Yahoo! JAPAN

生瀬勝久、池田成志、古田新太らが作り出す濃密な笑いと毒の舞台『獣道一直線!!!』まもなく開幕

SPICE

“ねずみの三銃士”第4回企画公演『獣道一直線!!!』ゲネプロより

今の演劇界をけん引する生瀬勝久池田成志古田新太の3人が“今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!”という想いで結成された“ねずみの三銃士”による企画公演『獣道一直線!!!』が2020年10月6日(火)より、東京・PARCO劇場にて上演される。初日前日となる5日に同劇場でゲネプロ(通し稽古)が報道陣に公開された。

本作は脚本は俳優、演出家、アーティストとマルチに活躍し実力を発揮する宮藤官九郎、そして演出には多くの話題作の演出を務める河原雅彦という最強メンバーが集結し、毎回PARCO劇場で上演を企ててきた大人気シリーズの第四弾となる。
今回も過去3作同様、ねずみの三銃士が発案したネタをベースに、宮藤が新作を書き下ろし、河原の演出を経てゲスト俳優の山本美月池谷のぶえ、そして宮藤自身も今回初出演する。実力派俳優たちが繰り広げる笑いと猛烈な毒が混ざり合う舞台を紹介しよう。

【あらすじ】
一面識もない独身男性3人が殺害された。

殺害方法も三者三様。無関係と思われた3つの事件。
被害者の共通点は、大金を持っていて、婚活サイトに登録していた。
そして同じメーカーのED治療薬を飲んでいた。

事件に関心を持ったドキュメンタリー作家が取材を続ける中で浮かび上がってきた1人の女性の存在。

『苗田松子』
3人の被害者は、苗田松子と名乗る女と、関係を持っていた。

なぜこんな女に騙されるのか。男たちは耄碌していたとしか思えない。
しかし、苗田松子を取材するうちに自身も事件の闇に取り込まれ......。


生瀬、池田、古田は売れない役者として、あらすじにある内容を劇中劇よろしく“再現”していくのだが、池谷含めて手を変え品を変え、そして役を変えてステージ上に登場しては昨今の世情を踏まえたど直球の皮肉を交えて物語を進めていく。今どの役を演じているのか分からなくなるくらい猛スピードで進行していくのだから、一秒たりとも目が離せない。

また3人に絡む池谷の芝居が実に素晴らしい。いかにもなおばちゃん役からぐっと男心を掴む魔性の女まで、劇中、次にどのような顔を見せるのか楽しみでならなかった。この日観劇できたのは一幕のみ。生瀬が演じる男と池田が演じる男が苗田松子とどんな関係を持っていたのかその概要は掴めたが、古田が演じる男がどんな絡み方をしてくるのか、そして一幕で見せた様々な出来事が二幕でどんな伏線となって落とし込まれるのか、非常に楽しみだった。

物語の中で唯一(?)まともな存在となっている宮藤演じるドキュメンタリー作家とその妻であり、ちょっと危なげな精神状態を垣間見せる山本の存在にも注目だ。二幕以降、どう絡んでくるのかも見どころだ。
笑って笑って、一瞬ぞっとする怖さを過去の3作で感じさせてきた本シリーズ。今回もきっとこれまで以上に嫌な後味を感じさせてくれるに違いない。

初日に向けてキャスト、スタッフのコメントが届いたので紹介しよう。

(左から)古田新太、池田成志、生瀬勝久、山本美月、池谷のぶえ、宮藤官九郎

■宮藤官九郎(脚本・出演)
6年ぶり4回目、俳優としては初出場の宮藤です。
関という、ドキュメンタリー作家の役で出演しています。
自分で書いたストーリーを、全く知らないテイで取材するという演技が、
こんなに難しいとは思っていませんでした。
「お前が書いたんちゃうんけ」と一瞬でも思われたら負けですので。
なおかつ、三銃士と池谷のぶえさんが全力でふざけ倒す中、
全く面白いことを言わずに笑いを取らなきゃいけない。難しい。
でも、山本美月さんの夫という、自分以外の作家は絶対に書いてくれない役なので、
楽しんで演れるよう、とにかく免疫力を高めていきたいです。

■河原雅彦(演出)
僕はいつだってこんな芝居を観たいと思っていて、今回もただただそんな気の違った芝居になりました。
ねずみの三銃士が結成されて16年……いまだに自分たちで作るしかないですよね。他に誰も作ってくれませんから。
注意事項としては、替えのマスクをご持参されるといいかも。
きっと幕間で交換したくなるので。
それぐらいご自身の飛沫でマスクが濡れると思います。
演出してる僕が何度もそうなりましたもの。
思わず笑っちゃうとこ多くて。

■生瀬勝久
私事ですが、この春、実現出来なかった舞台があり、忸怩たる思いで過ごしていました
今回の芝居も、どうなるのかとても心配な毎日でしたが、ようやく初日を迎えられそうです。
出演者、スタッフ一同、お客様に「ああ、やっぱり生の舞台が良いね!」と言っていただけるよう、
精一杯創りました。劇場でお待ちしております

■池田成志
いよいよ「獣道一直線!!!」初日です。このコロナ禍の中、演劇というものの価値が各人各位で変容したり、向上したり、下降している中、我々は敢えてというか、寧ろ必要以上にいつもの、スタイルでお送りします。PARCO劇場はじめ各地でやります劇場の感染対策等は、しっかりやっておりますゆえ、ご心配は重々承知ごもっともでございますが、2、3時間の間、やな事忘れに来ませんか? ………でもどうしよう、もっとやな気持ちにさせちゃったら? ヨロシクです。

■古田新太
開幕直前を迎えて、鋭意努力中でございます。宮藤くんのホンは、表は愉快だけれど裏は忙しく、ずっと着替えてます。短いコントの目白押しです。全体的には少し怖いお話になると思うのですが、それまでにはお客様には下品なお笑いを楽しんでいただくべく、工夫しております。おいらは工夫という言葉が大嫌いなのです。工夫をして良くなった試しがありません。ですからなるべく思い付きでやろうと思っていますが、工夫をせざるを得ません。なぜならば、工夫をしないと上手くいかない構造になっているからです。頼んだ人間としては、よくもまあ、こんな面倒くさいホンを書きやがるものだと。それを演出のリーダーがきっちりやろうとするから、我々アクターは大変です。今回の裏のテーマは、「俳優って大変ね」です。それを少しでも感じていただけましたら幸いです。

■山本美月
何事もなく皆で無事に初日を迎えられそうで安心しています。
稽古が始まったばかりの時は、6年ぶり人生2回目の舞台、久しぶり過ぎて右も左も分からない状態だったので、毎日緊張ばかりしていましたが、みなさん優しく丁寧に、色んな事を教えていただけました。日々勉強の毎日です。
本番も、精一杯頑張ります。
たくさん笑えて面白いけど、ちょっとこわい素敵な舞台を是非多くの方に楽しんでいただけたらと思います。
劇場でお待ちしてます。

■池谷のぶえ
1作品にお一人出演してたら充分の、演劇魔人が集うねずみの三銃士……に加え、演出の河原さん、脚本・初共演の宮藤さん、舞台で初共演の美月ちゃんと、刺激的な作品づくりの日々でした。このような時期に舞台ができること、それもこんなにぶっ飛んだ作品ができることに感謝です。実際のとある事件が元になっているのでそうした見方もできますが、全く違う見方もできると思います。個人的にはなぜだか泣けてきます。ぜひ皆さまの楽しみ方でご覧ください。

取材・文・撮影=こむらさき キャスト集合写真=細野晋司

【関連記事】

おすすめの記事