Yahoo! JAPAN

LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIがTOHOシネマズの劇場音響を監修、ミュージシャン×映画館の日本初コラボで“最高の映画音響"を実現

SPICE

LOVE PSYCHEDELICO

多摩モノレール「立飛」駅前に誕生する「TOHOシネマズ 立川立飛」(9月10日(木)OPEN)の音響監修を、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIが担当したことが発表された。ミュージシャンによる映画館音響の完全なる責任監修は、日本初の取り組みとなるという。

TOHOシネマズでは【映画は鑑賞から体感へ】という劇場コンセプトの一環として、カスタムスピーカーによる「プレミアムシアター」や、大音響で映画を体感する「轟音シアター」等、新しい劇場におけるコンセプトシアターが好評を博している。

今回新たにオープンするTOHOシネマズ立川立飛のスクリーン7「プレミアムシアター」とスクリーン5「轟音シアター」において、更なるグレードアップを遂げるべく、ミュージシャンであり、一流のレコーディングエンジニア/サウンドプロデューサーでもあるLOVE PSYCHEDELICOのNAOKIに白羽の矢が立った。

NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)

元々映画ファンでもあるNAOKIは、TOHOシネマズ初のカスタムスピーカー導入となった日比谷のプレミアムシアター(スクリーン1)のサウンドに深い感銘を受け、LOVE PSYCHEDELICOのツアーでも同じ仕様のカスタムスピーカーを特注製作するなど、TOHOシネマズの音響技術に共感していたこともあり、ミュージシャンと映画館のタッグという日本初の取り組みはトントン拍子で実現したという。

関係者の話によると、映画館では各スピーカーから客席への音像のディレイ(遅延)を補正するために、距離を当てはめた公式とデジタルを活用して千分の1秒単位で各スピーカーの再生開始時間を調整するのだが、NAOKIはデジタルに頼らず自身の耳でなんと10万分の1秒を正確に聴き分け、スピーカーのチューニングを行ったという。

TOHOシネマズ担当者は「映画館でしか体験できない、体に響く轟音から水滴が落ちる繊細な音までを、自然でクリアなサウンドで響かせることを実現し、作品本来の持つ"忠実な音"を大音量で体感できるハイクオリティな劇場空間となりました」とのこと。

映画ファンにとって新たな聖地となるであろうこのTOHOシネマズ立川立飛とNAOKIのコラボレーションを、劇場で体感してほしい。

【関連記事】

おすすめの記事