、着発線荷役方式(E&S方式:Effective & Speedy Container Handling System)に対応する。

E&S方式対応のおもな設備は、コンテナホーム・荷役線1面1線22両、当面の間は一部使用で、今後1面2線での全面使用開始をめざす。

着発線荷役方式(E&S方式)は、コンテナを本線上の列車から積卸しする荷役スタイル。

列車の着発線上に荷役ホームを設置し、列車が駅に到着してすぐにコンテナの積み卸し作業ができるというメリットをもつ。

従来は貨物列車到着後、機関車で架線のない荷役線までけん引するなどの入れ換え作業で、時間がかかっていた。

そこを、列車の着発線上に荷役ホームで直接、荷役するように構造を変え、リードタイムの大幅短縮とコスト削減を図ったのがこの方式。

着発線荷役方式では、コンテナ荷役作業などのさい、架線との接触事故などを防ぐべく架線の送電を止めて行うことから、架線下荷役とも呼ばれている。

現在、この着発線荷役方式に対応する駅は全国に30駅あり、南福井駅が対応したことで31駅に。

駅構内での複雑な入換作業がないため、大幅なリードタイム短縮と省力化、輸送需要への柔軟な対応が可能になる。

<南福井駅 概要>

◆面積:総面積 約5.6万平米、一部使用期間中のコンテナホームは約1.1万平米、全面使用開始時のコンテナホームは約1.7万平米

◆主な設備:コンテナホーム・荷役線1面1線22両・E&S方式対応。当面の間は一部使用、今後1面2線での全面使用開始めざす

◆列車本数:上り3本・下り4本/日(現行:上り2本・下り3本)

◆取扱量:約11.2万トン/年間(2020年度実績)

<鉄道チャンネル 関連記事>
◆岐阜貨物ターミナル駅と新南陽駅、リードタイム短縮の先駆け(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11513504.html

画像:JR貨物
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 炭水化物に炭水化物の幸せ 良町の「金源飯店」で台湾ラーメンと麻婆豆腐丼のセットがピリッとたまらない!

    肥後ジャーナル
  2. 一瞬で惚れちゃう!いつまでも印象に残り続ける”雰囲気美人”の特徴

    mer
  3. 猫のためにならない『甘やかし方』5選!ケース別の適切な対応方法とは?

    ねこちゃんホンポ
  4. 【最新版】ほかほか定番が美味しい!セブンイレブンホットスナック人気ランキングのおすすめTOP3!

    もぐナビニュース
  5. ジャニーズだった…かも?!実は元々アイドル志望だった芸人ランキング

    ランキングー!
  6. 飼い主の熱烈な「連続キス」を受け止めた猫さん。あまりのできごとに硬直してしまう (〃∇〃)

    PECO
  7. アプガ(2)、1st EP『にきちゃんわんだーおんぱれーど』収録曲&ジャケット写真解禁!

    Pop’n’Roll
  8. 3人の子どもの育児にアルツハイマー実母の介護で限界です……。#小田桐あさぎの人生お悩み相談

    saita
  9. After the Rain、5周年記念リクエストライブの開催が決定 初の映画館ライブビューイング&全世界へ配信

    SPICE
  10. 犬のストレスになる『インテリア』4選!犬を苦しめてしまう環境を考える

    わんちゃんホンポ